2010年10月16日

メンズクラブにあの人が…

ただ今発売中メンズクラブ11月号。

2010101619400000.jpg

谷原章介君、相変わらず2枚目です。

「オヤジのダウンは機能系」のタイトルに誘われて…、

嫌、戸賀さんのオモロネタ探しに購入してじっくり拝見。

なんと、

2010101619410000.jpg こんなところに!!!

「メズクラブ」に、青山KU歯科の吉野院長が出ているではないですか。

しかも鮮やかな赤のドレスで。

あなた、いったいいつの間に。^^




posted by Dr.K at 19:58| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

小児矯正キャンペーン!

欧米ではあたりまえの矯正治療。
先進国の中で最も口腔意識の低いと言われる日本でも、ここ数年はだいぶ一般的になってきました。

大人になってからの成人矯正ももちろん重要ですが、骨格の成長過程に後押しして動かす小児矯正治療のほうがはるかに身体に優しいのです。みなさんご存知ですね。

2010060810310000.jpg 歯の生え変わり…神秘的だ

元々歯列をきれいに揃えておけば食べかすも溜まりにくいですし、
もしも溜まったとしても自分で清掃することも簡単です。

そういう意味で、究極の予防歯科治療は小児矯正と言っても過言ではないでしょう。


15周年記念キャンペーンで、小学生の小児矯正料金を特別価格で提供します。

通常350,000円(税別) → 300,000円(税別)
診断料含む


本日も渋谷KU歯科に小児矯正カウンセリング。
患者様であるお母様と一緒に、小学3年生の男の子。
矯正治療開始決定いたしました。

ぜひ、この機会にご相談ください。^^
来年3月までの15周年キャンペーンです。

posted by Dr.K at 01:23| KU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

青山KU歯科 移転のお知らせ

青山KU歯科 移転のお知らせ

この度、青山KU歯科は11月4日(木)より下記に移転することになりました。
移転先は、現在の青山KU歯科から青山通りを赤坂方面に約5分の近隣です。
尚、移転に伴い診療時間が変わります。詳細は下記をご覧ください。
電話番号、メールアドレス等の変更はございません。
現在通院中の患者様には、大変ご迷惑をおかけしますが何卒よろしくお願いいたします。

【移転日】   平成22年11月4日(木)

【所在地】   〒107-0062
         東京都港区南青山2-12-16 石塚商事ビル4F

【TEL】     03-3479-0788

【診療時間】  10:00〜19:00

【休診日】 土・日・祝祭日

20101018185526.jpg

尚、平成10月29日(金)〜11月3日(水)は、移転準備のため休診とさせていただきます。

posted by Dr.K at 18:13| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インプラントオペがいっぱい

今日の渋谷はインプラントオペが3ケース。
そのうち2ケースは骨補填併用の難しいケースでした。

2010101317460000.jpg 

カムログインプラントシステムを使用。

埋入されたインプラントの周囲には、厚みのある歯槽骨が十分量なければならない。
天然歯の根や隣のインプラントとの距離が近く薄い骨しか残っていないと、その骨は時間の経過と共に痩せてなくなってしまいます。なので、インプラントの長さ同様太さの選択もとても重要なのです。


posted by Dr.K at 18:00| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

顎がはずれる

年に1〜2名、顎が外れて来院される患者様がいらっしゃいます。
昨日も診療終了後、渋谷でミーティングしていたら三軒茶屋から電話あり
「顎が外れて口が閉じない患者様がいらしているので近くにいたら来て欲しい」
とのこと。患者様は全く話すこともできず、携帯で…「助けて」のメッセージを出されている模様。

ミーティングを緊急終了し、一目散に三茶に向かい約10分で到着。
大きなあくびをしたくらいの開口量のまま閉じなくなったようで、かなり大変な状況。
こういう場合患者様は焦って閉じようとするので、あえて閉じようとしないように十分に注意し、カクンと関節に収めました。

簡単に済んでよかったです。^^

2010101317190001.jpg モリタ オーラルインフォームより

顎が外れる(顎関節脱臼)とは、関節円板が引っかかり口が閉じなくなる状態。
下顎骨頭部の変形や関節円板の損傷が起きている可能性が高いです。初期の症状としては、口を開く際にカクンと音が鳴るクリック音。変形が大きくなるとマウスピースによる治療でも効果が得られない場合があります。下顎頭部の変形が起こっているのかどうかは、レントゲン診査で確認することができますし、関節円板の状態を確認するには、MRIによる検査が必要です。

