2010年10月05日

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンは重要です。
複数の歯科医の意見を聞き、病態をきちんと理解する。
どのような治療法があるかを勉強し、それぞれの利点欠点を理解する。
そのうえで、どのように治療するかはご自身で判断するのです。
問題が大きければ大きいほど、セカンドオピニオンは重要になります。

私の医院には、セカンドオピニオンで来院される患者様も、他の歯科医院にセカンドオピニオンに行かれる方も両方たくさんいらっしゃいます。1年後に連絡を頂き、「10件以上の医院で相談した結果、先生にやってもらいたい…」という方もいらっしゃいました。決定までに1年は少し時間がかかりすぎかもしれませんが、それだけ慎重に選ぶことが重要なのです。

そうすると、他の歯科医院でどのような診断・治療計画を説明されたのかをお聞きする機会が多くなります。先生の年齢やキャリアはもちろん、医院のロケーションやその先生の得意分野など。1つとして同じ診断・治療計画はなく全てバラバラです。逆に患者様が混乱してしまうことも少なくありません。どれが良くて悪いということはありませんが、時々「え!」って驚くことがあります。

今日の「え!」は…、

「CTは抜歯後にしか撮らない」

と。(汗)

他の医院で言われたそうですが、全くナンセンスとしか言いようがありません。

CTをインプラント治療にしか活用しないとこのような意見になってしまうかもしれませんが、その前にその歯の状態を詳しく知るためのCTということを忘れています。2次元のレントゲンでは曖昧なことが3次元のCTでは詳しく知ることができるため、正確な確定診断が早くできるのです。
最終的に抜歯することになったとしても、できるだけダメージの少ない確実な抜歯を行うにも3次元データは重要です。
医療において全ての基本は診断であり、そこが間違っていてはその後の治療技術がどんなに素晴らしくても意味がありません。診断の為のCTということを理解していれば、そんな意見は出ないと思うのです。

ちなみに当医院は、

1 診断用CT

2 インプラント埋入シミュレーションCT

3 埋入手術後確認CT


の3枚をほぼ100%撮影します。
デジタルなので被爆量も少なくて済みます。

当医院はこのような考え方で治療をすすめます。

確実で、安全な、低侵襲歯科治療を・・・。





posted by Dr.K at 18:39| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インプラントオペ2ケース

今日は、三軒茶屋「世田谷KU歯科」にてインプラントオペ2ケース。

最初のケースは4ヶ月前に抜歯した上顎7番。
骨再生がうまくいっており、骨質改善のみで単純埋入。
約15分で終了。

続いてのケースは大きな症例。
下顎は両側遊離端欠損。
上顎は無歯顎。
今日は下顎両側に3本埋入と、上顎に先に4本埋入。
上顎は後ほど追加で数本フラップレスで入れる予定。
今日はまず仮義歯を安定させるために、1回法で入れれるところを先に入れました。
仮義歯調整含めて約1時間半。

先日もお話したように、難しい症例が増えてます。
お疲れ様でした。
私も疲れました。^^





posted by Dr.K at 18:18| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

目立たない矯正治療

矯正治療にもいろいろな方法がある。
ワイヤーを使う方法もあれば、透明チューブのようなものを使う方法も。
装置も表もあれば裏もあり、それぞれの症例とニーズにあわせて選択する。
ねじれを戻す程度の軽度の歯列不正であれば、取り外し式矯正のクリアプレートが有効だ。
ここ最近、クリアプレートで部分矯正を行うケースがとても多くなってきている。

2010100417320000.jpg ぴったりはまるとわかりません

透明の窮屈なマウスピースを入れて歯を動かしていく。
その目的やメカニズムはワイヤー矯正と同じだ。
歯根を支える歯槽骨にゆっくり力を加え、骨代謝を利用して歯牙移動させるというもの。
ただその方法が異なるということだ。

YK2.jpg YA4.jpg 治療前

左前歯がねじれて重なっている。
その為、正中に隙間がある。

YA3.jpg YA1.jpg 本日

治療開始から5ヶ月
ねじれはほとんどなくなった。
歯列が揃ったため、正中の隙間もなくなっている。

削らない、目立たない、見えない歯列不正の治療法

こんな方法もあるのです。

ぜひ、ご相談ください。^^




posted by Dr.K at 17:42| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セラミッククラウンの強度

