2011年12月26日

今年最後のインプラントオペ

2011年も明後日水曜日で終わり。
本当に早いものです・・・。
今日の青山での下奥2本のインプラントオペが今年最後になりました。

今年は約700本ほどのインプラントを埋入。
数年前は年間1000本以上埋入していましたから、その頃に比べれば減りました。
ただし、大半が難しいケース。
骨や歯肉の移植が必要なケースがほとんどなのです。
簡単なインプラント手術ができる先生が増えたので、そういう事情もあるでしょう。

そういった中で今日のケースは単純なケース。
1本は抜歯後数カ月、もう1本は抜歯後数年経過。
骨量、骨質ともに良好で、約20分ほどで終了。
大変緊張されていた患者様も、スムーズに終わって喜んでられました。

そういった簡単なケースなので、本日オペを決行したのです。
2日あれば問題ないだろうと・・・。

IMG_1759.JPG

最後のオペも大成功。
お疲れさまでした。^^



posted by Dr.K at 15:31| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

三村さん&日村さん&大竹さん

メリークリスマスです。
そんな深夜にテレビ朝日を賑わしてます。^^

まずは、バナナマン日村さんがクリスマスパーティーを企画するという「パーティーマン」。ゲストの皆さんに料理をふるまったり、ゲームをしてプレゼントをあげたり。
そんな中、「日村さんの今年の重大ニュース」として歯科治療ネタが・・・。

IMG_1729.JPG IMG_3379.jpg

すでにあちこちで歯科治療をネタにされている日村さん。
基本治療はほぼ終わり、今は仮歯の状態。
仮歯の形態修正もしたいのですがともかくお忙しい・・・。
年末年始TVでずっぱりでなかなか来院できませんが、あと一息なので頑張りましょうね。

IMG_1725.JPG

青山KU歯科のスタッフも紹介されまして・・・。
私は当日行かなかったのですが、ゲーリーグッドリッジみたいだ・・・と。(笑)

続いて「さまーずまさまーず」。
私この番組大好きで毎週拝見してます。
人形劇がシュールでいいですよね。

IMG_1736.JPG IMG_6999.jpg

三村さんが、この前書いた7時間半超ロング治療のことを熱く語ってられました。
仮歯は素材的に乾くので少し話しにくそうですね。
この前年内の最終チェックで来院されましたが、すこぶる順調・・・。
大竹さんのナイス突っ込みでした。^^

お二人ともTVで見ない日はないほどの大物タレントさん。
長年歯のことはコンプレックスだったとうかがってます。
今回の歯科治療は一大決心だった事でしょう。
もうすぐ最終的な歯が入りますのでお楽しみに。

三村さんは大竹さんの御紹介。
日村さんは別の患者様の御紹介で全くの偶然。
世間は狭いですよね・・・。

来年お待ちしております。
ああ、面白かった。^^

ツイッター見たら「同じ歯医者なんだ!」とか驚かれていた。

なんか変な気分です。^^


posted by Dr.K at 02:06| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

名古屋より…

おはようございます。
快晴の東京です。

今朝は名古屋から通院されている患者様からスタートしました。
上顎5番に抜歯即時インプラント埋入し、
本日は待ちに待った最終補綴物の装着です。

少しかみ合わせが難しいタイプなので苦労しましたが、
接着剤でつけるのではなくスクリュー固定式を選択。
パーフェクトの適合、色・形態もOK。
患者様も大満足でした。

遠方から通院されているので、各ステップが1発で決まらなければ、
大変無駄な時間や交通費を使わせてしまいます。

全て予定通りのスムーズなインプラント治療でした。
一安心です。^^

今日も1日張り切っていきましょう。




posted by Dr.K at 12:56| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

骨としっかりついてますか???

