2010年08月20日

インプラントの定期健診

インプラント埋入手術終了。

これで終わりではない。

上部構造を装着。

もちろん、これで終わりではない。

ここからがスタートである。


人生短くて80年。更に高齢化はどんどん進んでいる。インプラント治療をしたらその後の50年間をどう維持させるかを考えなくてはならない。そしてその50年は、歯だけでなく人間の身体そのものが老化していくのだ。同じ10年でも、10代の上り坂の10年と、緩やかな下り坂の30代の10年ではまるで違うということだ。

口腔内においては、咬み合わせが変化し、唾液が減少する。
全身同様、基礎代謝が減るということは、歯肉も歯槽骨も痩せてくる。

それぞれの年代のその人固有の環境を正確につかみ、ファジーなメンテナンスが重要だ。

2010082017300000.jpg CT側面観

半年振りの定期健診の患者様。
1年半前に歯牙破折で抜歯し、インプラント治療を行った。

歯肉の状態は口腔内写真で確認。
骨はレントゲンとCTで。
被せ物の減り方や、奥歯を含めた咬合の変化も細かくチェック。
その上で、クリーニングが行き届いているか確認し、全体のお掃除が始まります。

インプラントは人工物なので、定期健診が重要です。
清掃状態などを考慮して、3〜6ヶ月の検診をお勧めしております。



posted by Dr.K at 21:24| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京和会 KU歯科ホームページへ >>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。