2012年07月21日

タイガーの前歯

連日睡眠時間を奪われてます。
全英オープンのせいです。
昨晩も眠たい目を擦りながら観戦しました。

遼くんは残念ながら予選落ちだったようですが、
タイガーウッズががんばってます。
強いタイガーが戻ってくるのでしょうか。


image-20120721180749.png



無精髭がワイルドな新生タイガー。
今夜からの決勝ラウンドでパットが決まってきたら優勝いけるんじゃないでしょうか。

ん?

んん?

タイガーの前歯。

まさかの、

仮歯?

左上1番。
私達歯科業界では21番。
皆様から見たら右のど真ん中の歯です。
タイガーの左手側。

一本だけ黄色い?

透明感がない?

眠いから見間違えたのかもしれないど、
たぶん……仮歯なのではないかと。

見間違いであってほしいような気もします。

今夜の第三ラウンドで確認しましょう。

いろんな意味でタイガーも人の子だった。

歯だってわるくなるさ。

イヤイヤ…、

タイガーにかぎってそんなことはあってはならない。

なんて冗談はさておき、

今夜確認しましょう。

職業病なので失礼しました。




posted by Dr.K at 18:16| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

時速70キロ

ソニッケアーでお馴染みのフィリップスから、
またまた凄いデンタルケアグッズが出た!


image-20120716085844.png



エアーフロス

歯と歯の間に詰まった食べカスを
エアーフロスが時速70キロの水で一撃。
フロスなしで隙間はスッキリです。

中に入れるのは水だけでなく、
お茶なんかでも良いのでは?

筧利夫さんがCMされてますね。

エアーフロス。

売り切れ続出。
生産追いつかないようです。
凄い…。

m(_ _)m


posted by Dr.K at 09:04| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

渋谷歯科医師会学術講演会

今晩は渋谷歯科医師会学術講演会です。
学術委員の私はこの企画運営に携わっており、会員の先生方に有益な情報提供できるよう頭を捻っており……、なんて、私もしっかり勉強させていただいております。


image-20120713192500.png


今回のテーマは虫歯を削らずに治療するセメントの講演。
安易に削らない、安易に神経を取らないをコンセプトに診療するKU歯科クリニックグループとしては、非常に興味深い内容です。

またまた長い夜になりそうです。







posted by Dr.K at 19:26| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

韓国SIDEX

金曜夜20時羽田発で韓国ソウルに。
土曜日は朝から江南のCOEXにて韓国デンタルショーSIDEXです。

過去に日本以外のデンタルショーは、二年に一度開催ドイツデュッセルドルフで開催される世界最大のIDSと、それに次ぐ巨大な規模の中国北京デンタルショーについで三箇所目です。またまたいろんな発見がありました。


image-20120625062348.png


日本よりも口腔意識の高い韓国。自国ブランドを応援する気持ちもスマートフォンやテレビなどと同様高い為、だんだん欧米のトップブランドのシェアが小さくなっているようです。インプラントに関しても同じで、世界のメジャーメーカーが見落としてしまうサイズの小さなブースであったり、完全撤退した会社もあるそうです。

日本からも沢山の歯医者さんや業者さんがいらして、あちこちで声をかけられました。

滞在時間21時間の韓国訪問でした。

( ̄^ ̄)ゞ







posted by Dr.K at 23:21| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

目と歯の話

レーシックとインプラント。
とても似てると思います。

眼鏡やコンタクトでも問題ない。
でも、わずらわしさから開放されて視力回復したいからレーシック。

入れ歯やブリッジでも問題ない。
でも、より快適に食事をしたいから歯科インプラント。

ともに、

見えない事はない。
かめない事はない。

でも、

より快適になりたいという目的で行う医療。

QOL(生活の質)の向上

を目的とした医療行為である。

眼鏡やコンタクトをすることでのマイナスはないと思うが、歯科のインプラント以外の失った歯の部分の補い方だと、必ず他の健康な歯に負担をかけることになる。
ブリッジは健康は歯を削ることになり、失った歯が補うはずだった荷重負担を過剰に受けることになる。入れ歯も、固定させるためのバネをかけている歯に過剰な負担をかけるので揺れてくることもある。何よりも取り外し式なので、違和感が大きくわずらわしい。

