2012年07月07日

エキサイトシート

今日の渋谷も忙しかった。
梅雨は天パーにはかなりつらく、
いつのまにかクリクリになってしまう。

診療終了後に千葉のT先生とお会いする約束をしていた。先生は私が主宰する勉強会のメンバーで、 インプラントセミナーの受講生でもある。クリニックマネージメントや治療テクニックなど、幅広い相談をうけた。

昼にスタッフから連絡があり、
今晩の東京ドームのエキサイトシートがあるけどいかないかと…。

そんな事で、T先生との待ち合わせ場所は急遽東京ドーム22番ゲートに変更、



image-20120707003843.png


プロ野球なんて何年ぶりに観にきたんだろう。
高橋由伸がライトに走っていく。
坂本は意外と線が細いな。
原監督は元気になっただろうか。

そんな事を考えながら、久しぶりのプロ野球観戦でした。途中ジャビット君がでてきて、チアガールと一緒に懐かしい闘魂こめてを熱唱。

突然のエキサイトシートでしたが、
とてもたのしかったです。





posted by Dr.K at 00:47| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

グリッター8月号

ただいま発売中!
グリッター8月号。


image-20120706133346.png


青山KU歯科のセラミッククラウンが、


image-20120706133443.png


どーんと紹介されてます。


観てくださいね。

( ̄^ ̄)ゞ



posted by Dr.K at 13:35| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

バナナマン日村さん

「Q&Aでわかるいい歯医者」にバナナマン日村さんのインタビューが掲載。
KU歯科クリニックでのインプラント治療体験談が見開き2ページ。
全く知らなかったので驚きました。

いい歯医者2013(白黒)_ページ_2.jpg Click here!

たくさんの患者様をご紹介頂いてまして、喜んでいただけているようです。^^

ちなみに超ご多忙なので、インプラントオペは終了してますがまだ仮歯です…。
仮歯が大丈夫かどうかTVを凝視してチェックする日々が続いてます。

日村さん、お待ちしております。^^



posted by Dr.K at 13:47| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピエゾサージェリーセミナー

おはようございます。
どんより曇りの東京です。

昨日は渋谷KU歯科研修室にて、
ピエゾサージェリーセミナーでした。
少人数制のこのセミナーは毎回満員御礼。
今回も仙台、長崎、遠方から多数参加いただきました。ありがとうございました。


image-20120702082126.png


ピエゾサージェリーは、
振動で硬組織のみを切る外科器具。
口腔外科領域で、広く使われています。

イタリアメクトロン社のピエゾは、
日本で最初に厚生労働省の認可がおりました。
私はメグトロンのピエゾサージェリーの
インストラクターを数年前からやっており、
インプラントだけでなく、
外科矯正、
抜歯時の分割、
インプラント埋入、
様々な場面で使用しています。

朝10時から夕方5時までのセミナー。
二つのオペも見学していただきました。
終了後は記念写真をお願いされたり、
名刺交換会など…。
最近はFacebookでの友達申請。

疲れましたが充実した一日でした。

さあ、今日から七月。
張り切っていきましょう。

( ̄^ ̄)ゞ

posted by Dr.K at 08:29| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

松陰神社

三軒茶屋から下高井戸まで。
住宅街の中を昭和の香りで走る東急世田谷線。
私が東京に出てきた頃は今と違う旧車両。
床が木でできていてまるで昔の小学校。
懐かしい感じの電車です。

途中の松陰神社駅には、吉田松陰先生が祀られている松陰神社があります。幕末の志士を教育した松下村塾のレプリカがあったり、伊藤博文や坂本龍馬から贈られた石碑があり、とても歴史を感じられるいい神社です。


image-20120630140825.png



image-20120630140846.png



数年前に亡くなった私の父は三男。
生前父がよくお参りにきていた松陰神社に墓地があることを知り、思い切ってここに墓を建てたのです。

明日から七月。

東京はもうすぐお盆です。

今日は天気も良く暑いので、
墓の掃除にやってまいりました。
なんとなくここに来ると心が休まり、
忙しない毎日に一息つくことができます。
隣に大きな公園があるせいか、
渋谷辺りでは見たことがない
超特大サイズの蟻を発見しました。

心整いました。

明日は研修会。
渋谷KU歯科で少人数制のオペ&
トレーニングコースです。
お陰様で今回も満員御礼。
九州長崎からも参加されます。

明日も気合いれていきます!









posted by Dr.K at 14:19| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

快晴土曜は8時半から

おはようございます。
快晴土曜は三茶の世田谷KU歯科に出勤です。


image-20120630092055.png


途中サンマルクカフェでモーニングを購入。
チョコクロは我慢して、
朝セットのベーコンエッグにしました。

8時半からスタートの世田谷KU歯科。
歯根破折で膿が大きくなり、
残念ながら抜歯に…。

安易に神経を取らないこと。
安易に健康な歯を削らないこと。

改めて感じます。

今日も一日張り切っていきましょう。

( ̄^ ̄)ゞ


posted by Dr.K at 09:24| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

終わりました。

夏休み前と言うこともあるのか、
6月後半はオペの予約が入り切らない。
今日の渋谷も一日で5ケース。
大変忙しい一日でした。

夕方にいらした患者様は、
他医院で入れたインプラントがうまくいかず、
何件もの医院に相談にいかれ、
先日当医院にいらっしゃいました。
今日は今後の治療方針を決め、
スケジュールの確認をしました。
骨と歯肉の移植をしなければならないので、
約1年くらいかかります。
長いお付き合いになります。
がんばりましょう。

