2010年09月29日

いつも笑顔でお迎え

KU歯科はいつも笑顔で皆さんをお出迎えします。

2010092917410000.jpg

かぼちゃもね…。

渋谷南平台より。






posted by Dr.K at 22:58| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日は木曜日なので…

明日は木曜日なので、世田谷、成城、南品川が休診です。
私も木曜日は調整日。
大学にいったり、出張手術に出かけたり…。
セミナーでしゃべったり、完全休養日だったり…いろいろです。
明日は渋谷でインプラントカウンセリングが夕方入っています。
なので、15時半過ぎは渋谷にいます。

御用の方は渋谷まで。^^

明日は雨かな。雨

posted by Dr.K at 18:44| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まだまだいくよ^^

もうすぐ10月というのに…。
自宅のハイビスカスはまだまだいけそうです。

2010092808480000.jpg

真夏よりも元気あるんじゃないかな…。
葉も大きくなってきてるし。

熊男が花の話なんておかしいでしょうが、
まだまだいきますハイビスカス。

2年目の年越しいけるかな。


posted by Dr.K at 17:16| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インプラント8年目に突入

8年前、右下6番の中間歯欠損部に入れたインプラント。
本日上の被せ物が緩んで来院されました。

FU1.jpg FU2.jpg

歯肉の炎症もなく、アバットメントの緩みもない。
清掃して本日再装着。

年2回の定期健診にきちんといらしていただいてますので、
歯槽骨の吸収もほとんどなく非常にいい状態です。

FU3.jpg

ストローマンインプラント WN 4.8X12mm

8年目を迎えるインプラントですが、快適に使えていると喜んでおられました。^^
もっと長持ちさせましょうね。
次回定期健診御待ちしております。


posted by Dr.K at 17:11| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

CAD/CAMの将来

口腔内で型を採り、石膏を注いで作業模型を製作する。
印象材も石膏も、収縮したり膨張したりと精度には限界がある。
もちろんヒューマンエラーも大きくなる。

数年前に比べ、スキャニングとミリングが格段に進歩し、
CAD/CAMで製作できるブロックもかなりいろいろなものが出現した。
インレーやクラウン・ブリッジはもちろんのこと、各インプラントシステム用のジルコニアアバットメントのブロックも海外ではかなり前から市場に出ている。

レントゲンシステムの導入率90%以上、歯科用CTの導入医院が約1000件と、設備投資大国日本の歯科医院ですが、このCAD/CAMについては非常に難しい選択を迫られている。

CAD/CAMは読み取るスキャナーと削るミリングマシーンに分かれており、次々と読み取り精度の高い新製品が開発されており、ブロックを削るミリングも軸の数が増えてかなりフィットの高い機械が出現している。インプラントにおいては、メジャーメーカーは独自のCAD/CAMシステムを自前で持つが、他のシステムには対応できなかったりする。どんなインプラントシステムでも対応可能なCAD/CAMシステムも出現し、複数メーカーのインプラントを持つ私としては最も興味のあるところだ。
そんなこんなで、各システムでの競争は過激になるばかり…。

2010092810150000.jpg 2010092811280000.jpg

そんな中、セレックは毎日がんばってます。
私の医院に在るものは単独1歯にしか対応できないタイプですが、スキャナーとミリングがオールインワンでできるものとしては国際的に最上級レベルであると思う。セレック導入後、メタルフリー(金属不使用)での歯科診療スタイルに拍車がかかったのは言うまでもない。

2010092811320000.jpg お疲れさん…

近々、KU歯科グループにはちょっとしたニュースがあります。
お楽しみに。^^


posted by Dr.K at 11:05| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

歯科ドッグ

人間ドッグもあれば歯科ドッグもあります。
本日は、他医院で数年前に入れた差し歯を見て欲しいという患者様が受診されました。

数ヶ月前から、根の先の違和感があるそうで…。
強く咬んだときに咬合痛もある。
若干の動揺もありました。

2次元のレントゲンと3次元のCTを並べて説明。
前歯6本の差し歯のうち、2本の根の先に膿ができていました。
そのうち1本は直径約8ミリと結構なサイズ。
神経の入っている根管に最後に入れるお薬が、3ミリほど外に飛び出ている状態でした。

