2010年10月22日

インプラント骨結合測定

インプラントは歯槽骨の中に埋入するもの。
インプラントと骨が、どれくらい骨結合しているか。
見ただけでは何もわからない。

私がインプラントをはじめて間もない頃と比べても、かなり期間は短縮されている。
今は、条件が揃えば、インプラントを入れた即日にかみ合わせることもできなくもない。
様々な学会発表や論文、インプラントメーカーのプロトコールにしたがって、通常は単純に待っているだけなのである。

インプラント治療で最も大切な骨結合

KU歯科では、全てのインプラントケースに骨結合測定を行っています。

現在3世代目の、オステルISQ。 ← Click here!
3世代全てを使用していますが、現在のタイプはとても使いやすい優れもの。

2010102211080000.jpg オステルISQ。 ← Click here!

上顎臼歯部にソケットリフト&GBRを行った患者様。
本日オペから4ヶ月経過。
前回2次手術を行い、骨結合測定をおこないました。

2歯とも数値は「77」と良好。
なので、本日最終型採りです。

安心、安全のインプラント治療を追求していきたいと思います。




posted by Dr.K at 11:40| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京和会 KU歯科ホームページへ >>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。