骨質はいろいろです。
骨量もいろいろです。
抜歯に至るまでの過程でも差があるし、
元々の個人差もあります。
1つとして同じケースはありません。

上顎大臼歯は上顎洞底が近いので、縦の骨量(深さ)不足になりやすいです。
骨質も軟らかめの方が多いので、色んな意味で固定が重要なのです。

上顎なら約3カ月、下顎なら約2か月という標準的な待時期間があります。
それに骨補填を行った場合は+どれくらい…というのもありますが、
あくまでそれは標準的な話。
しっかり骨とくっついているかを科学的に確認しなければなりません。

2011121609210000.jpg

当医院ではオステルという音波で骨とインプラント結合を計測する装置を使用して、適切な数値が出ている事を確認してから上部構造の製作に入ります。この時点で適切な数値が出ていなければ、何らかのトラブルがある可能性が高く、そのまま知らずにかぶせ物を入れた場合に大きな問題が起きる可能性があります。

10年以上全てのケースをオステルで計測しています。

2011121609220000.jpg

本日初めてインプラントに直接固定式の仮歯を装着。
しばらく実際に使っていただき、歯肉や骨に何の問題もないことを確認後、最終上部構造の製作にうつります。実際に使うと、様々な方法の咬合力がインプラントに加わりますし、就寝時のくいしばりにも耐えなければなりません。そうするとわずかですが歯肉や骨が退縮するのです。その退縮しきった形に合わせて、最終的なかぶせ物を理想的に装着できると長期予後の良いインプラント治療になるわけです。

まずは骨としっかりついているかの確認。

これ重要です。



posted by Dr.K at 12:02| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

抜歯即時インプラント埋入

今日の渋谷はインプラントオペが2ケース。
午後は、前歯の抜歯即時インプラント埋入でした。
名前の如く、「抜歯をして同時にインプラントを埋入すること」です。

外科処置が1回で済むという事を筆頭に様々なメリットもありますが、
いろいろな意味で注意も必要です。

・抜歯した穴よりもインプラントが小さいので隙間ができる。
・歯肉量が必ず不足するので、それを補うだけのテクニックが必要になる。

代表的なものはこの2つですが、他にもさまざまな注意を図らなければなりません。
なので、ある一定の条件を満たさなければ行いません。

2011121419210000.jpg 2011121419210001.jpg

約40分ほどでしたが、イメージ通りの手術ができました。

来春、海外に行ってしまう患者様。
固定式の仮歯は十分間に合いそうです。^^





posted by Dr.K at 02:07| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

元気の源

最近ちょっと元気がありませんでした。
体力的に疲れているとかではなく、精神的にちょっと。

そんなちょっとブルーな私の元気の源。
患者様からの一言以外ありません。

DSC_1024.JPG DSC_1026.JPG

平成18年夏に入れたインプラント。
5年目半経過しますが、骨、歯肉、共に良好。
患者様も大満足でした。
お母様も御紹介いただいております。^^

きれいにお使いいただいているのは最高にうれしいですね。

ちょっと元気が出ました。^^



posted by Dr.K at 19:02| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

インプラントシミュレーション

骨のあるところにインプラントを埋めて、かぶせ物をなんとか製作する。

これでは、咬合力のかかる方向とインプラント埋入方向が違うので、支えている骨が痩せやすくなるし、それに伴い歯肉も退縮しやすくなる。機能・審美の両面で長期予後はいいわけがない。

かぶせ物を理想的な形に入れるために、インプラント埋入位置を決める。

理想的な方向を目指した際に骨が不足していたら骨補填を行う。咬合力を最もバランスよく負担できる方向に埋入することができるので、長期予後は前者にくらべてはるかに良い。

IMG_1630.JPG

セレック等で3Dバーチャルティースを使いこなすようになった今、簡単なケースでいちいち診断用ステントなどを作らずにサクサクスピーディーにバーチャルティースをシミュレーションしたい。
そんな希望をかなえてくれるのがi-CATです。

今週末のカムログインプラントセミナー補綴編で紹介させていただきます。


posted by Dr.K at 00:00| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

名古屋より

名古屋から通院されている患者様。
本日渋谷で最終型採りを行いました。

通常は抜歯してしばらく経過してからインプラント埋入手術を行いますが、
この患者様のケースは条件がそろったので抜歯と同時にインプラントを入れる
「抜歯同時埋入」という方法で行いました。

この方法の場合、抜歯してできた穴よりもインプラントのほうが一回り小さいので、
その隙間をどのようにコントロールするかが重要になります。
骨の隙間は骨移植でなんとかなったとしても、粘膜できちんと覆う事が出来なければ、
移植材料は唾液にまみれて何の意味もありません。

