2010年03月31日

KU歯科スペシャルチーム

上顎前歯の根先に、直径4センチほどののう胞。
口蓋側の骨も一部溶けて貫通している。

2010040110070000.jpg 2010040110060000.jpg

1年前にくも膜下出血の既往有。
現在、降圧剤など多数のお薬を服用中だ。

経過観察をしていたが、徐々に大きくなってきている。
本日、のう胞摘出手術を行うことになりました。

2010033112430000.jpg

KU歯科スペシャルチームを編成。
全身管理は、日本歯科大学新潟麻酔科から永合先生。(右から2番目)
オペプランとサポートは、日大口腔外科から五十嵐先生。(左)
新潟から見学のEBMデンタルラボ飯塚技工士。(左から2番目)
執刀はご存知私熊五郎。^^

セデーション(静脈内沈静法)スタート。
唇側から弧状に切開剥離をし、透けるほど薄い唇側の皮質骨を除去すると、大きなのう胞を確認できた。一塊で除去し洗浄。取り残しのないよう入念に周囲の歯槽骨の状態を確認し、セラミックブリッジに影響がない様に縫合。

約40分ほどのスムーズな手術でした。
患者様の記憶はゼロ。
とても喜んでました。^^

スペシャルチームのおかげで、集中して安心して手術できました。
チームアプローチの勝利です。
皆さんお疲れ様でした。
ありがとうございます。

posted by Dr.K at 21:04| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

15th Anniversary @

KU歯科15周年キャンペーン第一弾

究極の予防歯科治療は「小児矯正」。
子供の頃に歯列不正や不正咬合を治しておくことで、日々の歯磨きもしやすくなるし、そもそも汚れが溜まりにくくなります。骨格の成長が止まってからでなく、成長期の骨がやわらかいうちに後押ししてあげるほうが体にも優しいです。今は、小さな顎が原因で歯並びの悪いお子さんがどんどん増えています。

輝く白い歯、きれいな歯並び、正しい咬み合わせは、お子さんの健やかな成長に大きなプラスになるはずです。

KU歯科では、小児矯正治療を推進していきます。

小児矯正料金】 

通常 350,000円(税別) → キャンペーン 300,000円(税別)


精密診断料を含みます。

日本矯正歯科学会認定医による小児矯正治療。
ご興味ある親御さんはご連絡御待ちしております。

京和会KU歯科グループ各医院で対応しております。^^

posted by Dr.K at 09:20| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

四女の成長

私以外全員♀の女系家族です。

家族の中で最も暴れん坊の四女が、最近随分大人になってきました。

三女とは仲が悪く、いつもケンカばかり・・・。

三女のほうがタジタジなくらい元気です。

最近ようやく一緒に遊べるようになって来ました。

甘えん坊の四女は、いつも僕を見ると甘えて仰向けになります。

なので、写真は仰向けの写真ばかりでした。

最近ようやく抱っこされても落ち着くようになりました。

もうすぐ1歳です。^^



2010033001080000.jpg



ペコです。

よろしく。



犬の話です・・・。^^


posted by Dr.K at 22:21| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「日曜診療・夜間診療」復活

皆様からの強い要望で、「日曜診療・夜間診療」が復活です!

平日の遅い時間しか通院できない患者様の為に、週はじめの月曜日・火曜日のみ診療時間を延長いたします。
夜間しか通院できない患者様は、なんとか週初めに都合付けてください。

渋谷   月火 20時
世田谷   月火 21時


世田谷は土曜日15時まで延長いたします。
待合室が混雑して、座るところがない状態の解消になると思います。
本当に毎週毎週すいません。

そしてなんと、救急対応の日曜診療が復活です。

土曜日にインプラントオペを行った患者様の消毒や、仮歯などの不具合などなど・・・。
KU歯科グループ全体の緊急対応を、三軒茶屋世田谷KU歯科でフォローいたします。
他医院さんで治療中の患者様も、緊急の際は御来院ください。

世田谷   土日 15時

KU歯科15周年を迎えまして、
「日曜診療・夜間診療」が復活です!