2010092718110000.jpg

太い金属製のコア(支柱)が入っているため、
再神経治療をするにも負担がかかるし、
歯根端切除のう胞摘出をするには根が元々短いので心配だし…。

今後どのようにしていったらいいかをゆっくり検討していきましょうということになりました。

これとは別問題で、下奥歯が2本抜歯したままです。
本来奥歯で負担すべき力を前歯が過剰に負担していることで、
寝た子がおきてしまうことがあるのです。
そういう意味でも全体解決が必要なのだとご理解いただきました。

歯科ドッグにはたくさんの項目がありますが、
デンタルCTによる精密診断は最も有効だと思います。
ヨーロッパの覆面調査でナンバー1の評価を得たモリタ3DXによる精密診断。
インプラントのセカンドオピニオンや、低侵襲親知らず抜歯など、
様々な場面で活用されております。

ぜひご相談を。^^




posted by Dr.K at 18:33| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

青山散歩

天気がいいので青山に散歩に出かけました。

2010092613560000.jpg

お気に入りの青山ファーマーズマーケット。
国連ビル前は大賑わいです。

2010092614010000.jpg

お気に入りのアジアンキッチンを発見。
トムヤムクンのフォーは売り切れだったので、今日はトムヤムクンリゾット。
かなり美味い!!!
ここは、1番のお勧めです。

2010092613580000.jpg 2010092614020000.jpg

うちの3女と4女は人気者になってました。
カムはすっかり余裕の雰囲気。
周囲に愛想振りまきながら、時にはすまし顔も
ペコは人が多くてちょっとドギマギ。
まゆも少し上がり気味。^^

同じチワワでも全然性格が違うんですよね。
カムは自分のことを犬って思っていないくらいの犬嫌いだし…。
ペコは社交的で誰とでも遊びたいし…。

人間と同じだ。^^


posted by Dr.K at 21:52| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日曜日の歯科診療

三軒茶屋の世田谷KU歯科の日曜診療。
本日は10名以上の患者様が来院。
初診患者様は5名。

2010092610180000.jpg 

日曜診療は笠間先生。
笠間先生は成城学園KU歯科を担当しています。
小さな身体でパワフルにがんばってます。

2010092610180001.jpg

今日は矯正担当若松先生も。
矯正専門医でありながら、一般歯科の知識と経験も豊富な歯科医です。

緊急対応だけでなく、
KU歯科のコンセプトである
「全体解決・原因根絶型歯科診療」
を目指して通院される患者様がだんだん増えてきました。

忙しいなあ…。^^


posted by Dr.K at 21:44| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

日曜日の歯のトラブル

土曜日も、日曜日も、深夜も…、
歯のトラブルは突然襲ってきます。

そんな日曜日には、

三軒茶屋 太子堂 世田谷KU歯科

9時〜15時

電話 03−5430−6600


2010091113010000.jpg

国道246号線沿い渋谷方向
昭和女子大前バス停前
駐車場は昭和女子大前パーキングへ


日曜の歯のトラブルはご相談はご連絡ください。

東京中から来院されていただいております。

日曜日の歯のトラブルは、

三軒茶屋 世田谷KU歯科

をお忘れなく。

posted by Dr.K at 23:45| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

無影灯もメンテナンス

渋谷と世田谷のオペ室の無影灯。
導入してから何年になるのかわかりませんが、本当に助かっています。
動きはスムーズだし、視野は明るいし、熱も持ちません。

2010092412140000.jpg ALM社オペ無影灯(仏)

約700〜800時間で球を交換。
1,2年に1度、中の清掃も兼ねてチェックします。

午前のインプラントオペは2ケース。
視野の明るい中でスムーズに終了。

そんなことで、無影灯サービスの方に本日久しぶりのメンテナンスにいらしていただきました。
無影灯もメンテナンスが重要です。^^



posted by Dr.K at 13:18| KU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

口の中からこんな物が…

まさか、口の中から…、

2010092410070000.jpg !

