2010年08月31日

インプラント治療費

最近インターネットで、格安インプラント広告を目にすることが多くなってきました。
私が歯科医になった頃は1本100万円以下ではできなかった特別なインプラント治療が、今では物販のような価格競争がおきるような状況にまでなってしまったのです。

インプラント治療は「自由診療」なので、各医院が自由に治療費を設定できます。
KU歯科グループのインプラント治療費は、約30〜60万円程度。
これは、10数年前にインプラント治療を導入してから変わっていません。
前後の健全歯を2本削り、繋がった3本1ピースブリッジの平均価格が25〜30万円。
ブログのタイトルにもあるように、「できるだけ歯を削りたくない」治療方針の私ですので、安易にブリッジにして欲しくないという気持ちから、ブリッジと大きく変わらない治療費を設定しました。

インプラント治療の流れ

@ 基本検査(口腔内全体チェック・レントゲン撮影・写真撮影・スタディモデル作成など)
A 精密検査(デンタルCT・3Dシミュレーション)
B 基本処置・前準備(クリーニング・仮歯製作など)
C インプラント手術
D 術後消毒・チェック
E 経過観察
F 2次手術(大半の場合、同時角化歯肉造成を併用)
G 仮歯装着(固定式仮歯にて咬合確認)
H 最終型採り・咬合採得(個人トレーにて精密印象)
I 試適(咬合・色・形態の最終確認)
J 最終装着・メンテナンス指導
K チェック(微調整と清掃チェック)
L 定期健診へ(担当衛生士によるリコールへ)


大半の患者様がインプラント治療のみで完結することは少なく、歯周病や虫歯など混在した問題を抱えています。口腔疾患は常に様々な問題が混在しています。なので、上記の流れの中に他の治療をタイミングよく入れていくことで、無駄な時間を過ごすことなく効率よく治療を進めることができます。

当医院は、複数のインプラントシステムを採用しています。
各システムで特徴があり、多少の利点欠点があります。

インプラントメーカー

・カムログ
・ストローマン
・ジンマー(スクリューベント・スプライン)
・ノーベルバイオケア(ブローネマルク・リプレイス)
・アストラ
・デンツプライ(ザイブ・アンキロス)
・3i
・SPI


アジア人は世界一歯肉や骨が薄いといわれています。
日本人は、口腔意識はあまり高くないといわれています。
残念ながら、先進国の中で最悪とも言われています。
なので、その人固有の環境に合わせた最適なシステムを提案するようにしています。

インプラント治療に関係する設備

・デンタルCT
・CO2レーザー
・ピエゾサージェリー(超音波骨切り)
・シンプラント(シミュレーションソフト)
・オステル(骨結合計測)
・高圧滅菌器
・遠心分離機(PRP)
・生体モニター
・オペ室


インプラント治療に関係する材料

・縫合糸(吸収性・ゴアテックス・ナイロン)
・骨補填材(β‐tcpなど)
・膜(吸収性・非吸収性・チタンメッシュ)
・ボーンスクリュー

補助手術

・ソケットリフト
・サイナスリフト
・ベニアグラフト
・スプリットクレスト
・CTG
・FGG
・口腔前庭拡張術
・小帯延長術

インプラント上部構造に関するシステム

・ZENO
・LAVA
・プロセラ
・KATANA


あらゆるインプラントケースに対応できるように準備をしております。
それが本当の意味のインプラントセンターであると考えるからです。
すでにインプラント治療が始まって40年以上が経過し、リカバリーが必要なインプラントを抱えた患者様が増えてきています。これからはもっと増えてくるでしょう。なので、複数の準備が必要なのです。
長期的に幅広くサポートできるようにインプラントセンターとしての役割を確立して行きたいと思います。

その他

・ストレスフリー(麻酔認定医による静脈内沈静法・笑気麻酔)
・年間800症例6000本以上の実績


患者様のストレスを最小限にするために、様々な準備をしています。
ストレスを忘れさせる静脈内沈静法もその1つですが、確実でスピーディーな手術で術後の痛みや腫れを最小限にすることが可能です。もちろん個人差はあるものの、術後の痛みや腫れの大きさは、治療時に患者様に与えるダメージと比例します。

インプラントは顎骨に埋め込む人工物です。
生体に残るものですので、厚生労働省の基準では最高レベルの医療器材に入ります。
エビデンス(科学的根拠)の低いものを使用するわけには行きません。
そして、医療行為は物ではなく一連の技術です。
コスト削減の為に重要な部分を省いたりできるものではありません。
なので、価格競争はとても危険な兆候であると考えます。
安全性が損なわれてしまってはなりません。

正しい知識と技術と経験を持つ志の高い歯科医が行うインプラント治療。
機能性に優れ、審美性が高く、長期安定性の良いインプラント治療。
ストレスの少ない、安全性の高いインプラント治療。



KU歯科グループ「東京予防インプラントセンター」では、皆様の快適な口腔環境を支えるためのお手伝いをいたします。

何卒、ご理解のほど宜しくお願いいたします。





posted by Dr.K at 18:12| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京和会 KU歯科ホームページへ >>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。