2010年10月01日

秘密兵器がついに!

近代歯科治療の3種の神器と言われた「CT・CAD/CAM・顕微鏡」。
私、それに次ぐアイテムを物色してます。
かれこれ興味を持ち始めてから5年くらい経ちますが、ようやくここ1年くらいで臨床で使えそうなものが2,3みつかりました。
もうすぐ試験的に使い始める予定です。

2010100113160000.jpg

ゲームじゃありません。
さて何でしょう???
わかるかな…。

かなりの秘密兵器です。

ヒントは…、

「ないしょ。」

もったいぶるなって?

違います。

「ないしょ」がヒントです。




posted by Dr.K at 17:32| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インプラント治療実績

治療の流れの中でインプラント治療を選択される患者様。

インプラント治療ご希望され、相談にらっしゃる患者様。


元々当医院は、前者の治療の流れの中でインプラント治療を選択される患者様。が圧倒的に多い。一般治療の流れの中で、入れ歯とブリッジとインプラントの3つの方法の長所と短所を説明し、どの方法がいいかを患者様に選択していただく。ちなみに、すでにインプラント治療をされている患者様はほとんど100%インプラントを選ばれています。それはおそらく期待以上の結果が出ているからで、治療に伴う痛みや腫れのストレスや費用に対してご満足いただいていることなのでしょう。

最近、特に春くらいからインプラント治療ご希望され、相談にらっしゃる患者様が、ものすごい勢いで増えている。そういった患者様は大半私どもの医院だけでなく、2つ、3つの歯科医院で相談をされあらゆる角度から比較検討されているのだ。いわゆるセカンドオピニオンという概念が定着したのでしょう。とてもいいことだと思います。これは、大きなケースになればなるほど重要で、歯科医のコンセプトやスキルによっても大きく分かれるところだし、患者様自身のニーズによっても変わってくる。何が自分にとってベストなのかを慎重に考えてもらうためには重要なことです。

先日ある患者様に質問された。

「先生の医院は、なぜここ数年インプラント治療の埋入本数が減っているのか?」

とてもいい質問である。

imp_gr.gif

上記はインプラント埋入本数を年毎にまとめたグラフです。
患者様の指摘通り5年前をピークに、年々少しづつインプラント埋入本数は減ってきている。
理由は下記の通り。↓

1 インプラント埋入コンセプトが変化した

奥歯は1歯1本。前歯は状況に応じて本数を少なくもするという考え。
  奥歯は機能重視、前歯は審美要求が高い部位だからだ。
  狭い範囲に無理やりたくさんのインプラントを埋入すると、隣の歯との間が接近する。
  そうすると、周囲骨が時間の経過と共に痩せてくる。
  インプラントの強度に関する長期エビデンスが確立された今、
  接近してまでたくさんのインプラントを入れる必要がなくなったというわけだ。
  これは、あまり太いインプラントを入れなくなったのと同様の理由である。

2 簡単な症例をできる歯科医が増えた

  インプラントをできる先生が圧倒的に増えました。
  もう「研究段階で…」なんて言い訳はできなくなりましたからね。
今は、イージーケースなら大半の先生ができるでしょうから。
  最近当医院で行っているインプラントは、難症例ばかり。
  骨不足、高い審美要求、リカバリーなど、アドバンスケースがどんどん増えている。
  大規模骨移植や軟組織移植を伴う複合的なケースがほとんど。
  簡単な症例よりも難症例のほうが、
  経験・実績・技術力などのスキルの差が大きく結果に影響する。
  
これらが、埋入本数が減少している理由なのです。

参考までに…。


posted by Dr.K at 11:28| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟にプロ野球チーム

横浜ベイスターズの身売り話が本格化している模様。
TBSも大変なんですね。
日清やトステムなど、複数の企業が手を挙げている。
そんな今、読売ナベツネが「新潟よし」という発言したようで、波紋を呼んでいる。
今シーズン、オールスターや巨人戦で使用した時の新しい野球場の評価がとても良かったらしい。

HARD OFF ECO スタジアム ← CLICK HERE!

アルビレックスの地元新潟での人気はすごいですからね。
新潟にプロ野球チームができたら、いったいどうなるんだろう…。
日本海側に1チームつくろうよ。
NSGさん宜しくお願いします。

泉田新潟知事(私の高校の大先輩)、何とかがんばってください。^^
posted by Dr.K at 10:18| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京和会 KU歯科ホームページへ >>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。