2012年03月20日

カムログガイド@

インプラントは咬合力に対してバランス良く入れなければなりません。
表面上はかぶせ物がきれいに入っていても、骨の中で間違った方向にインプラントが入っていたら、長期的に骨や歯肉がストレスを受けて痩せてしまうからです。
最終的なかぶせ物を理想的に入れる為に事前に細かなシミュレーションを行い、そのシミュレーション通りにインプラント埋入を行うための器具がサージガイドです。もちろん手術時のヒューマンエラーが少なくなるので安全性も高くなります。

サージガイドにもいろいろあります。
歯肉を剥離することなく使用する粘膜負担型や、骨表面に安定させる骨支持型、歯がある程度残っている場合には歯牙負担型など、状況や目的に合わせていろいろなガイドが製作可能です。

今回は私のメインシステムであるカムログインプラントシステム専用のサージガイドの製作を紹介します。

IMG_2193.JPG

撮影したCTからデータを取り出しシミュレーションソフトに。
当医院で採用しているi-CATは補綴から埋入位置を決めるトップダウントリートメントが容易に行える臨床的なシステムです。操作も簡便で非常に気に入っています。

IMG_2195.JPG

下顎骨の中を走行する神経の位置をプロットし、骨形態や対合歯などのバランスを考慮して3次元的にインプラント埋入方向を決定します。この時点で使用するインプラント直径と長さをシミュレーションします。

このデータをセンターに送り約10日後にサージガイドが届きます。

そのガイドを使用してインプラント埋入手術を行います。



にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
にほんブログ村



posted by Dr.K at 11:17| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

痛みの少ないインプラント

KU歯科クリニックのインプラント治療は患者様それぞれの状況に合わせたオーダーメイド治療を行います。13システムのインプラント器材が準備され、最も条件に合ったインプラントシステムを最も条件に合った術式で行います。

歯肉や骨の条件がそろった場合は次手術なしの1回法で痛みや腫れのストレスを最小限にすることもあります。抜歯と同時にインプラントを埋入することや、大きな骨不足の場合でも骨造成をしっかり行ったり軟組織移植も行ったりして、機能的にも審美的にも長期安定性の良いゴールを目指します。

本日1症例目のインプラントオペ

SKM2.jpg

カムログインプラントシステム 5.0X11mm プロモートプラス

このケースはプラットフォームスイッチングタイプのワイド型ヒーリングアバットメント4mmを1次手術時に装着。このままレーザーで歯肉を治癒させて、約2ヶ月で最終的なクラウンが装着できます。もちろん麻酔など痛みを伴うような処置はありません…。

約10分間のスピード手術でした・・・。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






posted by Dr.K at 11:04| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

フルジルコニアクラウン

インプラントには、天然歯にある歯根膜がありません。歯根膜は緩衝材なので、なければダイレクトに力が伝わってしまいます。そういうわけで、かぶせ物が天然歯よりも減りが早く、薄くなった部分から欠けたりするトラブルもあります。

曲げ強度が従来の焼成ポーセレンの4倍ほどあるe.maxを中心にインプラント補綴を行っていますが、さらに固いジルコニアでクラウンそのものを作る事もあります。一般的にジルコニアと言えば、インプラントとかぶせ物を連結するアバットメントに使用したり、クラウンやブリッジのフレームに使用して表面には陶材を築成するような使い方を想像すると思います。ただしその場合、中だけが硬く表面は軟らかい状況になり結局強度は変わらないなんて事もあります。

色調のバリエーションが少ないジルコニアですが、ケースを選んでフルジルコニアクラウンとして使用しています。

DSC_2305.JPG zeno システム

装着後2年半経過したフルジルコニアクラウン。
ストローマンインプラント4.8X10mmRNスクリューリテイン一体化型。
あえて強度を維持するためにグレーズのみでレイヤリングはしてません。

現在では色のバリエーションが増えました。
あくまでこれは2年半前のケース。
ちょっと白いですけどね・・・。

歯肉退縮もなく良好な経過をたどっています。^^


posted by Dr.K at 19:20| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

骨が足りない・・・

狭い範囲で大きく骨が不足したケース。
つまり両サイドは健康な歯で、1本だけが抜歯になったケース。
しかも膿がものすごい範囲で周囲の骨を溶かしてしまっている…。
さらにそれが審美的要求の高い前歯なら難易度は上がります。

