2012年05月05日

イタリア.スイスの旅11

2日目は、高齢者のインプラントについてのテーマからはじまりました。日本同様ヨーロッパでも高齢化が進んでいるので、とても大切な内容です。

骨粗鬆症への対応
リスクを考えた治療プラン
オーバーデンチャーのアタッチメント選択
ガイデッドサージェリーの精度

これらのポイントからみた素晴らしい講演がありました。

次に、CAD/CAMを用いたデジタルデンテイストリー。これは近代インプラント治療には必要不可欠です。3名のスピーカーがすべてドイツの先生というのが印象的。モデレーターは我等が渡辺教授でした。


image-20120505161241.png


…続く。








posted by Dr.K at 23:13| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタリア.スイスの旅I

1日目のコングレスが終了しました。

アバットメントコネクション
アバットメントマテリアル
埋入ポジション
フィクスチャーの変形
フィクスチャーデザインによる周囲への影響
ファイナルクラウン装着までのステップバイステップ

インプラント治療で高いゴールを達成するために何が重要なのか。
そのあたりを中心にしたトピック満載の初日でした。


Camlog cong.jpg


普段の診療コンセプトをチェックする上でも非常にいい機会で、
方向性に間違いがない事も再確認できました。

展示ブースも大賑わい。
新しいマテリアルや器材が所狭しと並んでます。


new piezo.jpg

ニューピエゾサージェリー。

私がインストラクターを務めるメクトロン社のニューピエゾ。
タッチパネル式でかっこいいですね。
近々、KU歯科クリニックにも登場予定です。

さて、2日目が始まる前に朝食行ってきます。

・・・続く。



posted by Dr.K at 13:21| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京和会 KU歯科ホームページへ >>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。