2010年10月29日

新青山KU歯科はまもなくですB

看板やってます。

2010102920500000.jpg 2010103017000000.jpg

だんだん、出来上がっていきます。

いろいろ準備が大変です。^^

青山KU歯科、宜しくお願いします。






posted by Dr.K at 23:34| KU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プジョーRCZ

どんなものでも、機能性だけでなく審美性がかね備わっていなければならない。
歯もそうだし、車においては当然のこと。

私の知人Iさんが、プジョーRCZに興味を持っておりまして。
最近メンズクラブ編集部が取り上げていることを思い出し戸賀編集長に即電話。
営業マンをご紹介いただこうと思ったはずが、
なぜか・・・

2010102920300000.jpg プジョーRCZ

フライデイナイト私の元に。(笑)

いやあ、想像以上のかっこよさですRCZ。
ボディ、内装、そして19インチのホイルまでオールブラック。
さすが、日本カーオブザイヤー受賞。
308シリーズから独立したコンセプトクーペはいやらしいです。

2010102920150000.jpg 戸賀さんどうもっす^^

戸賀編集長と白金で合流。
ほんとに忙しい人だ。
暗闇に爽やかな白い歯がキラリ。
いいですね〜。
どこの歯医者さんですか?^^

ということで、私でなく知人Iさんがお借りして、
思う存分試乗を楽しむ事になりました。
ちなみに、私が先に10分間乗りましたが…。(苦笑)

素晴らしいよ、プジョーRCZ。
世界の医療団を含めて、しばらくフランスだな。


posted by Dr.K at 22:32| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柳屋のたい焼き

今日の渋谷は忙しかった。
なんと、来院患者様は50名以上…。

そんな時、患者様から差し入れを頂きました。

2010102918220000.jpg

日本橋柳屋のたい焼き。

甘酒横町にある小さなたい焼き屋さんで、なんと大正5年(1916年)創業。
いつ行っても行列が途絶えないくらいの人気店で、たい焼き御三家と言われているのだそうだ。

ちょっと疲れ気味の夕方に、ホクホクのたい焼き。
ご馳走様でした。


posted by Dr.K at 18:57| 食道楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新青山KU歯科はまもなくですA

移転作業は、今日明日がピーク。
レントゲンやユニットなどの大型機器が取り外され、新医院に移動設置中です。

2010102913060000.jpg

受付周りの事務作業も大忙し…。

本日、看板が設置予定。
ようやく移転場所にKU歯科の看板がかかります。

皆様どうぞ宜しくお願いいたします。


posted by Dr.K at 15:01| KU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

院内ミーティング

今日は木曜日だけど、渋谷で緊急院内ミーティング。
3つの医院はお休みなのに、皆さん参加お疲れ様です。
それだけ大切な伝達事項がたくさんあるのです。

2010102822400001.jpg 真剣な眼差し

新青山KU歯科移転に伴う連絡事項や、技工物についての考え方。
各医院の連携体制の強化や、インプラントマネージメントソフトの導入についてまで。
たっぷり3時間半…。(涙)
たくさんのことを話し合いました。

皆さん、お疲れ様でした。
また、明日から張り切ってきましょう!!!


posted by Dr.K at 01:56| スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノーベルアクティブインプラント

新カムログインプラントKラインの認可のちょっと前に、ノーベルバイオケアの新インプラントシステムであるノーベルアクティブインプラントも認可を受けた。
ノーベルアクティブは、ブローネマルク、リプレイスセレクトのどちらとも違うコンセプトの新システムで、元はイスラエルのインプラントシステムである。当初は、エクスターナルとインターナル両方のラインナップがあったが、現在はインターナルのみ。先日の、横浜国際デンタルショーの直前に、日本の厚生労働省の認可が下りたのだ。

ノベルアクティブ3.jpg

これまた、昨年のドイツケルンIDSでのノーベルバイオケアブース。
この時長時間にわたり、ノーベルアクティブシステムのデモンストレーションをさせてもらっていました。

ノベルアクティブ1.jpg ノベルアクティブ2.jpg

抜歯部位や軟らかい骨質に確実な初期固定を得やすいノーベルアクティブ。トップは逆テーパーになっているので、周囲の骨にやさしい設計。がっちり食い込み固定されるこのデザインは、スピーディーなロード(咬合付加)を可能にするだろう。ただし、逆にD1、D2レベルの硬い皮質骨などには取り扱いが難しいと思われ、適応症をきちんと見定めなくてはならない。アバットメントコネクションも、リプレイスとは違うヘキサゴンインターロッキングコネクション。インターナルプラットフォームスイッティングが特徴的である。

完全にガラパゴス脱出の勢いの日本歯科業界です。


posted by Dr.K at 01:48| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京和会 KU歯科ホームページへ >>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。