2012031420310000.jpg

少しの骨不足ならインプラント埋入して同時に補填するGBR。
しかし、これくらい大きな骨不足になると骨移植とインプラント埋入を別に行うステージドアプローチの方が間違いなく予後がいい。手術の難易度も上がりリスクも大きくなるが、大量に骨不足しているケースにはきちんとブロック骨移植を行ったほうが審美的にも機能的にも長期経過が良好なのだ。

2012031420300000.jpg

下親知らず付近からサイズを合わせて7X12X5mmのブロック骨をピエゾサージェリで採取し、若干の形態修正を行い不足部分にボーンスクリューで固定。
約45分ほどの手術でした。

前歯ですから、きれいな仕上がりを求めなければなりません。



にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村





posted by Dr.K at 09:09| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

燃える男

前歯のインプラント埋入です。
厚みはあるものの唇側皮質骨が5ミリほど吸収していました。
インプラントポジションは口蓋側寄りに。
骨補填を同時に行いました。

TK1.bmp

・フィクスチャー
 カムログインプラントシステム プロモートプラス 3.8X13
・ジンジバフォーマー
 PSシリンダータイプ 2mm

他2ケースのインプラント埋入。
インプラントオペが3ケースと忙しい金曜日でした。

卒後4年目になる見学の先生がいらっしゃいました。
某大学のラグビー部だそうで・・・、
少し似たような雰囲気を感じました。^^

私は、ギャラリーがいると燃える男なので、
いつも誰かに見てもらった方がいいかもしれません。笑


posted by Dr.K at 23:41| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

インプラント8年後のCT

mkct2.jpg mkct3.jpg

インプラント治療8年後のCT画像

インプラントを支える歯槽骨量が不足。
垂直的に5ミリ骨補填し、長さ10ミリのインプラントを埋入。

mkope.JPG

埋入直後のアナログレントゲン画像。
骨補填法はインプラントを入れる穴から行うソケットリフト。

 mk2402pic.jpg

先月の定期検診時の口腔内写真。
歯肉退縮もなく良好です。

CT画像を見ると、骨補填した部分と既存骨の境目がわからないくらい造成されています。
骨がないと言われてあきらめかけている患者様。
ぜひご相談ください。^^



posted by Dr.K at 14:29| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

8年目のインプラント

mkextb0905.JPG 平成16年5月

上顎6番が腫れて初診来院。
排膿、動揺があり、保存不可能という事で抜歯しました。

mkexta0905.JPG 平成16年6月

骨量はかなり厳しかったですが患者様のご希望でインプラントに。
当時はアナログだったので5mmのチタンボールの拡大率等で埋入深度を計測。

mkope.JPG 平成9年6月

発売まもないストローマンTE4.8x6.5mmを選択。
はじめてのソケットリフトで上顎洞内に骨補填。

mkset0912.jpg 平成16年12月

上部構造装着。
当時奥歯はハイブリッドセラミッククラウンを推奨してました。

mk2402.jpg 平成24年2月

そして本日のレントゲン。
上顎洞内の補填材料は全て骨化し安定しています。

mk2402pic.jpg 平成24年2月

本日の口腔内写真。
丸7年経過して8年目に突入しているとは思えない状態。
歯肉退縮もなくすこぶる良好です。

7年間、上部構造の交換もなくクリーニングのみ。
涙が出るほど嬉しくなりました。
ついつい患者様の前で興奮してしまいまして…。

また頑張ろうというエネルギーがわいてきました。^^

明日も張り切って行きます!!!


posted by Dr.K at 23:21| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

整体→サイナスリフト→整体

ちょっと疲れがたまっているので、朝から整体に行ってきました。

IMG_2618.jpg

右の手だけで2か所の骨折経験がある私。
そのあたりも少し痛む…。
第3腰椎横突起も骨折しました。
最近ゴルフ中に痛みがはしります。

叫び声を数回出す事になりましたが、終わった後はすっきり爽快。
首や肩も軽くなったような。

午後から渋谷に出勤。
某タレントさんの壊れたブリッジをはずして仮歯に変更。
次回は、インプラント埋入と親知らず抜歯の予定です。

続いてサイナスリフト。
最近多いサイナスリフトですが、今日もピエゾサージェリーが大活躍。

IMG_1984.JPG

約20分ほどで終了。
非常にスムーズなオペでした。

せっかく整体に行きましたが、なんか朝までの状況と同じ。
今日の整体の意味あったのでしょうか・・・。

これから仮歯10本の調整です。
もうひと頑張りです。^^



posted by Dr.K at 15:41| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

サイナスリフトです。

朝のタイトなアポイントが一段落しました。
これからサイナスリフトです。
上顎洞内に骨補填をする方法で、洞粘膜を側面から挙上して行います。
ピエゾサージェリーを使用して、低浸襲な手術を心がけます。