ご注意ください。


posted by Dr.K at 17:16| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

ゴルフダイジェストに…

現在発売中のゴルフダイジェスト。

2010101019550000.jpg 10/19号 ガルシアが表紙です 

なんと私が出てるのです。^^

2010101019560000.jpg 220・221ページ

先日開催された「アメリカンエクスプレス ビジネスカード&ゴルフ」の模様が掲載。
挙式1週間前の東尾理子プロをゲストに、小雨の中でしたがとても楽しい1日でした。
ちなみに私のコメントたくさん載ってます。
写真も小さいですが3つ。

笑えます。^^

posted by Dr.K at 23:41| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第二次CAD/CAM戦争

デンタルショーをうろうろしていると、数メートルごとに誰かに声をかけられる。
目的を持って最短順路で歩かないと、挨拶だけでかなりの時間を消費してしまうから注意が必要だ。
普段あまり行くことのない日本のデンタルショーであるが、せっかく横浜まで行ったので数時間展示スペースを徘徊してみた。

今回のショーを一言で言うと…、

第二次CAD/CAM戦争

だ。

というよりも、それ以外あまり目新しいものはなく、人もあまり入っていなかった印象。
厚生労働省の認可が遅れ、歯科業界でもガラパゴス諸島になっている日本ですから、まず周辺アジアからの参加者は皆無である。周辺アジア諸国の近代歯科医は自国で十分な情報が入るからだ。上海・北京のデンタルショーは年々規模が拡大しているし、お隣韓国のデンタルショーも相当賑やからしい。

今回のデンタルショーで発表されている商品の大半が、2年前ドイツケルンのIDSで展示されていた。
おおよそ2年遅れで日本に入ってくるといわれているが、本当にその通りでちょっと驚き。

なぜ 第二次CAD/CAM戦争

かというと…、

チェアサイド型の光学印象カメラ戦争


だからなのです。

2010101014040000.jpg シロナ社 セレック インラボ

当KU歯科で導入しているシロナ社セレックに代表されるチェアサイド用光学印象カメラ。
従来の印象材で型を採り石膏模型上で補綴物の製作を行うことなく、取り込んだデータからシミュレーション用ソフトウェアの中でデザインする。

2010101014180000.jpg 3M LAVA

3MLAVAから静止画でなく動画で読み取るシステムが発表されていた。実際に動かしてみたが素晴らしいハンドリング。これは相当スムーズである。2年前のケルンでは黒山の人だかりだったが、今回のデンタルショーではそんなに大きな注目はなく。個人的には最も興味のあるところだったので一目散に3Mブースに向かったのだが…。チェアサイド光学印象カメラは他数社がすでにヨーロッパでも発表済み。ちなみに某メジャーインプラントメーカーも当然ラインナップしている。

2010101014080000.jpg 2010101014060000.jpg

イボクラーのブースは大変な賑わい。現在最強の補綴物と言われるe‐maxの更なる向上の為にKU歯科スタッフはテーブルクリニックにも参加。審美を追求しながら長期維持させるためには、正確な補綴物の製作と装着や咬合調整は当然だし、材質の選択も重要だ。

永遠のテーマですね。


posted by Dr.K at 08:38| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピエゾサージェリー

週末は横浜みなとみらい。
パシフィコ横浜で開催される、国際歯科大会に行って来ました。
私がインストラクターを務める「ピエゾサージェリー(超音波骨切装置)」の開発者であるT・ベルサロッティの講演です。

2010101013160000.jpg 2010101011070000.jpg

ピエゾの適応範囲は大きく広がってきており、インプラント埋入用のチップが数年前からラインナップされている。従来の回転切削器具に比べて組織へのダメージが小さいので当然の流れと思うのですが、組織学的にこんなに大きなアドバンテージがあるとは思わなかった。詳しくはピエゾセミナーなどでお話したいが、インプラント埋入=ピエゾという大きな流れの予感を改めて感じるいい機会だった。

2010101013340000.jpg

T・ベルサロッティ先生は歯周病専門医。
周囲組織へのダメージを最小限にという考えからのピエゾ開発だったのも理解できる。
非常に臨床的な考え方の素晴らしい講演でした。

それにしても、こんなに大きな人だとは思いませんでした。


posted by Dr.K at 08:31| インプラント研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

下顎大臼歯2本

8月に抜歯した下顎大臼歯2本。
本日9時から、三軒茶屋世田谷KU歯科でインプラント埋入。
深井先生とジョイントでの手術でした。

抜歯時の骨ダメージを口腔内写真で記録していたので、
約1ヵ月半でどれだけ自然に骨再生したかが良くわかる。
やはり抜歯時の準備がどれだけ重要かを感じながら、
2本のインプラント埋入。