4月11日(日)よりスタートです!


posted by Dr.K at 14:35| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

桜とブーツ

桜が一気にきましたね。

かれこれ20年近く楽しませてもらっている目黒川の桜。

日曜朝、カメラもって写真撮って着ました。

すっかり気分は渡辺謙です。(Canonなもんで…)

2010032808370000.jpg 目黒川の桜

これは携帯で撮りました。

お祭りみたいな提灯がなければ尚いいのになあ…。



夕方は玉川高島屋へ。

オーダーしてたブーツが完成したのでとりにいきました。

2010032817570000.jpg 2010011715560001.jpg 

初めてのオーダーでしたが、大満足です。

塗装もお任せでしたが、いい感じですね。

三陽山長さん、ありがとうございます。^^

posted by Dr.K at 20:58| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

巨大ショートケーキ

2010032717350000.jpg  何事だ?

巨大ショートケーキ。

六本木に突如出現。

皆、ペタペタ触っているし。

もしかして食べれる・・・わけないですね。

2010032717350001.jpg ミッドタウン

ミッドタウン3周年だそうです。

なるほど3歳のバースデーですか。

早いですね。

でも、このショートケーキって…。

ホールにして3本ろうそく立ててもらえなかったんでしょうか。


KU歯科は15歳になりました。

皆様よろしく。^^


posted by Dr.K at 20:47| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インプラントと骨の結合

今週土曜日は、世田谷で診療後に品川に移動。
1週おきのスケジュールですが、だんだん慣れてきました。
2週間に1度3時間ほどの予約時間に、7,8名ほどの患者様がいらっしゃいます。

2010032714280000.jpg 2010032714260000.jpg

インプラントと骨がどれくらいの力で結合しているかを、オステルにて計測。
これがなければ、なんとなく教科書的な期間を待つだけ。
欧米では、このオステルの数値がなければ何か問題が起こったときに医療機関側は話にならないと聞く。

KU歯科グループのインプラント治療は、全ての症例でオステルにて計測後、上部構造を装着しています。

posted by Dr.K at 16:33| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「インプラントのすべて」

お問い合わせ多数ありがとうございます。

9784779004612.jpg 「インプラント治療のすべて」
 梅田和徳著
 全230ページ 定価1300円+税
    幻冬舎ルネッサンスから発売中


購入はこちらから ← Click here!

皆様宜しくお願いいたします。


posted by Dr.K at 02:43| インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

10分間インプラントオペ&抜歯

先日初診カウンセリングにいらした患者様。
抜歯後放置して数年経過した歯。
親知らずも虫歯&周囲歯肉の炎症。
他虫歯多数・・・。

今回は、一大決心で今度は最後までがんばろうと決めたんでしょう。
患者様は大分気合が入っていました。

そして本日は2度目の通院日。
早速、大掛かりなことからスタートです。

2010032616460000.jpg 治療前

下顎6番にインプラント埋入。
傾斜している親知らずを同時に抜歯予定。

2010032616480000.jpg 治療終了

表面麻酔はキシロカインゼリー。
局所麻酔はキシロカインエピネフリン含有1.8mmカートリッジ2本半。
インプラント部分は、歯槽頂切開のみ。
カムログインプラントを選択。
縫合は2針。
その後、親知らずは歯周靭帯剥離のみで秒殺。
縫合は2針。

終了。
あっと言う間の10分間でした。

患者様も術前の緊張が笑っちゃうくらいあっけなかったようで…。
安心されてました。

邪魔者の親知らずがなくなったので、インプラントの結合を待つ間に近心傾斜している7番はアップライトの予定です。
インプラントの近遠心に歯槽骨は最低1.5mmの厚みがなければ血流が阻害され骨吸収の原因になります。
きちんと間隔を空けなければならないのです。

ともかく、無事終了し喜んでいただけたようで良かったです。^^




posted by Dr.K at 22:36| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新人歯科衛生士

新アイドルユニットのデビュー…ではなく、
KU歯科グループの新人歯科衛生士5人組です。^^

2010032619190001.jpg 若干緊張気味…

本日、新人研修&オリエンテーションの為、ついに渋谷KU歯科に登場しました。
今年はなんと5名の新人歯科衛生士が入局します。
おおよそ8倍の難関を突破しての採用ですよ。
ようこそKU歯科へ!!!
KU歯科グループの未来は君たちにかかっているんだ!