かといって粘膜を完全に覆う為に切開剥離を広範囲にして無理やり覆う事が出来ても、
そういった粘膜が最終的にかぶせものの近くにあると長期的な問題が起きてしまいます。

なので「抜歯同時埋入」は、様々な条件がそろったうえで、いろいろなスキルや経験
がなければ逆にトラブルになる可能性が高いのです。

2011120115300000.jpg 今日のレントゲン

私のこだわり1ピースタイプのテンポラリーアバットメントで歯肉をコントロール。
本日最終型採りを行いました。

レントゲンでわかると思いますが、骨吸収ゼロ!!!
ゼロどころか、プラットフォームスイッチングしているので、外周に少し骨が乗っている
最高の状態であることが分かると思います。

どんなもんだ。

すいません。

興奮しました。(笑)

2週間後に完成です。
名古屋からお気をつけていらしてください。^^

私のドヤ顔想像してください。


posted by Dr.K at 15:56| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

インプラントオペ4ケース

昨日に続き、今日もインプラントオペが集中しています。
12月中旬までで年内のインプラントオペは終了するので、
どうしてもこの時期は忙しくなってしまいます。

本日は4ケースのインプラント手術。

@ 下5番の抜歯部位にインプラント
  頬側の骨が少し痩せていたので、同時に骨造成しました。
  神経の開口部が近かったですが、
  CTで3次元的に確認していたのでスムーズにできました。

A サイナスリフト&3本埋入
  上顎洞底を頬骨から挙上して大規模骨造成しました。
  同時に3本のインプラント埋入。
  麻酔科医の立会いのもと、静脈内鎮静法でリラックスしての手術でした。

B 下顎大臼歯部に2本
  少し硬めの骨に2本のインプラント埋入。
  過剰な圧力を骨にかけないように、最大限の配慮をした術式で埋入しました。

C 下顎大臼歯に1本
  中間歯欠損なので歯槽頂切開のみの低浸襲スピードオペは約5分で終了しました。

2011113017040000.jpg

いま、ようやく緩やかな時間が流れています。
最後の力を振り絞って気合入れていきます。

終了後は院内勉強会です・・・。
今週はお勉強のスペシャルウィーク。
今年最後です。

  
  
posted by Dr.K at 17:04| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

前歯のインプラント

前歯が膿んで抜歯しなければならなくなったケース。

インプラントを埋入し、

仮歯で歯肉の形を周囲と合わせて、

ようやく最終的な歯が入りました。

CT1.jpg

カムログインプラントシステム Kライン プロモートプラス 3.8mm X 11mm
ジルコニアアバットメント emaxプレスHTA2 切端カットバックしてレイヤリング
クラレ エステティックセメント

これらを使用しました。



posted by Dr.K at 14:13| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

骨がとても少ない場合…

硬い骨もあれば軟らかい骨もある。
個人差もあれば場所によっても違う。
歯周病で抜歯になったのか?
歯が割れて大きな膿ができて抜歯になったのか?
原因によっても骨質は変わってくる。
一応分類はあるものの、こればかりは経験以外で学ぶことはできない。

下顎大臼歯部はとても硬いクラス1やクラス2の骨質である事が多く、
インプラント埋入時初期固定を取るのはたやすいが、逆に過剰なプレッシャーを骨に与えてしまう事がある。術後数週間経過しても何となく重い感じがとれず、だんだん周囲骨が痩せてくる。硬すぎる骨にも細心の注意を図らなければならない。
さらに、下顎管という神経と血管が入っている穴が近いために、必要な深さにインプラントを固定できるだけの骨量が不足。

EY1.jpg

水平に埋まっていた親知らずも同時に抜歯したので、広範囲にわたって骨量が不足している。このような状態で無理やり1回でインプラントを入れるよりも、良質の骨を移植したほうが長期経過が良いという研究は明らかである。

EY2.jpg

親知らずの頬側から自分の骨を移植。約5~6か月待ち改めてインプラント埋入するステージドアプローチを選択。担当医によって考え方は様々だと思うが、長期予後を見据えた治療法を選択するのが重要である。

EY3.jpg 

カムログインプラント プロモートプラス 5.0X9mm を選択。

10.5〜11mmの深さまで骨削し9mmのフィクスチャーを深めに埋入。かぶせ物のスペースが不十分になりやすい下顎7番にはスクリュー固定式にすることが多くなってきた。その方法にしやすいカムログインプラントシステムを選択したのである。
更にカムログインプラントシステムの表面構造プロモート加工は、歯槽骨へのインテグレーションに優れているため、こういったシビアなケースにも安全である。