2012020811010000.jpg

ただ今準備中。
気合入れていきます。





posted by Dr.K at 11:08| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

患者様の転院

先ほど他の歯科医院の院長先生からご連絡を頂きました。
4年前まで当医院に通院されていた患者様がそちらの医院に転院され、
インプラント上部構造などを確認したいと…。

平成15年に入れたストローマンインプラント。
下顎6.7番に2本埋入し、上部はハイブリッドセラミッククラウンを装着。
9年目に入ったインプラントの上部構造が擦り減っているので修理するのだそうだ。

たしかにその患者様は、前回の来院時にも足の指を骨折されており通院が大変だとおっしゃっていた…。大変ですよね。

直接先方の先生とお話しし、

・インプラントの種類
・使用アバットメント
・上部構造のセメント

など情報提供した。

ストローマンインプラントを使用されている先生だったので話は早く、
非常にスムーズに引き継ぎは終了しました。

私もたまに他医院に確認の連絡を入れる事もあります。
これからはこういった機会がお互いに増えてくるでしょうからね。
ともかく私が埋入したインプラントは9年目を迎えて問題ないようでした。
一安心。^^


posted by Dr.K at 14:53| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

歯の重さ

総入れ歯から固定式のインプラントへの御希望。
この上部構造を作る際に通常の製作方法だと、かなりの重量になります。
普段、歯の重さを感じる事ってほとんどありませんよね。

ロングブリッジ…しかもインプラント。
御高齢の女性には耐えられないくらいの重さになるんです。
顎が疲れる…という声も聞きます。

ISUSは、今まで困難とされた様々なシステムのインプラント体の連結を可能とするカスタムメイドの金属フレームをCAD/CAMで製作できるシステム。
当医院では最も軽いチタンを選択することが多い。

DSC_0305.JPG

DSC_0308.JPG

そしてこれはスクリュー固定式。
何か問題が起きた時に修理が容易になる。
軽くすることと、メンテナンスのしやすさに重点をおいた補綴設計です。

本日最終の適合チェックはパーフェクト。
次回いよいよ完成です。
軽くて丈夫な固定式のフルインプラントブリッジ。

お楽しみに。^^



posted by Dr.K at 05:13| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

新潟から・・・

早いと雑は違う。
遅いと丁寧も違う。

同じクオリティであれば少ない回数で早く進んだ方がいい。
早く進行させるほうがいい結果をもたらすのであればなおさらだ。

大雪で大変な状況の中、新潟から患者様が来院された。
すでにインプラントオペは半年以上前に終わっており、
今日は久しぶりの来院です。
さて今日はどこまでやろうか・・・。

DSC_0314.JPG

仮歯は新潟の先生にお願いしてました。
前後の歯に少し汚れが付いていましたが問題なし。
S先生ありがとうございました。

DSC_0337.JPG

歯肉で完全に埋まっているインプラントの仮蓋を外し、
歯肉を徐々に広げていきます。
本来ここで終わりですが、口腔内で直接仮歯を製作します。

DSC_0349.JPG

歯肉を貫通する形でインプラント仮歯が装着されました。
前後の歯とは関係なく単独で歯肉から貫通して固定されています。
咬む面のネジ穴は仮に封鎖します。

DSC_0345.JPG

これが今日製作したテンポラリーアバットメント一体化型仮歯。
この歯肉貫通部の形を最終的なセラミッククラウンを製作する時に再現します。
歯肉コントロールの調整が重要です。

IT3.jpg

骨の痩せは一切なし。
さすが、カムログプロモートプラス。^^
デザイン、表面性状、コネクション、補綴の正確性どれをとっても最高です。

本来3回の来院で行うことを今日1日で終わらせました。
もちろん条件が整わなければできませんが・・・。

患者様は日帰りで新潟に戻られるそうです。
雪の中、大変お疲れさまでした。
歯肉が落ち着きましたら最終型採りですよ。^^
暖かくなったころですかね。


posted by Dr.K at 23:08| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

前歯のインプラント

20代女性。
前から2番目の前歯。
歯根破折から大きな膿ができ、周囲骨にも大きなダメージ。
抜歯後軟組織も大きく痩せてしまうが、患者様はインプラントをご希望。
審美的要求レベルも高く、難易度の高いインプラント治療になりました。