2010032619190000.jpg 笑顔が素敵です。^^

初日で最初は大分緊張気味でしたが、午後はすっかりリラックス。
いいじゃないですか。いいじゃないですか。
今日の新鮮な気持ちを忘れることなく、互いにがんばりましょう!


posted by Dr.K at 22:23| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

「インプラント治療のすべて」出版!

ついに本日出版です。

2010032513370000.jpg 9784779004612.jpg

「インプラント治療のすべて」 梅田和徳著
 全230ページ 定価1300円+税
    幻冬舎から本日より発売


購入はこちらから ← Click here!


posted by Dr.K at 13:45| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

インプラントライブオペ後の反省会

週の真ん中水曜日の渋谷KU歯科。
毎週のことだが、すごい予約状況である。
NYから通院されている患者様の下顎10本のオールセラミッククラウンが、本日無事最終装着。明後日の最終チェックの後、NYに戻られるそうだ。
現在テキサスに在住している患者様は2年ぶりの帰国。4月中旬まで日本に滞在するので、できる限りの治療をご希望。CT精密検査の後、本日早速不適合なクラウンを除去し最終型採りへ。
インプラントオペは3ケース。
どれもシビアな症例でした。
夜19時からは、院内勉強会ライブオペディスカッション。
半年前に、歯槽頂側からサイナスリフトをした患者様の2本埋入。
ソケットリフト&GBRで無事終了。
お疲れ様でした。

終了後、渋谷鎌田先生と青山吉野先生と3名で反省会。
お寿司のリクエストをかたくなに拒否して、私のお気に入りのお店へ。

2010032423400000.jpg 恵比寿のお気に入り

恵比寿横町へGO!

2010032423390000.jpg いい感じです

いろんなお店が集まっているのですが、私のお気に入りは魚屋さん。
自分で目の前のコンロでいろんな魚を焼いて食べます。ちなみに今日は、カンパチのカマ、ハマグリ、ヤリイカ、ツブ貝。しめはお決まりのサッポロ1番塩ラーメン。

ちなみに、鎌田先生は隣のお客さんにお酒飲まされてました。
そのまま置いて帰ろうかと…。^^

posted by Dr.K at 23:30| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

宮村浩気氏とLAVAさん

強風の中、赤坂サカスへ。
4月に赤坂サカスP.C.Aで行われるビューティーイベントの打ち合わせです。

"Akasaka Beauty Circus"
4.09(fri)@P.C.A. in Akasaka Sakasu
20:00-Late
Entrance Free


2010032022120000.jpg

右は、日本一有名な美容師 afloat 宮村浩気氏。 ←Click here!
美容師さんなら知らない人はいませんよね。
最近よくゴルフご一緒させていただいてます。^^
いろいろと人生勉強になります。

左は、ご存知カリスマDJLAVAさん。 ←Click here!
ついに、青山KU歯科の音楽プロデュースもお願いしました。
4月から青山KU歯科はLAVA SOUNDですよ。
いつも元気なLAVAさんに圧倒されてます。^^

真ん中の熊。
渋滞の為、遅刻しました…。
すいませんでした。(謝罪)


posted by Dr.K at 10:39| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

マグロ

カタールで開会中のワシントン条約締約国会議で、クロマグロの国際取引禁止を求めるモナコ提案が委員会で否決された。

すしは、マグロですからね。

日本はクロマグロの80%を消費しているそうで…。
今後は資源管理に責任を持たなければならないですね。

1.jpg おすし屋さんも一安心です

大切に食べましょう!