時間は少しかかったものの、良質の骨をしっかり移植したことで、今回のインプラント埋入は約10分と超シンプルな術式で行う事が出来た。

1つとして同じケースはありません。
「KU歯科グループ 東京予防インプラントセンター」では、その患者様のその部位にベストな選択を13メーカーの中から選択しています。



posted by Dr.K at 17:16| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

骨が軟らかい場合…

硬い骨もあれば軟らかい骨もある。
個人差もあれば場所によっても違う。
歯周病で抜歯になったのか?
歯が割れて大きな膿ができて抜歯になったのか?
原因によっても骨質は変わってくる。
一応分類はあるものの、こればかりは経験以外で学ぶことはできない。

上顎大臼歯部は軟らかめのクラス3やクラス4の骨質である事が多く、
インプラント埋入時の初期固定を取るために細心の注意を図らなければならない。
さらに上顎洞という空洞が頬骨の裏側に存在するために、長さも限界がある事が多い。
長いものを深く入れることができなければ咬合力に耐える事が出来ないからだ。

NAS.jpg IMG_1527.JPG

ノーベルバイオケア アクティブ インプラント 5.0X10mm を選択。

スレッドが深く軟らかい骨への固定がとりやすいデザイン。
歯槽頂TOPが逆テーパーになっており、歯槽頂付近の硬い骨へのダメージが少ない。

1つとして同じケースはありません。
「KU歯科グループ 東京予防インプラントセンター」では、その患者様のその部位にベストな選択を13メーカーの中から選択しています。





posted by Dr.K at 11:29| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

i-CATのサージガイド

届きました。
i-CATのサージガイド。

IMG_1524.JPG IMG_0144.jpg

前歯の連続6本欠損部分に4本のインプラント埋入予定。
位置・角度が非常にイメージしにくいケースなのでガイドが必須です。

CTの歯槽骨データを3次元に起こし、補綴(かぶせ物)のシミュレーションをおこないインプラント埋入ポジションを3次元的にイメージできます。そのイメージ通りのサージガイドがスピーディーにできるのです。

安心・安全・高いゴールを目指すインプラント治療には欠かせなiーCATです。


posted by Dr.K at 00:51| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

安心安全のインプラントオペ

今日の三軒茶屋は3つのオペ。
相変わらず忙しい世田谷KU歯科です。

IT41.jpg

カムログインプラントシステム 3.3mmX11mm プロモートプラス

骨縁下1mmの深め埋入。
下前歯のインプラント埋入は意外と方向性が難しい。
レントゲンやCTを撮影するときは口を閉じているのですが、
オペの時は口が開いているので角度が狂いやすいのです。
そんなときでもサージガイドがあれば安心安全です。

約20分ほどのスムーズなオペでした。
お疲れ様です。^^


posted by Dr.K at 15:36| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

ピエゾサージェリーハンズオンコース

日曜日は「ピエゾサージェリーハンズオンコース」。
朝10時〜夕方5時まで、たっぷり1日の単独セミナーでした・・・。

インプラントはしっかりとした骨で囲まれていなければなりません。
骨不足部分には、何らかの骨補填を行わなければインプラントを固定できません。
でも、術後の腫れが大きかったり痛みが強い術式は、私達も患者様もできるだけとりたくありませんよね・・・。

IMG_1501.JPG IMG_5217.jpg

日本で最初に導入されたメクトロン社(伊)のピエゾサージェリーは、組織に与えるダメージは最小限なうえに、キャビテーション効果で出血も少なく術野もきれいです。軟組織への損傷リスクも小さいので、安全に使用することが可能です。

