2010年09月03日

咬合力分散

歯は1本単位ではありません。
口腔という1つの組織です。
1本1本形が違うのは役割が違うから。
前歯に奥歯の役割をさせたらひとたまりもありません。

奥歯の咬み合わせが崩れてくると、前歯に過剰な負担がかかります。
根も単独1本で、下前歯の先端が上前歯の裏側を突き上げている前歯。
奥歯がしっかり咬めないと、前歯が出っ歯のように前に突き出てきて、
だんだん隙間が空いてきます。
差し歯なら、歯根が折れたり、土台ごと取れてしまったり…。
こんなトラブルの原因は、奥歯のかみ合わせ不十分からくることが多いのです。
なので、奥歯の問題を解決せずに、前歯の審美治療だけを行う。
これはダメです。
どんなにいい材質ものもを入れても長持ちしません。
なので、歯は1口腔単位の治療が重要なのです。

2010090315180000.jpg

初診時

2010090315170000.jpg

インプラント埋入終了

今日のオペ終了直後には、

「もう終わったのか?」

と言われました。

私にとって最高の褒め言葉です。
ありがとうございます。

歯で本気でお悩みの方。
ややこしい問題の方。
ずっと歯医者通いしている方。


お待ちしてます。^^



posted by Dr.K at 21:27| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京和会 KU歯科ホームページへ >>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。