posted by Dr.K at 12:38| 食道楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

補綴治療体験

先日の神経治療は無事根管充填まで終了。
本日は別な部位のクラウンの装着です。

2010031718280000.jpg またまたヒゲ面です。

私、咬み合わせが悪く、すごく顎が疲れやすくなっていました。
吉野先生、お上手。さすがです。^^

歯科医の息子でない私。
子供の頃から、歯医者通いの人生でした。
痛みのわかる歯医者です。^^

・・・。
ものは言いようです。

posted by Dr.K at 22:41| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歯茎再生成功

骨髄液から歯ぐきを再生し治療 広島大で成功
3月18日2時32分配信 毎日新聞

 歯ぐきが細菌によって溶ける歯周病について、患者の骨髄液から骨や筋肉のもとになる幹細胞を採取して培養後に患部へ移植し、歯ぐきを再生させることに広島大の研究グループが成功した。患者対象の臨床研究で、移植をした患部は4〜8ミリほど歯ぐきが回復した。細胞培養技術の向上などで再生効果を高め、3年以内に厚生労働省へ先進医療を申請、実用化を目指す。
 広大の栗原英見教授(歯周病学)と広大発祥のベンチャー「ツーセル」(広島市、辻紘一郎社長)の臨床研究で、18日から広島市である日本再生医療学会で成果を発表する。
 30〜65歳の歯周病患者の男女11人から骨髄液を採取。この中に含まれる間葉系幹細胞を培養・増殖させ、医療用コラーゲンと混ぜて歯周病患部へ注入した。11人のうち、転居などで経過を追跡できなかった3人を除く8人中6人で、歯ぐきの回復や、歯周病で生じた歯と歯ぐきの間のすき間が小さくなった。移植した幹細胞が歯周組織となったり、もともとあった細胞の増殖を促す物質を出して自力での組織再生を後押ししたとみられる。
 歯周病患者は国内に約3700万人いるとされる。今回の臨床研究は軽症者を対象としたが、今後、中・重症者でも効果が出るよう、採取した細胞からある程度組織を作成したうえで移植するなどの方法で臨床研究を重ねる。栗原教授は「さらに効果を高め、多くの人に使える治療法を確立させたい」と話している。


歯科界に素晴らしいニュースが飛び込んできました。
再生歯科医療は骨や歯肉、そして歯胚(歯の卵)まで、世界中の研究者が長年にわたって競い合っている。日本国内でも、複数の大学が同類の研究で成果を出しています。この分野で日本が世界をリードできるといいですね。

ただし・・・個人的には2つの問題点が気になります。

1つは、歯周病の為に骨髄液を採取すること。
その目的だけで骨髄液を取るための痛みやリスクを日本人が取れるだろうか?前にも書いたことがあると思うが、他の目的で骨髄液から肝細胞をバンキングしておくことができなければ、なかなか難しいのではないかと思う。対処療法中心の日本であるからなおのこと、出生時に全員がバンキングするようなシステムにならない限り、歯科治療の為に肝細胞培養を行うなんて困難なのではないか…。

2つ目は、歯周病の原因。
元々、自分の持つ唾液の質などの先天的な理由で歯周病が進行しているのであれば、かなり広範囲で有効だと思う。しかしながら、日常臨床の中で私達が多く対応している重度の歯周病は、咬合のアンバランスや、不良補綴物などによる清掃不良からおこる後天的なものも含んだ複合的原因によるものだ。きっかけは先天的なものだとしても、その後の悪化は他の理由によることが多いのが現実。後天的な原因の解決は、どんなに素晴らしい再生治療ができたとしても帰ることができないことだ。

