2008年03月05日

様々なインプラントシステム

インプラント治療が広く一般の方々に認知されるようになった今、当医院の患者様も幅広くなってきている。

これから初めてインプラント治療を行う患者様はだけでなく、すでにインプラント治療を行い、新たにインプラントを希望されていらっしゃる患者様も多くなっている。
すでにインプラントを入れられた方は、ほぼ100%希望されます。

最近他医院からの手術依頼もCT撮影などの関係などから増えてきているし、最も多いのは治療途中での転院である。
インプラント埋入はすでに終わっていて、上部構造製作からお願いしたいというご希望だ。

最初はできるだけ手術を行った医院に戻っていただくようにお話しますが、それでもどうしてもと希望された場合は引継ぎをさせていただきます。

・・・という風に途中での来院理由は様々だが、この場合患者様にとって心配なのは、自分の手術したインプラントメーカーの取り扱いが当医院にあるかどうかということである。

最近よくこの手の質問をいただくので、ここで説明します。

現在当医院で対応しているのは、

カムログ
ストローマン(ITI)
アストラ
3i
インプラテックス
カルシテック
アンキロス
ノーベルバイオケア リプレイス
ブローネマルクシステム


以上、9つの世界的にメジャーな信頼のおけるシステムのみを採用している。

多くのシステムの準備し理解するのは、正直かなり大変です。
骨結合する表面構造も違えば、被せ物との連結部分の考え方も各メーカーそれぞれぞれで全く違います。

歯茎や骨が薄い日本人にインプラントを行うにあたり、長期的に審美性・機能性を維持するのはとても困難です。
ところがこの高いゴールを目指すが故に、患者様への負担増となってしまうことも少ないないのが現状・・・。

そういう意味で・・・、

最小限のリスク



最大の効果



発揮させるには、特徴の違った複数のインプラントシステムを持つことが重要になってきます。

上記以外のシステムのことでも、ぜひご相談ください。^^


posted by Dr.K at 11:34| インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京和会 KU歯科ホームページへ >>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。