失った歯の部分だけで補う事ができる唯一の方法。

それがインプラント治療です。

そんな話を今日はさせて頂きました。
いつもは、歯科関係者に対して話す講演会がほとんどですが、
今日は一般の人達の前でとても緊張しました。

質問もたくさん頂きました。

歯の悩みを抱えてる人って多いですね。

わかりやすく話せたでしょうか…。
できるだけわかりやすい表現で話したつもりなんですが。

いま隣に某外資系生命保険会社営業マンが、
プラン説明をお客様にしている…。

すごい。

さすがプロは違いますね。

でもちょっと怖い…。





posted by Dr.K at 15:42| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

看護婦さんの前で

久しぶりの木曜調整日。
早朝4時半スタートで茨城でゴルフをして、
都内に戻って来たのは11時すぎ。
スループレーはやめられませんね。


image-20120531182312.png


お昼は某クリニックでミニセミナー。
看護婦さん達を前に約1時間お話しさせていただきました。
お題は、

歯を削らない歯科治療。

簡単に歯を削ったり、神経を取ったり…。
あまりにも安易に行う事が多かった一昔前の対処療法型歯科治療ではなく…、

痛みや不快感の有無に関わらず、やらなければならない事を患者様にお伝えして行う予防管理型の歯科治療の必要性が重要なんだとお話ししました。

ちょうど参加者の中に子供の頃カナダにお住まいだった方がいらっしゃり、その方が…、

カナダではなんにも痛みがなくても、18歳までには皆が親知らずを抜くよ

って。

一同へぇー。

何度か私が書いているウィスダムトゥースアウト(攻撃的親知らず抜歯)のことでした。

まあ、そんな親知らずの話から矯正治療、ホワイトニングやインプラントに至るまで。
全て、天然歯を守るための近代歯科治療について、熱く語らせていただきました。

質問もいくつかいただきまして、大変有意義な時間だったと思います。他の診療科…、お医者様や看護婦さんの前でお話をするのはなかなかない機会なので、私自身もとてもべんきょうになりました。

(。-_-。)





posted by Dr.K at 18:23| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

スカンジナビアペリオの女王

おはようございます。
快晴の東京青山です。

昨日は午後から秋葉原。
予防歯科先進国スウェーデン歯科衛生士会会長の
イボンヌ・ニブロムの特別講演を聞きに…。
つまりスカンジナビアペリオの女王に会いにということです。

いぼんぬ1.jpg

KU歯科クリニックの歯科衛生士を6名引率して参加したのですが会場は超満員!
皆さんとても熱心ですごい熱気でした。

社会福祉国家のスウェーデンの医療システムや学校教育。
歯科衛生士…女性の自立を国家がどう支えているか。

そういった環境の話から、

口腔ケアの中での歯科衛生士の役割の欧米と北欧の違い。
インプラントケアの注意点など。

臨床的な話まで・・・。

非常に内容の濃いセミナーで私も大満足でした。

そんな中で見つけた注目口腔ケアグッズ。

イボンヌ2.jpg

インプラント専用のアングル付きブラシ。
この微妙な3つの角度が内側付け根のブラッシングを簡単にします。
インプラントだけでなく天然歯にももちろんOK。

Tepe社のイケてるデザインのこのブラシ。
KU歯科グループで採用いたしました。
早速120本のオーダー。

数日で購入可能になります。
こういう便利グッズも皆さんのセルフケアをお手伝いします。


posted by Dr.K at 10:43| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

男性の歯科衛生士

九州で初の男性歯科衛生士が誕生しました!!!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120312-00000301-yomidr-l46

訪問診療での口腔ケアなどのニーズも高くなりました。
それだけ歯科医業が大切な仕事として認知されたということでしょう。
これからもっと増えるかもしれませんね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ← Please click here !









posted by Dr.K at 18:41| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

歯周病と肝機能

歯周病治療で肝機能改善 非飲酒者も発症の脂肪肝炎
共同通信社 2月23日(木) 配信


 飲酒しない人も発症する非アルコール性脂肪肝炎(NASH)患者が歯周病菌を保有する割合は健康な人の約4倍と高く、歯周病の治療で肝機能が大幅に改善することを22日までに、横浜市立大や大阪大などの研究チームが突き止めた。