つまり・・・、
結局のところ、悪くなったものをどうするかも大切であるが、元々悪くしない、悪化させないことが大切であると言うこと。
口腔意識が向上しなければ、一部の患者様(そんなに悪くない)の一部分にしか効果が出ないことになる。

万事、全体解決が必須である。

posted by Dr.K at 09:35| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

岡田義徳君来院^^

タレントの岡田義徳君、久々の来院です。^^
ご活躍ですね〜。

2010031614230000.jpg 俺、黒いな…

岡田君とはかれこれ10年以上のお付き合い。
ご家族全員で通院していただいております。
いつも笑顔が爽やかです。

左目探偵…、お疲れ様でした。

posted by Dr.K at 10:44| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

ガジュマル

世田谷KU歯科3F待合室の窓。
小さなガジュマルがあります。
沖縄ではその昔雨宿りしたり、バス停だったり…。
ゴルフ場では「ガジュマル狙い」って、キャディさんによく言われます。

2010031312480000.jpg 小さいですが…

キジムナーって妖精が住むといわれている、不思議な木です。
ちなみに私、自宅の玄関にもあります。^^


posted by Dr.K at 22:55| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Dr.加藤のインプラントオペ

火曜日は、三軒茶屋の世田谷KU歯科に出勤。
本日私、8時半からのスタートです。
もうこれが普通になっています。

今日はインプラントオペ2ケース。
午前は、4ヶ月前に抜歯した穴から骨補填していたケース。
本日無事インプラント埋入できました。
午後は、下顎第一大臼歯。
加藤先生のオペです。

2010031619080000.jpg 初診時

根は折れ、周囲の歯槽骨を腐敗させている状態。
保存不可能と判断し、即日抜歯しました。

2010031619070000.jpg インプラント埋入後

1ヵ月半後の本日、歯槽頂切開のみでインプラント埋入。
根のあった穴もかなり小さくなっており、骨再生が進んでいました。
カムログインプラントシステム 直径5.0X長さ13mm を選択。
約20分のシンプルオペでした。

私も一応サポートにオペ室に入っておりましたが、全く出番なく終了。

若干風邪気味なので、今日は早く帰宅します。
寒暖の差が激しいので、体調管理に注意しましょう!


posted by Dr.K at 19:51| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

親知らずクイズの答え

現代人の天敵「親知らず」
静かに悪さをする「親知らず」

硬いものを食べなくなり顎そのもののサイズが小さくなった現代、親知らずは行き場をなくし、虫歯や歯周病、歯並びまでに悪影響を与えています。

下の2つの「親知らず」
私は、どっちが抜きやすいと思ったでしょうか?

の、答えです。

2009122510110000.jpg 20100306120503.jpg
@                  A

情報はこの2次元のレントゲンのみ。
患者様のパーソナリティも考慮していませんし、実際の抜歯がどうだったかなどは別です。
あくまで私の第一印象です。

大半の方は@とお答えになるはずです。
歯の埋まっている角度から、@の方が抜歯しやすいと思うでしょう。
親知らずを抜歯する時最も注意しなければならない神経との位置関係も、Aのほうが近いように思います。
ただし、注目は親知らずの咬合面の見え方です。
@は側面からしか見えず、咬合面は見えません。
Aは真横に埋まっているものの、咬合面はある程度見えます。
手前の7番目の歯の真後ろにある場合、@のように見えることが多く、真横に埋まりながらもAのように見える場合は、頬側に埋まっている場合が多いです。もしも頬側に埋まっていれば、骨削合する範囲も少なくすみ、器具も入りやすくなります。
なので、私はAと感じました。

2次元のレントゲン写真1枚でも見るポイントは様々で、いろいろな情報を読み取ることができます。もちろん経験や知識によって差があるのは当然です。

そんなことをすっ飛ばすくらい、誰もが確実に詳細な情報を得ることができる。
それが、CTです。

以上、親知らずクイズでした。

あくまで私の意見なのでご容赦ください。^^


posted by Dr.K at 15:10| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京和会 KU歯科ホームページへ >>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。