2010年10月26日

おやすみなさい

連日の大忙し。
たまには早めに就寝…って言っても23時40分だけど。
今日は早めに寝ます。

2010102623190000.jpg

だって、隣にこんな光景を見たら。
早く寝かしてやらねばって思うでしょ。
なので、私も静かに退散します。

明日も忙しい1日です。
9時からいきなりフル回転でなければなりません。
なのでたまには充電しないと。

また明日。
おやすみなさい。^^




posted by Dr.K at 23:44| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キングカズ

私の尊敬するキングカズこと三浦知良43歳。
9月にJリーグ最年長ゴール記録を更新したバリバリの現役だ。

2010102617200000.jpg かっこいいなあ…

ちょっと前に都内某所でキングカズのボディを拝見したが、43歳とは思えない引き締まった身体は感動ものだった。
こっちのカズ(私、梅田徳なので親戚からはカズと呼ばれてます)のお腹を見たら、正直自分が情けなくなった。(涙)
というか、違う生き物か…???(笑)

キングカズが小学校を訪問しているというニュース。
毎年続けているようで、小学生に自分自身の人生を語るのだそうだ。
高校中退しブラジルに渡り、成功を収めるまでの挫折や苦労。
夢を持たなくなった現代の子供たちに、とても刺激になる素晴らしい機会だと思う。
行動に移す勇気や、人並み以上の努力。
そんなことを身をもって話すことのできるスーパースターの一人だと思う。

全盛期は派手なパフォーマンスばかりが取り上げられることが多かったが、白髪が目立つようになった今、ストイックな中年スポーツマンのかっこよさが溢れ出てくる。そして、だいぶ体系は違うものの、マフィア好きやクラシコイタリアファッション好きは私とも被る部分が多い。都内某所のある靴屋さんでも随分昔にお会いしたことがあるし、上のストールは実は私も持っている。
容姿が違いすぎるのはご容赦ください。^^

生き方も、健康維持も、見習わなければなりませんね。
私もキングカズになりたい。


posted by Dr.K at 23:38| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オペはトリプルヘッダー

開業15年目を迎えている世田谷KU歯科は今日も大忙し。
初診患者様7名・定期健診4名を含めた50名以上の患者様が来院された。
私と加藤先生と深井先生の3名で、フル回転の1日だった。

そんな中、インプラントオペは3ケース。
トリプルヘッダーでした。

4ヶ月前にベニアグラフト(ブロック骨移植)を行った上顎前歯に2本のインプラントオペ。
かなり大きな骨欠損のシビアなケースだったが、見事に骨移植は成功。
ブロック骨を固定させるボーンスクリューを除去しなけれなならないのでフラップレス手術(剥離なし)は不可能でしたが、縦切開も入れない歯槽頂切開のみのシンプルな単純埋入手術。
ステントを使用し、約20分ほどの手術でした。

上顎無歯顎のケースは、最後に2本残しておいた上顎左右6番にソケットリフトで埋入。
骨不足の2箇所をあえて残し、手前のインプラント埋入時に骨補填をしておいたのだ。
なので、本日の2本の埋入はシンプルなソケットリフトで行うことができた。
でなければ、サイナスリフト&GBRを行わなければならなかったと思う。
最小限の範囲での弧状切開で、両側で約30分。
仮義歯調整で約15分。

夕方の最後のケースは、下顎小臼歯。
抜歯した穴の名残のある状態での埋入だったので、スターティングポイントが重要。
元の穴にドリルを持っていかれないような細心の注意がなければならない。
初期固定も十分にとれ、不足部分をGBR。
ディレイなので減張切開なしの完全閉鎖で縫合。
約15分の手術でした。

2010102619390000.jpg

静けさを取り戻した、三軒茶屋オペ室。
KAVOのユニットもちょっと疲れ気味の表情だ。
お疲れ様。


posted by Dr.K at 22:12| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SAS(睡眠時無呼吸症候群)A

この前SAS(睡眠時無呼吸症候群)について書きました。
SASは、

・睡眠中10秒以上呼吸が停止すること
・無呼吸が5回以上繰り返されること


というとても恐ろしい病気で、身体に負担をかけるため命に関わるのです。
最近、耳鼻科の先生からご紹介が多いので詳しくご説明します。

睡眠時無呼吸は、上気道閉塞により起こり、原因は、首周りの脂肪、扁桃肥大、アデノイド、気道へ舌が落ちる、巨舌症、鼻が曲がっているなど様々です。肥満している人がほとんどと思われがちですが、日本人は顎が小さく気道がふさがれやすいので痩せているのにSASである方も多いのです。

終夜ポリグラフィー(PSG)という検査で、睡眠状態(眠りの深さや質)と呼吸状態を計測し、脳波や心電図、胸部・腹部の動き、鼻からの気流、動脈血中の酸素の量を連続して計測します。
呼吸状態だけを測る簡易検査もあります。PSGを実施する前に簡易的に検査をする必要がある場合や、緊急性のある場合などに用いられます。
それらの結果を踏まえて総合的に医師が診断します。

治療は、内科的治療、歯科装具、手術に分けられます。

その歯科装具をスリープスプリントと呼び、上気道閉塞を起こさせないようにします。
スタンダードな器具はこんな感じです。

スリープスプリント.jpg スリープスプリント2.jpg

少し固めのマウスピースが下顎を前方に引っ張り、気道確保してくれるのです。
呼吸がしやすいように、何箇所か穴が空いています。

他にも色々な形がありますのでご相談ください。

いびきや昼間の眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などの症状があったら要注意。
SAS(睡眠時無呼吸症候群)を疑ってください。



posted by Dr.K at 19:29| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京和会 KU歯科ホームページへ >>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。