2010年09月10日

歯科医のインプラントオペ

優雅な女性歯科医師。^^
本日渋谷KU歯科に来院。
3ヶ月前に歯根破折で抜歯した下顎7番にインプラント埋入。

2010091011490000.jpg 余裕の会計(笑)

全層弁剥離すると抜歯したときの穴は全て埋まっている。
たったの3ヶ月で…。
骨補填材料を入れたわけでもなく、自家骨移植をしたわけでもない。
大臼歯の大きな穴が完全に平らになっているのだ。
スタッフ一同驚きました。

シンプルな術式でのインプラント埋入。
約10分で終了。
お疲れ様でした。

自分で消毒・抜糸お願いします。
・・・なんて無理ですね。




posted by Dr.K at 11:57| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

矯正治療中患者様が…

おそらく過去最大です。
KU歯科グループの矯正治療患者様の人数。
現在矯正治療で通院中の患者様は約170名。
保定装置装着中の経過観察患者様が約40名。
合計210名の矯正治療患者様が通院されています。

昨日は渋谷KU歯科が矯正治療日。
私も初診カウンセリングの立会いで夕方渋谷医院に戻りましたが、
待合室がパンパンの状態でした。
矯正患者様だけで37名の来院。

歯列矯正治療が単なる審美目的でなく、
咬みあわせのバランスを整えることや、
それによって咬合負担が減少し歯周病の改善すること。
なによりも歯列が整ってくると、
唾液で汚れを流してくれやすくなる上に、
溜まった時の掃除もしやすくなります。
なので、歯列矯正治療は機能回復や予防にもつながってくるのです。

そういった本当の意味での原因根絶型歯科治療が理解され、
高い口腔意識を持つ患者様が増えてきていることのあらわれなのでしょう。

・最小限の削合による虫歯処置
・欠損部にはできる限りインプラント
・歯列不正、咬合改善、予防目的の為の歯列矯正
・メンテナンスシステムによる口腔管理


全てあわせて、削らない歯科治療です。

矯正患者様の増加はKU歯科のコンセプトの理解の賜物と思います。

究極の予防歯科治療は「矯正治療」。

お父様、お母様、お子様の長い人生の口腔管理を楽にするために、
歯列矯正をぜひご検討ください。^^


posted by Dr.K at 09:47| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

担当衛生士

KU歯科グループは担当歯科衛生士制です。
だって、患者様の細かい部分はカルテで伝達仕切れないところがありますからね。
ちなみに2人で担当している患者様もいらっしゃいます。
2人の4つの目で注意深く管理するのです。

2010090919080000.jpg

この春入社の新卒歯科衛生士Kちゃん。
担当患者様の定期健診がんばってますね。
最近は余裕さえ感じます。^^

長持ちさせてくださいね。^^


posted by Dr.K at 01:47| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京和会 KU歯科ホームページへ >>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。