2010年08月18日

削らない歯科治療

ブログタイトル

「削らない歯科治療」

の、意味を質問されることがあります。

歯そのものは健康なのに歯並びが悪い場合は、矯正治療をお勧めします。ただし、歯周病が進行しすぎていたり、他の理由で矯正治療を行った場合にリスクが大きくなってしまうようなケースは別です。

虫歯治療も虫歯しか取りません。型を採って接着剤でつけるタイプにすると歯を削る量が多くなります。もちろん大きな虫歯でそうせざる得ない場合もありますが、できるだけ虫歯部分のみを削除して、流し込みタイプの充填を行うようにこころがけています。

歯がない、もしくは保存不可能でこれから抜歯しなければならない場合は、インプラントを第一選択に考えます。安易に前後の歯を削るブリッジにはしません。ブリッジにすれば咬みあわせの負担も増え、清掃もしにくくなります。もちろん様々な理由でインプラントが不可能な場合もありますが、欠損部分はできる限りその部分だけで補えるインプラントがベターです。

健康な歯を長期維持できるように定期健診をお勧めします。画一的なメンテナンスでなく、それぞれの口腔環境や生活環境に合わせた形のファジーな対応をこころがけています。大規模な治療が終了したあとも、今健康な歯の方も、定期健診が重要です。

こういった考え方が、

「削らない歯科治療」

であり、

何が何でも削らない、
虫歯があるのに削らない、

のではありません。

ようするに、

「できるだけ削らなくてすむ歯科治療」

を心がけているということです。

ご理解いただけましたか???

最近こういったコンセプトが浸透してきたようで、目的意識の強い患者様がとても多くなり大変嬉しく思います。^^
ホームページやブログ、そして先日恥ずかしながら執筆した本、新聞や雑誌記事など、様々な場面でKU歯科クリニックのコンセプトを目にする方が増えてきている結果だと思います。

そんな堅苦しく考えないでもいいので、1度御相談にいらしてくださいね。



posted by Dr.K at 19:16| KU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京和会 KU歯科ホームページへ >>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。