 研究チームによると、歯周病と心臓病や脳卒中との関連は指摘されているが肝炎では初めて。チーム長の中島淳(なかじま・あつし)横浜市立大教授(消化器内科)は「脂肪肝の人は肝炎に進行させないように、口腔(こうくう)内を衛生に保つことが大切だ」と話している。

 NASHは成人男性の3人に1人程度とされる脂肪肝の人のうち、1〜2割を占める。進行すると肝硬変や肝臓がんを引き起こし、肥満との関連が指摘されているが、発症メカニズムは解明されていない。

 研究チームがNASH患者102人の歯周病菌を調べたところ、保有率は52%で健康な人と比べて約3・9倍だった。また肥満状態のマウスに歯周病菌を投与すると、3カ月後に肝臓が平均約1・5倍に肥大化。肝炎が悪化するなどした。

 歯周病のNASH患者10人に歯石を除去したり抗生物質で歯茎の炎症を抑えたりして治療した結果、3カ月後には平均すると肝機能の数値がほぼ正常になった。

 研究成果は16日付英医学誌の電子版に掲載された。

※英医学誌はBMCガストロエンテロロジー



日本人の口腔意識は先進国最低と言われてます。
こういったニュース、もっと大きく取り上げてもらいたいなあ・・・。


posted by Dr.K at 09:57| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

診療終了後は…

静岡から来院された患者様の前歯5本を仮歯に…。
水平埋伏親知らず抜歯は3名…。
オールセラミッククラウンの装着2名…。
インプラント2次手術…。

9時から18時半までフル回転診療でした。

その後は大急ぎで渋谷区医師会館に移動し、
渋谷医師会歯科医師会合同の学術講演会に出席。
私歯科医師会の学術委員なので、準備で少し早目に行かなければなりません。

今日は口腔粘膜疾患と頭頚部の腫瘍について。
口腔外科の耳鼻科の先生とのジョイントセミナーです。

IMG_2040.JPG

非常に有意義な内容でした。

起床が4時50分ですのでちょっと疲れが…。
明日は8時半からのインプラントオペをスタートにお昼まで。
その後は羽田に移動。

今週末は九州です。
明日は長崎。
日曜は福岡。

今日は早めに寝ます…。
おやすみなさい。


posted by Dr.K at 23:39| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

歯科医師国家試験

第105回歯科医師国家試験より

我が国で競技中にスポーツマウスガードの装着が競技団体によって義務付けられているのはどれでしょう?この中から2つえらべ。

a野球
bサッカー
cボクシング
dバスケットボール
eアメリカンフットボール

面白い問題が出ますね…。



posted by Dr.K at 16:07| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

2012年セミナースケジュール

今週末は沖縄でセミナーです。
まさか沖縄は雪ってことないですよね。^^
セミナーは日曜午後からだから、
早起きして名護の日ハムキャンプ行こうかな。
・・・・・なんてことを考えてます。

しかし、ものすごいスケジュールになって来ました。
2012年の私の講演・セミナースケジュール・・・。

◎カムログインプラントシステム
インプラントトリートメント全般のステップアップコースです。
診断治療計画、抜歯時の準備からサージガイド製作。
埋入ハンズオン&ボーンオギュメンテーション。
2次手術&ソフトティッシュグラフトテクニック。
補綴設計、テンポラリーアバットメント製作ハンズオン。
最新マテリアルと接着、チームアプローチとメンテナンスなど。
 
東京と大阪の2コース開催になります。
東京コースは豚骨実習も加わっての3DAYSにパワーアップ。
名古屋の1日コースも決まりました。
LIVEオペも東京・大阪でやるかもしれません。
もうすぐ雑誌に掲載予定ですので、御希望の先生はアルタデントまで。

・東京開催3days
 4月15日、6月24日、7月22日+10月28日(ライブOpe)
・大阪開催2days
 7月8日、7月29日+11月25日(ライブOpe)
・名古屋1days
 4月22日

◎ピエゾサージェリー
低浸襲治療に最適な超音波器具ピエゾサージェリーを使用して歯科治療の幅を広げようという内容です。
確実に安全に骨造成し、長期予後の良いインプラント治療を目指す内容になります。