DSC_1481.JPG

デザインされた歯肉形態に合わせたカスタムジルコニアアバットメント。

DSC_1482.JPG

適正トルクをかけて装着。貧血帯を注意深くチェックする。

DSC_1483.JPG

emaxプレスをレイヤリングとステイニングで仕上げる。

DSC_1485.JPG

陥没していた歯肉も周囲とのバランスを回復した。
歯間乳頭も自然な形態を維持できた。

今日はたくさんのインプラント補綴の装着がありました。
全てのケースが1発OK。
患者様も大喜びでした。

KU歯科技工チーム。
やるなあ・・・。


posted by Dr.K at 23:36| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

75歳でインプラント

昨年末に患者様である息子さんから紹介されました。
お父様の歯が大変な状態なので何とかしてほしいと…。
拝見すると、奥歯がほとんどないうえに今にも抜け落ちそうな前歯が数本。
歯周病も進行しており、かなり厳しい状態。
75歳と高齢ですので、体調も考慮して治療開始する事になりました。

保存不可能な歯を抜歯して、まずは最低限の機能回復の為の仮義歯をセット。
3回に分けて計10本のインプラントを埋入。
もちろん歯周病治療は同時進行で継続していきます。

外科処置が本日で全て終わり一安心。
思ったよりも楽だったと、笑顔で帰られました。

IMG_1947.JPG

まだまだ寒い今朝の銀杏並木。

暖かくなる頃には、取り外し式の仮義歯とはさよなら。
固定式のきれいな歯が入りますよ。

お楽しみに。^^



posted by Dr.K at 16:26| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

いいリズムのインプラントオペ

極寒の東京世田谷です。
昨晩の雪はたいしたことなかったですが、
風がかなり冷たくダッフルコートが大活躍してます。

今日の三軒茶屋世田谷KU歯科はインプラントオペが2ケース。

最初のケースは下顎6番の中間歯欠損。
二股に分かれている根が又裂きのような状態になり、
その亀裂から細菌感染を起こして周囲の骨を腐敗させた。
その為頬側の骨は大きく欠損し、舌側との高さの差は約3~4ミリ。
簡単そうに見えるが埋入ポジションが限定される意外と難しいケースです。

KK2.jpg

インプラント埋入後に自家骨と補填材を移植。
まだ完全に出来上がっていない幼弱な歯肉を慎重に縫合。
ボリュームムアップのために完全閉鎖が困難になるが、
できるだけテンションフリーで唾液から守らなければならない。

約15分ほどのスムーズなオペでした。

縫合終了後、

「終わりましたよ」

と、私が声をかけると、

患者様は、

「いいリズムでした^^」

と安心した声で感想を・・・。

初めてのインプラントオペでだいぶ緊張されていたようですが、
予想よりも楽だったようで、そういう意味の「いいリズム」だったようです。

なんとなく嬉しくなってここで書きました。
単純な私はご機嫌でこれから本日2つ目の手術に向かいます。

いいリズムのインプラントオペを目指します!




posted by Dr.K at 10:38| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイナスリフト

嵐の金曜日はインプラントオペが2ケース。
午前はソケットリフトのケース。
午後はサイナスリフトのケース。
ともに骨量不足でそのままインプラントを入れることができず、
増骨しなければインプラントを入れることができない。
相変わらず、シンプルで単純なケースがほとんどないKU歯科です。

MT3.bmp

上顎5.6番に2本のインプラントを埋入予定。
手前(左)はともかく、奥(右)は上顎洞底までの厚みはわずか1ミリ。
ということで、サイナスリフトを行うことになりました。

頬骨側壁をピエゾサージェリー(超音波骨切り)で開窓し、上顎洞粘膜をやぶらないように剥離挙上する。その後、手前のみインプラントを埋入し、奥は補填材を填入。

MT4.bmp

4,5カ月経過後に奥にはシンプルな術式で改めて埋入する。サイナスリフトは、既存骨量が限りなく大きく不足している場合に必要な骨補填テクニックで、難症例のインプラント治療を行う歯科医には欠かせない基本テクニックである。
ソケットリフトでインプラント埋入をしようとして誤って上顎洞粘膜が破れてしまった時には、サイナスリフトに切り替えて対応しなければならない。つまり上顎臼歯部の骨量不足のケースには必ずできなければいけない。