たこウインナーが出てくるなんて…。

なんて、冗談はさておき。

これは本日抜歯した親知らず。
おそらく、歯根が上顎洞底の皮質骨に沿ってよけた形でできてしまったのだと思う。
まるでたこウインナーか、大また開脚でストレッチしているようだ。
半分歯肉に埋まっていたので虫歯になりご自宅の歯科医院で抜歯をされたところ、
「虫歯がひどくてぬけない」
ということで抜歯中断…。
痛みに耐え切れず当医院に来院されたというわけです。

へーベルをかけて30秒で抜歯終了。

2時間かけて抜歯を断念されたのはなんだったのか…。
そんなことをブツブツつぶやくDさんでした。
ともかく本日解決してよかったですね。^^



posted by Dr.K at 12:31| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インプラントの失敗やトラブルB

回りくどい言い方をしていますが要するに…、

自然発生的なトラブルもあれば、人為的な原因のトラブルもありえる

ということだ。

技術不足や経験不足などはもちろん、最初の診断治療計画の段階でのミスが多い。
器具や道具を過信し本来起こすはずのないようなトラブルが起きたり、自分の実力以上の処置を行ってうまくいかなかったり…。アンバランスな咬合負担でインプラント埋入本数やポジションを決めたり。本当に様々である。

先日、ある人に質問された。
その内容は、私がフォローした他医院でのインプラントケースについてだ。
正しい方向に入っていなかったインプラントの先端は頬側に突きぬけ、歯肉がひどい炎症を起こしているにもかかわらず2次オペまで終了し、今にも上部の被せ物を作るところで患者様が転院されてきた。舌側に突き抜けるほどの大問題にはならないまでも、このまま上部構造を装着したとしても、炎症がなくなることは残念ながらない。という判断と患者様の希望で、インプラントを撤去し、やり直しを行ったのだ。
質問したのは残念ながら経験の浅い方か、失敗やトラブルがないことにしたい先生や業者さんたちと思われ、そのCT画像を見て当たり前にわかることを読み取ることができず、的外れの質問だった。おそらくインプラント治療の失敗やトラブルを公表して、一般の方々へのインプラントの信頼をなくすなという私への警告だったのではないかと思う。

はっきり言って論外です。

長々説明しているように、インプラント治療は誰がやっても同じ結果にはならないことは明白。
しかも、そのことはおそらく大半の一般の方が気づいてきていると私は思います。
激安インプラントに飛びついた時代から、自分の身体に安心安全なものをという時代にスイッチしてきていると思うのです。これは様々な場面で感じます。
そんな一般の方が当たり前に知っていることを、「インプラント治療は誰がやっても安心安全」という間違ったインフォメーションを出すのはどうかと思うのです。

正直に、

インプラント治療に限らず歯科治療全体は、担当する術者の考え方や治療技術によって、とてつもなく大きな差が結果に現れる

と、言って欲しい。

そして、そうならないためのヒューマンエラーをなくすための器具器材と、使う側の教育を同時進行で行い、本当の意味での安心安全なインプラント治療を提供できたらと思います。

心あるインプラントメーカーや関連企業は、最近新たな角度のセミナーや講演会を行っている。

インプラントのトラブルに対しての対応
高齢者のもつ合併症の注意点
スタッフ向けのインプラントマネージメントセミナー


などなど…、インプラント埋入セミナーだけでなく、その後のインプラントの付き合い方をテーマにした内容が増えてきているのです。

私ごときが偉そうな事を言ってますが、上辺のいいことばかりでなく欠点もきちんと説明して、患者様に比較検討して選択してもらうことが大切だと思うのです。

ここは私のブログ。
あくまで独り言なのでご容赦ください。^^


posted by Dr.K at 00:13| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

インプラントの失敗やトラブルA

何をもって成功といい、何をもって失敗やトラブルというか。
それにはいろいろな国際基準がある。
ただ存在するだけをデータ化したサバイバルレートもあれば、
もっと精密に診査して、安全に健康な状態でインプラントが機能しているかを確認する指標もある。
歯肉の炎症、出血、動揺、骨吸収の有無などの埋入されたフィクスチャーに関連するトラブル。
アバットメントの緩み、上部構造の緩み、破折、磨り減りなどの被せ物関連のトラブル。
様々な角度から細かなチェックを行う。

どの学術データを見ても、

インプラントの10年生存率(サバイバルレート)は約98%以上

とあるものの、

上に記したフィクスチャーの問題と上部の問題が存在するかどうかとなると、

10年で約30%くらいの何らかの問題を抱えている。

私の臨床実感もほぼ同じだ。

他の天然歯や差し歯が痩せてきているのに、インプラントだけが痩せないわけがなく…。
しかも、歯は自然に磨り減ってくるので、何年か経過すると被せ物の修理などが必要になることもある。インプラントに限らず自分の歯でも差し歯でもだ。
だからこそ、メンテナンス定期健診が重要。
やりっぱなし、いれっぱなしでは何でもだめなのです。

こういった「長期経過の中で自然発生するトラブル」は仕方がないが、それ以外の部分でのトラブルもある。

…続く。


posted by Dr.K at 23:41| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インプラントの失敗やトラブル@

インプラント治療って、誰がやっても同じ結果を得られると思いますか?
歯科治療って、誰がやっても同じ結果が得られると思いますか?


