2009年06月01日

ブリッジ倒壊警報 そのA

下顎大臼歯の悪い根のみを抜歯し、片方のいい根は残す。
その根と手前の小臼歯をつないだヘミセクションインレーブリッジ。
これがまたまた倒壊です。

BR.jpg

咬合負担から考えれば長期維持できるわけもなく・・・。
結局短期間でやり直しをしなければならなくなりました。

抜歯した根は真っ二つに裂けるように割れており、周囲は膿がいっぱいの状態。
当然周りの骨にも大きなダメージを与えていました。
おまけに手前の土台になっているインレーも2次的な虫歯が進行。
1年足らずで再び大掛かりな再治療を行うことになったわけです。

インプラント症例  ← Click here!

長期予後を熟慮した治療計画を提供いたします。
「この前終わったと思ったらまた別のところが・・・」
なんてことがないように。

「ブリッジ倒壊警報にはご注意を」




posted by Dr.K at 10:03| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京和会 KU歯科ホームページへ >>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。