IMG_1505.JPG

私の主催する勉強会INGの先生も2名参加。
左は清水先生、右は仙田先生。
他にも、Facebookでお友達になっている先生も数名参加されていました。^^

ともかく1日しゃべりぱなし・・・で疲れました。

来年7月1日(日)開催予定の「ピエゾサージェリーライブオペコース」にも、すでに数名の先生から参加申し込みを頂いたようです。ピエゾを使いこなし、是非日常臨床を快適にしていただけたらと思います。


posted by Dr.K at 22:05| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

本日のインプラントオペ

過去最高の忙しさのKU歯科クリニックです。
インプラントオペも連日たくさん行われていますが今日は2ケース。
渋谷で私が1ケース、成城で平岡先生が1ケースでした。

HK.bmp

1ヶ月半前に抜歯した下顎6番。
奥の7番とともに2本のインプラント埋入でした。

カムログインプラントシステムKライン プロモートプラス を選択。

0.4mmのみマシンサーフェスとほぼフルラフサーフェスなので、あえて9mmの長さのフィクスチャーを選択した。歯槽骨同等どころか骨縁下約1.0mmに深く埋入し、最初から2mmの延長ジンジバフォーマーを装着しGBRを行う。

約15分ほどのオペでした。

できるだけ長く機能性と審美性を維持できるように、いろいろな工夫をしています。
インプラントといっても様々ですし、同じものを使用しても所詮使うのは人間です。
差が出るのは当然なのです。


posted by Dr.K at 21:28| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

更なる高いゴールを目指して

シミュレーションソフトをもう1つ追加導入する事にしました。
理由はいくつかありますが、ソフト内でバーチャルティースをスピーディーに入れる事ができるからです。歯冠幅や高さを変えたりするのがとても簡単なシステムです。

IMG_1403.JPG

CTソフトに入っているシミュレーションソフトや現在使用しているシミュレーションソフトでももちろん十分なのですが、私自身がここ数年で、インプラント補綴の考え方が徐々に変化してきたので、よりよいものをということで検討しておりました。

最近、大規模欠損だけでなく、高い審美性を追求していくと少数歯欠損であってもガイドの必要性を強く感じます。長期的な審美性を維持していくにはは、1度1ミリの狂いが命取りになるからです。

今まで、アナログのプレワックスアップと現在持つシミュレーションソフトからガイド作成をすることが大半でしたが、あまりの数の多さに限界を感じてきたのです。

IMG_1401.JPG

補綴(かぶせ物)からインプラントシミュレーションを考えるのに最適なこのシステム。
サクサク動きます。
様々なシステムを拝見してこの「iCAT」の導入決めました。^^



posted by Dr.K at 00:00| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

インプラントオペ日

本日は集中インプラントオペ日。

午前だけで・・・、

3ケース

のインプラントオペです。

IMG_1364.JPG

フィクスチャーも準備万端。

2011102711220000.jpg

とても忙しいオペ室。

がんばります。^^





posted by Dr.K at 11:21| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

8時半からインプラントオペ

世田谷KU歯科の土曜日は早い。
今日も朝8時半からインプラントオペです。
皆さん早起きですね・・・。^^

1か月半前に抜歯した下顎大臼歯。
頬側の骨に大きなダメージ。
インプラント埋入と同時に骨補填を行いました。
約20分ほどで無事終了。

大変お疲れさまでした。

午後は成城学園に移動して診療。
忙しい土曜日です。

今日も1日張り切って行きたいと思います。


posted by Dr.K at 09:36| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

ダイナミックに変化

KU歯科には大きな悩みの患者様がたくさん来院されます。
東京近郊のみならず地方から通院されてくる患者様も多く、ここ数年は特に海外にお住まいの方が帰国時に集中治療をされることが大変多くなっております。

中部地方から通院されている患者様。
治療は2年前に終了しましたが、年3,4回のクリーニングに来院されます。
せっかくきれいな歯になったのでおタバコも止められたそうです。^^

SO111.jpg 治療前

初診時の状態は大変なものでした。
患者様は一大決心でのご相談です。
しかも遠方からの来院ですから、できるだけ計画的に治療を進めていけるように入念にご相談しました。もちろん治療中の仮歯の説明や、来院ペースなども・・・。

SO222.jpg 治療後

すっかりきれいになった口腔内。
上は8本のインプラントで完全な固定式になっています。
いつも大変きれいに磨いてくれていますが、やはり細かいところはプロフェッショナルケアが必要です。おタバコやめても、多少の茶シブは付きますからね・・・。

2011101910310000.jpg

本日の担当は矢澤DH。
お口の中をピカピカにしてくれてます。
この爽快感を維持したいですよね・・・。

ダイナミックに変化しました!^^



posted by Dr.K at 12:28| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京和会 KU歯科ホームページへ >>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。