・ピエゾハンズオンコース沖縄
 2月5日
・ピエゾサージェリーセミナー長崎
 2月25日
・ピエゾライブオペ東京
 7月1日
・ピエゾハンズオンコース東京
 8月26日

◎ボーンオギュメンテーション&リカバリー
インプラントはこれから初めて埋入するだけではありません。
すでに機能しているインプラントをどのようにメンテナンスするか?
トラブルを起こしているインプラントをどうリカバリーするか?
確実に安全に骨造成し、長期予後の良いインプラント治療を目指す内容になります。

・トラブルリカバリーナイトセミナー東京
 1月19日(木)
・インプラントトラブルセミナー福岡
 2月26日
・ボーンオギュメンテーション&リカバリーinシンガポール
 5月19日(土)20日(日)

◎モリタセレックフォーラム
CAD/CAMで1歩も2歩も先を行くセレックを臨床でどのように使用するか。
インプラント上部マテリアルの考え方などをレクチャーします。
 8月5日(日)

どんな内容なのか詳しく知りたい方は、直接メッセージ頂ければと思います。
すでに2つの講演が終了しました。
これからが本番です。


posted by Dr.K at 01:19| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

沖縄の皆さん来週です

来週末に迫って来ました。

ピエゾセミナーin沖縄。

2月5日沖縄ピエゾセミナー_ページ_1.jpg

土曜夕方に沖縄入りの予定です。

沖縄の皆さまよろしくお願いします。


posted by Dr.K at 17:18| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

2011年セミナー終了+番外編

番外編です。


今年1年間、たくさんのセミナーや講演、ハンズオンコースをさせていただきました。
私にとって非常に勉強になる1年で、いろんな意味でステップアップできたと思います。

まず第一に、人に伝える難しさ。
これは非常に重要で、自分で理解していてもそれだけでは意味がありません。
相手の人となりを見て例えを変えたり、実力を見て教え方や内容にも変化をつけます。それにたくさんの質問を受けますので、知識の前準備が非常に重要です。
今は大学でも、講師が生徒に授業内容を評価される時代です。かならずセミナー終了後に評価表を頂きますが、私はどのセミナーも大半が満足以上をいただいております。この評価が低いと、次のオファーがきません。(笑)これらは学生時代に塾講師をやっていた経験などから、少し身についたものだと思います。

第二に、自分の信念を曲げない。
とかく業者主催のセミナーだと、器具器材の販売会かと思うような講演が多々あります。
私は全てにおいて1つのメーカーにならずに、できるだけ複数メーカーを使用します。1つのメーカーと接近しすぎると、周りが見えにくくなり適切な判断ができなくなるからです。
その時々のカンパニーパワーも違うので、色んな意味で常に中立的な立場で距離を取ります。そうすると常に本音を大きな声で言えるのです。

最後に、ハウトゥでおしえない。
カーナビが登場して道を覚えなくなったように、便利になりすぎるとそれはそれで逆に問題です。マニュアルにない問題に直面した時、自分で考え判断することができなくなってしまいます。
なので、必ず目的と効果を理解してもらい、使うタイミングを間違えないように説明します。とかくハウトゥになりがちな歯科業界のセミナーですが、こういった考え方を伝える事がとても重要だと思うのです。

こんな考えで1年間いろいろな場面で話させてもらいました。
ただし、このような考え方は全ての歯科医師の先生方にあてはまるとは思っていません。
私は「マニュアルは最低限で、考える力を養う」ことが重要と思いますが、ものすごい数のマニュアルを作って「どんなレベルの人間でもこのマニュアルさえあれば...」とファミレス歯科医院経営を拡散させるような勉強会も存在します。私はこういった考え方が大嫌いです。

どっちがいいかはわかりません。
それは患者様が判断することです。

ただし人間は弱いですから、皆がそっちを向いているとどうしてもその方向に自分も傾いていってしまいます。御存知の通りこれだけたくさんの歯科医院があるのですから、どの歯科医院も何かにすがりたいのだと思うのです。そんな時こそ、甘い誘い文句で危険な誘いが次から次へとやってくるのです。