大活躍のオペ室はすでに次の準備。


image-20120629213905.png


明後日日曜は低侵襲外科処置に欠かせない、
ピエゾサージェリーを使用したライブオペトレーニングコース。全国から先生方が渋谷KU歯科にいらっしゃいます。

気合いいれていきます。

( ̄^ ̄)ゞ




posted by Dr.K at 21:39| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

進化してます

KU歯科クリニックはグループ内に技工セクションを持ち、生体親和性がよく審美性や長期安定性に優れた補填物を提供させて頂だいております。

今回デビューした注目の新しいセレック用CAD/CAMブロック。

image-20120629123322.png

3M「LAVAアルティメット」

耐衝撃性に優れ、かみ合う相手の歯も減らしません。

歯根膜を持たないインプラント補填の新たな武器になること間違いありません。



posted by Dr.K at 12:37| おすすめ歯科器材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

故郷の香り

40歳を超えてから、故郷がとても恋しくなりました。新潟市内には仕事で行きますが、生まれは故郷三条にはしばらく行ってません。

友人から故郷の香りが送られてきました。


image-20120628193859.png


雪国生まれは筋子が大好き。
田舎の食卓に欠かせない一品。
最高に美味しかった。


image-20120628194035.png


ナス漬けは、あまり漬かってない生に近いものが好きです。中はスポンジの様にサクサクしてます。


image-20120628194225.png


お約束の笹団子はスタッフに大人気。
笹の香りがサッパリしてこれまた美味い。

渋谷にいながら三条を感じられたいいお昼休みでした。

来月帰郷予定。
また報告します。


posted by Dr.K at 19:46| 食道楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

骨不足でもインプラント可能

6歳頃に最初に生えてくる永久歯。
前から6番目の第一大臼歯は虫歯にもなりやすい。
まだ自己管理ができないうちに生えてくるので汚れが残りやすく、
ひどい虫歯になって神経を取っていることも・・・。
神経を取れば乾燥してくるので歯質そのものがもろくなるうえに、
第一大臼歯は最もかみ合わせの力がかかる歯。
負担に耐えられずに歯根破折を起こし感染。
全ての歯の中で、最も抜歯になる確率が高い歯だ。

上顎は頬骨の裏側に上顎洞(耳鼻科では副鼻腔)があるので、
インプラントをしっかり支えるだけの骨が不足している事が多い。
更に抜歯しなければならなくなったという事は、
感染して骨にダメ―ジを与えているので更に骨が痩せてしまう。
上からも下からも骨が痩せて骨不足になってしまう。

インプラントは最低8ミリほどの長さを健全な骨で支えたい。
不足している場合はあきらめずに何らかの方法で骨補填を行う。
骨造成ができるかどうかでインプラントが可能か不可能かが決まる。
状況よりも術者のテクニックと経験の差の方が大きいのです。

上顎洞の骨造成法にもいろいろあって、
横から骨を造成する方法とインプラントを入れる穴から造成する方法がある。
前者はインプラントを入れる穴とは別に穴をあけなければならないので、
患者様の痛みや腫れが少し大きくなる。
しかし、大規模な骨造成が可能になるスタンダードな方法。
後者は1つの穴から全て行うので痛みや腫れは少ない。
しかし、小さな穴から確認することは難しく経験がものをいう。
お医者さんでいう、開腹手術と腹腔鏡下手術の違いの様なものだ。

私はどちらの骨造成も行います。
ケースや患者様の希望などから選択しています。
後者のソケットリフトテクニックはかれこれ10年以上行っている方法で、
おそらく上顎の3000本以上のインプラントをこの方法で埋入している。

本日のケースも上顎第一大臼歯部の骨は約4ミリ。
どちらの方法で行うか微妙なところであったがソケットリフトを選択しました。

MASA1.jpg act26atoCT.jpg

術前パノラマとCT画像

MASA2.jpg act26maeCT.jpg

術後パノラマとCT画像

骨量もそうですが骨質も重要で、ここはとても骨が軟らかい部位です。
軟らかい骨を少し骨質改善しながら初期固定をしっかりとれる術式とタイプを選択。
そして患者様は先日アメリカから帰国されたばかり。
いずれまた海外に転居される可能性もあります。

そういった事を配慮して、インプラントシステムを選択しました。

ノーベルアクティブ5.0mmX10mm 

KU歯科クリニックでは13システムの中から、
患者様に最も適したインプラントシステムを選択しています。

是非ご相談ください。^^


posted by Dr.K at 12:33| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京和会 KU歯科ホームページへ >>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。