では…、

ゴルフって、誰がやっても同じスコアが出ますか?
絵画や書道は、誰でも同じ作品を描けますか?

これではどうでしょう。

答えは当然NOです。

同じクラブやボールを使っても、使う人が違えば全く違うボールが飛ぶ。
コースマネージメントによってもスコアが変わってくるし、同じスコアがでるわけがない。
絵の具やキャンバスが同じでも、感性や技術力などによっても結果は大きく変わるし、筆、墨、紙が同じでも、皆が素晴らしい作品を作れるとは限らない。
料理がその最たるもので、同じ食材を使っても味は1つとして同じものはない。

要するに、道具が一緒でも使うのは人間だということ。
どんなに器具器材が進歩しても、それを使うのは歯科医だということ。


私の医院は複数のインプラントシステムを取り扱っている。
理由は、「過去に他医院で行った長期メンテナンスを行う機会が増えたことや、トラブル対策をしていくうちに自然に増えたから」である。
私だけでなく都心部で開業される先生方は皆おそらく同じで、本当にたくさんのインプラントシステムに遭遇することが多い。地方にはディーラーが存在しないことから、何かあったときのメンテナンスに不安を感じるのでメジャーな外車が多く、都心部にはその心配が薄いので結構マニアックな外車を乗る人が多いのと似た原理かもしれない。

インプラントメーカーやその関連企業は、インプラント治療の失敗やトラブルそのものが存在しないほうがいろんな意味で都合がいいのでしょうか…。
「インプラント治療は誰がやっても安全な歯科治療法だ」と思われたほうが一般の方々の需要拡大に結びつくし、今まで外科処置の煩雑さやその他いろいろな理由からインプラント治療を行ってこなかった歯科医に対しシステム導入をすすめやすくなる。そういうほうが都合がいい歯科医もいるであろう。
なので、インプラント治療の失敗やトラブルそのものがないことにしたほうがいいのかもしれない。

でも、事実は違うのです。

…続く。


posted by Dr.K at 18:35| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はれ男?あめ男?

「東日本から西日本にかけて豪雨に注意…」って、どれだけの範囲だ?
昨晩何度も天気予報を見て心の中で叫んだ。

ところが…、

2010092312320000.jpg

なんとかできたんですね〜。^^

ハーフ終了後レストランに入った途端に、視界が(歯科医がでなく)なくなるほどの豪雨。
でも、午後のスタート時には小雨になってくれたのです。
途中多少降られたものの、あの天気予報でこれならラッキーでしょう。

スコアも我ながら粘りのゴルフで、

42:44=86

パットがもうちょっと入ってくれたらな〜って感じでした。

今日は、ティーやマークなどを入れておくバッグを忘れてしまいまして…。
かばんの中を探してやっと見つけたティーがこれ。



2010092312350000.jpg

ポッキー。

ちなみに匂いもポッキーなんです。
こんななめたティー使っていいスコアだそうだなんておこがましいですね。

来月入籍されるそうですが、すっかりいい感じのお二人。^^
素晴らしいご夫婦になることを本日確信いたしました。
雨降って地固まるとも言いますし…。

この辺で媒酌人の挨拶を終わります。

お幸せに。^^

posted by Dr.K at 18:00| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

明日は長い棒を振ります

明日は久しぶりに長い棒を振りに行きます。
私が紹介したカップルがめでたく結婚することになりまして…。^^
その、おめでとうゴルフなのであります。
良かったね!

場所は、千葉キングフィールズ。
いったい何年ぶりだろう…。

ちなみに渋谷KU歯科待合室のイス。
これは、キングフィールズゴルフクラブのレストランで十年以上前に出会いました。
少し背もたれに寄りかかった時に皮がたるむ感じがなんとも言えず、
イスを裏返しにしてどこのイスか確かめた若き日。
カッシーナでした。

いつかこんなカッコいいイスを置ける歯科医院を作りたい。

今回の渋谷KU歯科移転前、宝来ビル時代の2度目の改装時に思い切って購入した5脚のカッシーナ。
かれこれ5年以上使ってますが、皮がいい感じになってきました。^^
私が歯科医を続ける限り使い続けて行きたいと思います。

2010091713360000.jpg

雨降らないといいなあ…。
明日晴れたら「晴れ男」と声をかけてください。
重馬場は苦手です。

posted by Dr.K at 23:25| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これ、放置するんですか???