ここで重要なのは、

孤独

に耐えられるか・・・。

100人中1人だけ99人の人が選んだものと逆を行く勇気があるかどうか?
その孤独感や不安感に耐えられるかどうか?
自分の選んだ道に間違いはないんだ・・・と、強い信念を持ち続けられるかどうか。

これが、

孤独

に耐えられるか・・・ということなのだと思います。

偶然にも、中日落合監督(元ですね)の本が話題になっています。
タイトルからしてこういう事を書いたのではないかと想像します。
実際はまだ読んでいません・・・。
名球会入りを断ったり、WBCに唯一選手を派遣しなかったり・・・、
人気こそありませんでしたが、勝利至上主義という点ではしっかり結果を残しました。
個人的にそんなに好きな選手ではありませんでしたが、こういった構造の頭の中は覗いてみたいので、近々読んでみようかと思っています。

最後にもう1つ。

責任を取る事。
人のせいにせず、全ての問題を自分の責任だと認識する事。
それができなければ、人を束ねる資格はありません。
ましてや別経営の歯科医の先生方を束ねるのであれば、自分がきちんと前に出て、良くも悪くも真っ向から風を受け止めなければなりません。賛美の声も批判も・・・。
手を広げるだけ広げておいて自分は責任のないような事を言うのであれば、最初からそんなことをしなければいい。問題が起きて責任逃れするのであれば辞めればいい。

最近、こんな事を考える出来事がいくつかありました。

歯科医である前に社会人として人としてどうあるべきか・・・。
偉そうなことは言えないですが、私は自分の普段やっている事以上の内容は教えませんし、人にも勧めません。学会やセミナー発表用のケースだけは立派で他は・・・ではなく、全てが同じレベルです。普段の診療レベルをそのまま正直に伝えています。
そして、良くないものをメーカー利益の為に良いとも絶対に言いません。

正直者

だけが私の取り柄です。

深夜ですが、こんな事を書きたくなるような気持ちになりました。
おやすみなさい。


posted by Dr.K at 02:38| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

災害時の歯科医の役割

東日本大震災が起きて約8カ月になります。
甚大な被害をうけた被災地では、今もまだ大変厳しい状況が続いています。
今夜の渋谷区歯科医師会の学術講演会では、日本歯科大の歯科法医学センター都筑教授をお招きして、「災害時の医療対応と歯科医師の役割」についてを講演頂いております。

2011111619130000.jpg

大規模災害の際の歯科医の役割を、過去の阪神淡路大震災や日航機墜落事故などからどう学び、今回の東日本大震災でどのように生かされたか・・・。もちろん時代や状況によって、必要な歯科医療活動は変化するのです。

そんな事を考え直すいい機会です。
しっかり勉強したいと思います。



posted by Dr.K at 19:31| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

高輪口から港南口へ

インプラントサミット2日目。
少し早目に抜けて、お世話になっている会社のパーティーへ移動。
なんでも200件の歯科医院の開業サポートをされたそうなのだと。
素晴らしいですね。^^

会場はノーベルバイオケア研修室。
つまり、品川駅を挟んで高輪口から港南口に移動という事になった。
なんとラッキーな・・・。

会場に着くとちょっと様子が違う。
パーティーではなくそこはセミナールーム。
私の想像していた記念パーティーではなく、完全な「講演会」でした・・・。

まあでもたくさんの医院を分院展開しているA先生の講演ということもありますし、
前々から聞いてみたいと思っていたのでちょうどいいタイミング。
そこから退席するのもななんだなと思い、そのままいる事にしました。
彼の医院経営グループは今や業界で最も勢いのある団体でしょう。
でもA先生からは「私がいるとやりにくい・・・」と皮肉を言われました。爆笑

A先生は徹底的な管理主義タイプ。
マニュアルは40以上あるそうだ。
昇給や評価はポイント制。
いやほんと凄いですね。
圧巻でした。

でも私にはできません。
できませんし・・・、私の医院はコンセプトが違います。
コンビニやファミリーレストランで店員の名前と顔をなかなか覚えないように、
型にはまったマニュアルがありすぎると個性がどんどんなくなってしまいます。
マニュアルは最小限であとはその人の「考える力」を養う事が重要。
ファミリーレストランでは味わえない、形の悪いけど心のこもったハンバーグを出したいのです。お客様のその日の表情を見て、その日の体調も考えて・・・。
全然できてませんよ。
まだまだです。
でもそれを目指しているし、医療だから画一的になってはいけないのです。