2010100909540000.jpg

ストローマンインプラントシステム WN 4.8mmx10mm
ストローマンインプラントシステム RN 4.8mmx10mm

を選択。

ボディは直径4.8mmと同じだが、上部構造との連結部の襟の形態が、WN(ワイドネック)とRN(レギュラーネック)と別々のものを使った。
なぜ2本とも同じものを使用しなかったのか???
それにはきちんと理由があるのです。


posted by Dr.K at 16:57| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

歯科衛生士の卵ちゃん見学

例年10月になるとリクルート活動が活発になります。
今年もたくさんの歯科衛生士の卵ちゃんが見学にいらっしゃるでしょうか?

2010100817390000.jpg

本日も1名。
ちょっと不安な表情で診療見学です。

インプラントの最終印象
インプラントの仮歯調整
抜歯&のう胞摘出

・・・・・などなど。
約2時間じっくり見学です。

面接お待ちしてます。^^
お早めに。


posted by Dr.K at 17:48| スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

看護師さんの親知らず

最近なぜか看護師さんの患者さんが多い。
なんでだろう…。

現在矯正治療中の某大学病院勤務の看護師さん。
歯並びの天敵「水平埋伏知歯」つまり「真横に埋まった親知らず」を抜歯。

2010100719270000.jpg !

すごい食い込み方…。(汗)
約20分ほどで抜歯終了。
ちょっと大変でした。
少し腫れると思います。
でも、矯正治療できれいな歯並びを手に入れるにはしかたないですね。

お疲れ様でした。



posted by Dr.K at 08:01| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

看護師さんホワイトニング

看護師さんがホワイトニングで来院。

・基本検査
・口腔内写真撮影
・スタディモデル

ここまで約15分。
大きな虫歯があったり重度の歯周病だと、ホワイトニングはできません。
まずはそのチェック。
その後、ホワイトニング前の色を患者様と確認。

・歯石除去
・表面研磨

これがまた約15分。
スケーリングを行い、特殊なペーストで歯の表面をツルツルにします。

2010100716130000.jpg

粘膜に薬液が触れないように唇を開く装置をつけます。
唾液を吸う器具を入れて、オフィスホワイトニングスタート。
初日は、約8分を3回。

キラリと光る白い歯のナース。
白衣に白い歯。
素敵です。^^

posted by Dr.K at 16:38| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口腔内写真撮影の重要性

矯正治療も、審美歯科治療でも、
歯周病治療でも、もちろんインプラントも。
口腔内写真撮影は重要です。

矯正治療は、歯列不正を治す治療なので当然。
審美歯科治療も、ビフォーアフターの記録は重要。
歯周病治療は、歯肉の炎症程度の確認や、歯肉退縮・根面露出のチェックに必須。
インプラントは、骨の確認だけでなく今は歯肉の変化を見なければならない。

そんなことで、レントゲンやCTと同じくらい口腔内写真は重要なのです。
そして、撮影機会が多い。

歯科医の先生方が全ての口腔内写真を撮影することができればいいが、
残念ながら物理的にそれは不可能。
歯科医は歯科医にしかできない歯科治療を優先しますので…。
もちろん「これ」といった重要なケースだけ撮影するのであれば可能かもしれないが、
KU歯科は大半の患者様で口腔内写真撮影を行いますから。
5つの医院あわせて、毎月約1000名の患者様が来院されるので、
歯科医が写真撮影を全て行っていては効率が悪いのです。

2010100714520000.jpg

なので、KU歯科の口腔内写真撮影はスタッフが行います。
春先の院内勉強会でみっちり教育されたスタッフが、患者様にご協力いただき撮影いたします。

YA4.jpg YA1.jpg

この写真は、「取り外し式矯正装置」のビフォーアフター

治療上、口腔内写真撮影はとても重要です。
少し苦しいですが、皆様ぜひご協力ください。

posted by Dr.K at 15:48| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青山に修学旅行?