ご紹介患者様は48歳男性。
右下奥歯が咬むと痛いというご相談。
これを機会に悪いところは全部治してほしいというご希望です。

パノラマレントゲンや口腔内基本検査。
口腔内写真撮影とスタディモデルの作成。
一通りの検査を行い、患者様のご希望で即日抜歯&のう胞摘出を行いました。

2010092218480000.jpg 術前パノラマレントゲン

歯根破折でグラグラ。
歯肉も大きく腫脹している。
そして、下顎管に届いてしまいそうな大きなのう胞。

今まで通院していた歯科医院では、

「使えるまで使いましょう。」

と、対応されていたようです。

これ以上のう胞が大きくなったら?
下顎管まで骨吸収が進行したら?
いったいどうするつもりだったのでしょうか?

その場限りの「使えるだけ使いましょう。」は、ものすごくいい人に思えるかもしれない。
でも、近い将来必ずその歯に起こる更なる悲劇を考えたら、そんな無責任なことは言えるはずもない。
検診にいらっしゃった患者様に、いきなりドラスティックな処置が必要だと伝えることはとても大変だ。
それが許される日本の歯科医療はいったいどうなんだといいたくなる。
海外では、「言わなかったこと」が逆に問題になる。
「なぜ、年1回の検診にきているのにこんなことになってしまうんだ?」と…。

患者様の希望もあり、即日抜歯&のう胞摘出を行いました。

2010092218470001.jpg 術後CT

歯冠サイズの見事なのう胞が一塊で取ることができた。
もう少し早ければこんなに骨がダメージを受けなかったのに…。

これ、放置するんですか?

そう叫びたくなりました。(怒)


posted by Dr.K at 23:01| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インプラントオペ3ケース終了

忙しい、忙しい…。
毎日こんなことを書いてますが、本当に本当に忙しいのです。

今日は渋谷KU歯科。

初診カウンセリング 9名
定期健診      2名
総来院数     40名

内容が内容だけに、大変な1日でした。
ちなみに私に昼休みは約10分間…。(涙)

長崎から定期健診で来院された患者様。
4ヶ月前に行った上顎7番のインプラント手術も良好。
本日は2次手術を行いました。

インプラント手術は3ケース合計5本。
全て事前シミュレーション通りのスムーズな手術でした。

患者様から、術後CT画像を記念に欲しいと。
下顎6番の中間歯欠損であったが、あえて一つまたいだ半埋伏親知らず抜歯を同時に行って周囲の骨を集めてGBRを行うという「超低侵襲骨補填」は約20分ほどで終了。
その状況がバッチリわかる位置でスライスし、画像をプレゼントいたします。
お疲れ様でした。^^

2010092218450000.jpg 激闘の後のオペ室

患者様をご紹介いただくことがとても多くなっています。
ご期待に沿えるよう、精一杯対応させていただきます。


 
posted by Dr.K at 22:44| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年最後で最大の…

東京の冬を越した自宅玄関のハイビスカス。
正直今年の夏は、昨夏よりも花のサイズが一回り小さく寂しい感じだった。

ところが今朝、今年最大サイズの花が…。

2010092208210000.jpg

季節はもう秋。
来週は10月になるというのに、
今年最後で最大の花が咲いたのである。

ヒゲ面熊男がハイビスカスなんてとお思いだろうが、
雪国新潟出身の私が、東京で南の楽園生活を感じるためのアイテムなのでしかたない。
アロハシャツもね…。^^

posted by Dr.K at 22:30| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

連休明けの世田谷KU歯科は…

15年目を迎えた三軒茶屋世田谷KU歯科です。
連休明けの火曜日、目が回るほどの忙しさ。
なんと70名の来院…。

初診カウンセリング9名
定期健診3名。
インプラントオペ3ケース。
上顎フルインプラントケースの最終型採り。

盛りだくさんの内容で、フル回転でした。

疲れた日は犬とたわむれます。

2010092122070001.jpg 四女 ペコ

ようやく落ち着いて写真に納まることができるようになったペコ。
可愛くなってきました。^^

明日に備えます。
おやすみなさい。


posted by Dr.K at 23:36| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京和会 KU歯科ホームページへ >>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。