でも・・・・・。
ほんと凄いと思いました、A先生。
診療が大好きな私には絶対にできない芸当です。
今まで駆け足で走り続けた人生だったので、少しゆっくり地に足をつけていきたいと思います。なので、私のグループや勉強会はまだまだこれからですね。

ともかく色んな人がいて、とても楽しい宴でした。



posted by Dr.K at 23:03| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

技工室はただいま改装中

KU歯科グループの技工室は大工事中です。
ただいま日曜日夜23時半。
現時点でまだ終わっていません。

2011100222080000.jpg

新しい仲間を迎え入れるために、お化粧直しです。
皆が快適に仕事に集中できるよう、環境を整備するのが私の役目です。

2011100222090000.jpg

最新機器も必要不可欠です。
まるでイボクラーのショールームのようです。^^

歯科技工とは、物作りではありません。
人間の身体の一部の歯を製作するのです。

1つとして同じものはないフルオーダーメイド。
生体親和性が良く、審美性と機能性に優れたものしか使用しません。



posted by Dr.K at 23:31| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

Made in Japan 2

ある程度規制しなければならない時代もありました。
「島国だからしかたないよ・・・」と、言われるかもしれません。
でも、本当にそれでいいのでしょうか???

許認可が下りるまでの時間のかかり方。
半端じゃありません・・・。
他の国では考えられない無駄なエネルギーを使います。
自分で判断することをしたくない、無責任な偉い人が多すぎるのです。
自分の責任になりたくないのです。

気付いた時にはコピーされていたり、更に進化したものを海外ブランドが出していたり。
そんなことで、海外メーカーの一部分として製品化してしまうのです。
そうすると、また海外メーカーに技術や知識を奪われてしまう。
有能な開発者は他国企業にヘッドハンティングされていなくなる。
・・・悪循環ですね。

1番怖いのは、開発意欲や向上心がなくなっている事。
不景気に震災と放射能、そして水害など・・・。
それ以外の色んな事のせいで、やる気をなくしていませんか???
何となくマイナスのマインドになっていませんか???

お隣韓国だって、半島であるものの分断されているのである意味「島」と同じ。
サムソンだってAppleと対等に戦う位まで成長したわけです。
本気で裁判になってますが、どうするんだろう・・・。
日本はあらゆる面で国際競争力を高め、
グローバルに戦う姿勢をもう1度取りもどさなければなりません。

日本復活の為に、私自身もできることから頑張っていこうと思いました。



Made in Japan 復活の為に・・・。


posted by Dr.K at 16:53| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Made in Japan 1

インプラントってチタンの棒から作ります。
そのチタンは・・・日本製。

チタンの棒をインプラントの形に削る機械。
その機械は・・・日本製。

世界中で流通されているジルコニアの90%。
そのジルコニアを作っているのは・・・日本のメーカー。

歯に何かをつけるときの接着剤や表面処理材。
そのパテントを持っているのは・・・日本のメーカー。

インプラントを矯正のアンカー(固定源)にする。
これを考えたのは・・・日本の歯科医。

国際的に誰もが知るメジャーカンパニーの歯科関連商品。
そういったものが意外にも日本製であることが多いのです。
ではなぜジャパンブランドとしてメジャーにならないのか・・・。
それには理由があります。

アメリカ、ヨーロッパ、他のアジア諸国・・・。
海外に出てみてはじめてわかることって多いですが、
歯科業界においてはちょっとひどすぎると思うのです。

日本は優れた技術を持ってるんです。
力を持っているのです。
でも・・・、
でも・・・なんです。

やるせない気持ちになりますね。

Made in Japan

頑張らないと・・・。

続く・・・。


posted by Dr.K at 14:53| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

メンズクラブ

現在発売中のメンズクラブ。

メンズクラブ 表紙.jpg

私の執筆ページはこちらです。



メンズクラブ インタビュー.jpg

次号の締め切りが目前・・・。

大変だ。(汗)


posted by Dr.K at 02:10| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京和会 KU歯科ホームページへ >>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。