どんなに硬いセラミッククラウンでも、
できるだけ要らぬ衝撃を与えないようにしなければならない。
その要らぬ衝撃とは、

「咬合調整」

である。

出来上がった補綴物を口腔内に装着する際に、咬みあわせ調整を行う。
咬みあわせ調整を行えば行うほど、目に見えないレベルの衝撃がセラミック内に広がる。
硬いセラミックを削ることのできる更に硬いポイントで削るので、当たり前と言えば当たり前だ。
そういったことも、セラミックの破折につながるのだ。

焼きあがって研磨された状態で無調整装着が望ましい。

そうするには、完成前の試適が重要なのです。
複数本になれば当然ですが、咬合が不安定なケースでもできるだけ試適を行う。

2010100415170000.jpg

出来上がり直前↑。

アバットメントとフレームは完成済み。
ホワイトワックスで形態と咬みあわせのチェック。
事前に用意していたチェック用の器具で、精密なかみ合わせも再確認。

材料も重要ですが、こういうことも長期予後に影響があります。
結局は人間なのです。


posted by Dr.K at 15:46| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戸賀さん来院

メンズクラブの戸賀編集長が来院。

かなり昔に入れた奥歯のインプラントが歯肉炎を繰り返している。
骨に異常はないものの、可動粘膜(動く歯肉)がほとんどで角化歯肉(動かない歯肉)がない。
こういう状況だと、頬の動きによってインプラント周囲粘膜が引っ張られるので、炎症がおきやすくなる。
レーザーなど、いろんな方法を試みたがいまひとつ成果が出ず…。
本日ついに、「口腔前庭拡張術」を行うことになりました。

2010100414230000.jpg

素敵な靴の話は全く盛り上がらず…。
緊張でそれどころじゃないと。
そりゃそうだ。

2010100414230001.jpg

吉野院長で麻酔。
優しくお願いします。^^
怖がりな戸賀さんなので。

約10分で無事終了。

天然歯もインプラントも、頬粘膜の動きに影響のない不動粘膜が周囲には必要なのです。
そういったことも、インプラントの予後には影響大ですから。

今週は2,3回来院していただき、レーザーで歯肉の治癒を促進します。
金曜日に撮影があるとの事。
4日あればたぶん大丈夫でしょう。

お大事に。^^

手術写真は掲載できません。


posted by Dr.K at 15:16| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

熊本日帰り

日本のインプラント界の巨匠「添島義和先生」がお亡くなりになった。

国際的に遅れをとっていた歯科用インプラントが、日本で一般に広く認知されたこと。
歯科大学のない熊本が、日本有数の高度なインプラント治療が行われていること。

数え切れないほどの功績を残して、御大は旅立たれた…。

私は平成16年から添島先生率いる「九州インプラント研究会」に参加し、添島先生のおかげでたくさんの素晴らしい先生方とお付き合いさせていただいている。私の今の歯科医業に対するスタンスは、添島先生なくしては考えられない。論文や症例発表の指導などはもちろん、阿蘇の別荘に招いて頂きゴルフをご一緒させていただいたりと、本当に公私共にお世話になった。

訃報を聞き、いてもたってもいられなくなり、今日の朝一番の便で熊本に飛んだ。

久しぶりの熊本がこんな理由になるなんて。
着陸困難で有名な阿蘇熊本空港は、ドシャ降りの涙雨。

2010100311370000.jpg 2010100311550000.jpg

一人寂しく水前寺公園の東寿司へ。
馬刺しが大好物になったのも、添島先生率いる九州インプラント研究会に参加するようになってからだ。
他にもお葬式があるのか、お店は喪服のお客様が多い…。
雨が随分ひどくなってきた。

御大のお通夜は見たことがないくらいの数の参列者。
3つのフロアは人で溢れて、入りきれない弔問者が玄関でたくさん立っておられた。
添島先生のお人柄だろう。
たくさんの方が全国から駆けつけた。

ご焼香を済まし、最終便に乗るために一足早く阿蘇熊本空港へ。

2010100319540000.jpg

福岡での講演からそのまま駆けつけた勝山先生とご一緒になり、出発の遅れた飛行機を待つ間添島先生の思い出話をした。本当に惜しい人を亡くしてしまったと…。
個人的にも、もっともっといろいろなことを教えてもらいたかったのに…。
本当に残念でなりません。

私の歯科医としての人生に大きく影響を与えてくれた添島先生。
ご冥福をお祈りいたします。


posted by Dr.K at 23:17| インプラント研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日曜の歯のトラブルは…

晴天の日曜日。
みなさんおはようございます。

本日日曜日も9時から、

三軒茶屋 世田谷KU歯科

は、診療しております。

日曜の歯のトラブルは、

03-5430-6600

まで。

わたしこれから、羽田空港に向かいます。
新しい国際線ターミナルでなく国内線です。
悲しい出来事です。


posted by Dr.K at 06:49| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

秘密兵器がついに!

