2010年09月09日

歯科臨床の変化

臨床経験が長くなればなるほど…、
高いゴールを目指すようになればなるほど…、
基本的なことを見直すようになる。

若い頃は派手な審美補綴やインプラントの大規模骨移植などに興味が集中しがちで、
他の重要な部分を見過ごすことも少なくない。

私の臨床も年々変化しており、
基本的なコンセプトである全体解決は変わらないものの、
その具体的な方法は昔とかなり違ってきている。

虫歯治療も支台築造も、できるだけ歯質削除量を最小限にするために直接法が中心になった。私が歯科医になった頃とは比べ物にならないくらい接着がよくなっていることも影響している。
ちなみに私が現在最も興味のあることは笑われるかもしれないが接着である。

インプラント治療も抜歯から…、嫌、診断の時点から前準備を始めるようになった。
抜歯時に骨再生を促す処置を行うことで、その後行われるインプラント埋入が単純化され成功率も上がるからだ。おまけに、治療費も安く済み、期間も短縮され、患者様の痛みや腫れも少ない。

歯をできるだけ削りたくない、咬みあわせのバランスをよくしたい。
根本的な原因が歯列不正だとしたら、矯正治療をすすめる。
歯並びがよくなることで歯周病や虫歯リスクも下がるので2重にいい。

先日、歯周病界で御高名な先生のクリニックに遊びに行った。
その時互いのケースを見ながら、ディスカッションした。
その先生のおっしゃった言葉で印象的だったのが、

「天然歯を残す努力をしない人はインプラントをやらないほうがいい」

まさにその通りだ。
何でもかんでも抜歯してインプラントにしてしまう歯科医が増え、まだ年齢もお若いのにどうするんだろうというケースを拝見することが多くなった。ついこの前も相談にいらした患者様の口腔内とレントゲンを拝見して涙が出そうになった。

そんな憤りを感じながら毎日臨床に汗を流しているが、
ひとつだけどうだ!と自慢できることがある。

私の命名した

「東京予防インプラントセンター」

という名称だ。

もうかれこれ10年以上になるが、最初は「予防とインプラント」って?
・・・と、よく言われたものだ。
私が言いたかったのはこういうことで、インプラントをするにはできるだけ天然歯を残すだけのペリオの知識と技術が必須で、更に終わった後のメンテナンスができなければ何の意味もない。
なので、予防とインプラントはリンクするのです。




posted by Dr.K at 19:36| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクアラインを走る

2010090911050000.jpg  

アクアラインのトンネル。
とても海底とは思えません。
途中で大地震が起こったら大変なので、早く渡らなきゃ…。

2010090911110000.jpg

平日なので海ほたる渋滞もなし。
快晴で気持ちいい…とまではいかないまでも、いい天気です。
久しぶりに走りましたがアクアライン最高。^^

2010090917320000.jpg

千葉に宇宙ステーションが…。
って、ここは歯科医院です。
すごいでしょ。

2010090911280000.jpg

かれこれ十年以上お世話になってますI先生。
いつも的確なアドバイスをありがとうございます。

いろいろと相談してきました。
近々、若い衆連れてまたお邪魔させていただきます。^^

posted by Dr.K at 17:51| インプラント研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木曜は…

祝日のない木曜は調整日。
大学に行ったり、出張オペに行ったり…。
気ままな一人旅に出たり…。
週変わりでいろいろです。

今日はこれから千葉へ。

何をしに行くかって?
それは秘密です。
秘密にする必要もないのですが、
インプラント虎の穴に気合を入れてもらいにってところでしょうか。^^

夕方は渋谷に戻る予定。
午後は矯正治療日なので、ものすごい混雑だと思います。
矯正カウンセリング患者様が数名いらっしゃいます。
私も立ち会います。

曇ってるなあ…。
雨振らないといいな…。
ひさびさドライブだからね。

posted by Dr.K at 08:48| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京和会 KU歯科ホームページへ >>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。