渋谷に続き、青山にも修学旅行か!
…と思いきや、エイベックスビルに来てるんですね。

2010100709350000.jpg 

今年、ものすごく大きなビジョンができたから、若い子たちの観光名所になってるのかな。
あゆやEXILEに会えるかな〜。^^
たまに隣のポプラで買い物してるけど…。
音楽業界盛り上げないとね。
エイベックス見学に来た人は、必ずCD買うように。

修学旅行の季節なんですね。
東京見物楽しんでください。
ちなみに今まだ朝9時半だよ。
高校生、早起きだな…。


posted by Dr.K at 09:50| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サーターアンダギー

沖縄におばあちゃんがいるスタッフからの差し入れ。

2010100611580000.jpg

サーターアンダギー。

サーターは砂糖。
アンダギーは揚げ物。

沖縄伝統の、砂糖多めの球状ドーナツですね。

黒糖入りで香ばしい。
やはり手作りはいいな〜。


posted by Dr.K at 08:18| 食道楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キーワード検索

ホームページやブログ。
それぞれにアクセス解析機能があります。
このブログにたどり着くまでにどのようなプロセスをたどったのか…。
そんなことがわかるのです。

キーワード検索。
どんなキーワードでこのブログにたどり着いたのか。
何人の人がどんなキーワードで私の独り言を見てくれたのか。
それらがわかります。

2010100616050000.jpg ← Click here!

昨日の検索。
いろんなキーワードで訪問されているようですが、
ありました…、

鬼もずく

・・・・・。

おそらく新潟の寿司屋で鬼もずくを食べたときのキーワードだと思います。

鬼もずくで歯科医の独り言。

遠いな…。

かなり。


posted by Dr.K at 08:07| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイから一時帰国

4ヶ月前に上顎臼歯部に3本のインプラントを埋入。
タイに永住されている日本人患者様で、一時帰国中の治療開始でした。
メールで時々状況確認してましたので、傷口や仮歯も問題ないのは把握済み。
本日午後来院されました。

2010100616290000.jpg

前歯とあわせて計10本の最終印象。
そして咬合採得。
その後仮歯を調整。

その後、あと1箇所残っているインプラント埋入を決行。
4ヶ月前に抜歯した左上7番。
骨再生ができていたので、単純埋入で約15分。

午後2時から夕方5時半まで計3時間半。
大変お疲れ様でした。

19日までの滞在期間中に、10本は最終装着予定。
スケジュール通り順調に進んでおります。^^




posted by Dr.K at 07:52| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

修学旅行でKU歯科^^

渋谷KU歯科に修学旅行です。^^
広島県のK高校女子高生4人組。
社会見学にいらっしゃいました。
2年生の彼女たちは歯科衛生士に興味があるようで…。
午前中は日本歯科大学へ。
午後は渋谷KU歯科に診療見学にいらっしゃいました。

2010100614050001.jpg 

初めての白衣。
大分緊張気味です。

2チームに別れ、インプラント手術見学と、インプラント最終印象を見学。
アニメーションでインプラント治療を解説。
その後はKU歯科の歯科衛生士に質問コーナー。
あっという間の2時間でした。

2010100614580000.jpg

偶然クリーニングに来ていたタレントの大原かおりちゃんと記念撮影。
おれ、邪魔じゃない???^^

はるばる、お疲れ様でした。
歯科業界で待ってます。^^




posted by Dr.K at 16:21| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インプラント7年目

定期健診の患者様。
右下7番に7年前に入れたインプラント。
奥に親知らずを残してあるが、大変よくお掃除していただいている。

2010100612350000.jpg 2010100612360000.jpg

さて問題です。

どっちが7年前の上部構造装着後のレントゲンで、どっちが7年後の本日のレントゲンでしょう?

…ってくらい、良好ということです。
歯肉退縮もほとんどなく、歯槽骨吸収もわずか。
全く問題ありません。

入れて終わりでないインプラント治療。
むしろ、インプラントを入れてからがスタートなのであります。

答えは、右が本日撮影レントゲン。


posted by Dr.K at 13:05| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

感動の瞬間

役者Mさん。
本日、感動の日を迎えました。

前歯のインプラント治療。
根の膿がとてつもなく大きく、ブロック骨移植を行ったケース。
かれこれ抜歯から8ヶ月ほど経過しました。

そして本日ついに、

2010100519050001.jpg

この、取り外し式の仮歯から…、

2010100518470001.jpg

固定式の仮歯に変わるのです。

もちろん歯肉の形態を整えるのにあと数ヶ月はかかりますが…、
入れ歯から固定式になるわけですから、かなり違和感が少なくなり快適になるのです。
口腔内の装着写真は後日。

ともかくおめでとうございます。
やっとここまできましたね。
するめとか食べないように注意してください。
徐々に、徐々にです。^^



posted by Dr.K at 23:41| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京和会 KU歯科ホームページへ >>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。