近代歯科治療の3種の神器と言われた「CT・CAD/CAM・顕微鏡」。
私、それに次ぐアイテムを物色してます。
かれこれ興味を持ち始めてから5年くらい経ちますが、ようやくここ1年くらいで臨床で使えそうなものが2,3みつかりました。
もうすぐ試験的に使い始める予定です。

2010100113160000.jpg

ゲームじゃありません。
さて何でしょう???
わかるかな…。

かなりの秘密兵器です。

ヒントは…、

「ないしょ。」

もったいぶるなって?

違います。

「ないしょ」がヒントです。


posted by Dr.K at 17:32| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インプラント治療実績

治療の流れの中でインプラント治療を選択される患者様。

インプラント治療ご希望され、相談にらっしゃる患者様。


元々当医院は、前者の治療の流れの中でインプラント治療を選択される患者様。が圧倒的に多い。一般治療の流れの中で、入れ歯とブリッジとインプラントの3つの方法の長所と短所を説明し、どの方法がいいかを患者様に選択していただく。ちなみに、すでにインプラント治療をされている患者様はほとんど100%インプラントを選ばれています。それはおそらく期待以上の結果が出ているからで、治療に伴う痛みや腫れのストレスや費用に対してご満足いただいていることなのでしょう。

最近、特に春くらいからインプラント治療ご希望され、相談にらっしゃる患者様が、ものすごい勢いで増えている。そういった患者様は大半私どもの医院だけでなく、2つ、3つの歯科医院で相談をされあらゆる角度から比較検討されているのだ。いわゆるセカンドオピニオンという概念が定着したのでしょう。とてもいいことだと思います。これは、大きなケースになればなるほど重要で、歯科医のコンセプトやスキルによっても大きく分かれるところだし、患者様自身のニーズによっても変わってくる。何が自分にとってベストなのかを慎重に考えてもらうためには重要なことです。

先日ある患者様に質問された。

「先生の医院は、なぜここ数年インプラント治療の埋入本数が減っているのか?」

とてもいい質問である。

imp_gr.gif

上記はインプラント埋入本数を年毎にまとめたグラフです。
患者様の指摘通り5年前をピークに、年々少しづつインプラント埋入本数は減ってきている。
理由は下記の通り。↓

1 インプラント埋入コンセプトが変化した

奥歯は1歯1本。前歯は状況に応じて本数を少なくもするという考え。
  奥歯は機能重視、前歯は審美要求が高い部位だからだ。
  狭い範囲に無理やりたくさんのインプラントを埋入すると、隣の歯との間が接近する。
  そうすると、周囲骨が時間の経過と共に痩せてくる。
  インプラントの強度に関する長期エビデンスが確立された今、
  接近してまでたくさんのインプラントを入れる必要がなくなったというわけだ。
  これは、あまり太いインプラントを入れなくなったのと同様の理由である。

2 簡単な症例をできる歯科医が増えた

  インプラントをできる先生が圧倒的に増えました。
  もう「研究段階で…」なんて言い訳はできなくなりましたからね。
今は、イージーケースなら大半の先生ができるでしょうから。
  最近当医院で行っているインプラントは、難症例ばかり。
  骨不足、高い審美要求、リカバリーなど、アドバンスケースがどんどん増えている。
  大規模骨移植や軟組織移植を伴う複合的なケースがほとんど。
  簡単な症例よりも難症例のほうが、
  経験・実績・技術力などのスキルの差が大きく結果に影響する。
  
これらが、埋入本数が減少している理由なのです。

参考までに…。


posted by Dr.K at 11:28| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟にプロ野球チーム

横浜ベイスターズの身売り話が本格化している模様。
TBSも大変なんですね。
日清やトステムなど、複数の企業が手を挙げている。
そんな今、読売ナベツネが「新潟よし」という発言したようで、波紋を呼んでいる。
今シーズン、オールスターや巨人戦で使用した時の新しい野球場の評価がとても良かったらしい。

HARD OFF ECO スタジアム ← CLICK HERE!

アルビレックスの地元新潟での人気はすごいですからね。
新潟にプロ野球チームができたら、いったいどうなるんだろう…。
日本海側に1チームつくろうよ。
NSGさん宜しくお願いします。

泉田新潟知事(私の高校の大先輩)、何とかがんばってください。^^
posted by Dr.K at 10:18| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京和会 KU歯科ホームページへ >>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。