骨補填、インプラント埋入、縫合までで約30分。
スムーズな手術でした。
ピエゾサージェリーは本当に安全で使いやすい器具です。

明後日の日曜日。
渋谷KU歯科でインプラントオペ研修コースが開催されます。
1日で3ケースのインプラントオペを行う予定です。
本日行ったサイナスリフトも行います。

偶然ですね・・・。

今日も忙しい1日でした。


posted by Dr.K at 02:44| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

前歯のインプラント

歯根破折

抜歯

ブロック骨移植

インプラント埋入

仮歯固定/歯肉形態調整

最終型採り

装着

ここまで約9カ月半。

長かった・・・。

DSC_0967.JPG mor.bmp

カムログインプラントプロモートプラス4.3X11mm
ジルコニアアバットメント+e.max プレス HTA2 レイヤリング&ステイニング

本日ようやく前歯のインプラントが入りました。

しばらくすると歯肉が回復してきてもっと自然になるはずです。

楽しみに待ちたいと思います。^^




posted by Dr.K at 16:22| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

インプラント4ケース

今日の渋谷KU歯科は大変な忙しさでした。

インプラントオペはなんと4ケース・・・。

IMG_1856.JPG

インプランター君、お疲れ様。

よく頑張りました。^^





posted by Dr.K at 21:07| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

インプラントトラブル

人工の歯を作るインプラント治療で、痛みや腫れが続くなど、健康被害を訴える相談が増えているそうだ。国民生活センターによると、歯科インプラント治療の健康被害に関する相談は、昨年11月までの5年間で343件。平成18年は38件だったが、22年には82件。痛みや腫れ、人工歯根の破損、化膿(かのう)や炎症などを訴える人が多く、症状が続いた期間が分かっている204件のうち、4割以上が1年以上と答えた。

岡山県に住む60代の女性は、1本13万円と比較的安価な医院をインターネットで見つけ、5本の歯をインプラントにした。しかし、治療後の痛みが取れず、他の病院で診察を受けたところ、5本のうち2本と別の歯1本を抜いてやり直すことになったという。

同センターは「医療機関や歯科医師によって、治療水準に差がある恐れがある」と分析している。また、インターネットやチラシに不適切な広告があるとして、消費者に注意を呼びかけるとともに、関係機関に対し、十分な情報提供や治療のガイドラインを定めるよう要望している。



こんなニュースを見ました・・・。

このブログでも何度も書いているが、インプラント治療はは誰がやっても同じではない。
非常識な価格競争は医療の質の低下を助長させ、その結果患者様が不利益を被る事になる。
何度となくそんなことをここで書いたり、講演会等で叫び続けてきた。
今も、インプラントトラブル対応というお題での執筆中である。

お隣韓国では全歯科医師の70%がインプラント治療を行う。
美容整形と同じで患者様もクリニックも、取り組みは非常に安易な風潮あるらしい。
価格も驚くほど安く、日本の常識では考えられない・・・。
その結果、トラブルもものすごい数で韓国歯科業界は大きな問題になっているのだそうだ。

日本は歯科医が約10万人でデンタルクリニックは約7万件。
そのうちインプラント治療を行っているのは、10%足らずだそうだ・・・。
東京で開業しているせいか、普段自分で感じている感覚とはだいぶ違うが、
たしかに私が出張オペを依頼されるのは地方都市が多い。

ともかく、一部のトラブルのせいで治療そのものの信頼を失うことになってはいけない。
いい事だけでなく、こういったマイナス情報も、包み隠さず公開すべきである。

どんなに素晴らしい器材や材料を使用したとしても、
最終的にそれを扱うのは人間である。
自分自身の健康維持のためのインプラント治療。
慎重に医院選びをすべきである。



posted by Dr.K at 22:52| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

初日より…

2012年。
初日から忙しい1日でした。

2012010418030000.jpg

インプラントオペは上顎6番。
11月末に抜歯した部位は骨量が少なくソケットリフト併用しての埋入。
周囲の骨不足部位にも骨補填し、約20分ほどで終了。

初インプラントオペは無事終了しました。

今日はもう1つオペがあり、そちらは歯周外科手術。
数年前に行った前歯のインプラント周囲の歯肉が退縮してきたので、
口蓋から移植し歯肉のボリュームを出すという手術。
こちらも順調に約30分で終了。

いきなり難易度の高い手術が2つ。
今年も忙しくなりそうです・・・。



posted by Dr.K at 18:12| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京和会 KU歯科ホームページへ >>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。