2009年09月29日

インプラントオペ5ケース@

2日間でインプラントオペ10ケースの嵐の月末です。
本日は世田谷KU歯科でまず5ケース。

午前の2ケースはともに下顎6番。
抜歯後約2ヶ月経過しており、頬側の骨が少しダメージを受けている
かなり類似したケースである。
シンプルなインプラント埋入で、周囲から自家骨を採取し骨補填。
それぞれ約20分ほどで終了。

午後最初の症例は前歯2本。
下顎に他医院で入れたインプラントが6本入っている患者様。
前歯は審美的に長期維持させなくてはならないので、骨と歯肉のボリュームを落とさないようにしなければならない。
約30分で無事終了。
「術中いつ痛くなるのか心配していたら終わっていた。^^」
と、帰りの待合室では笑顔でした。

初めてインプラント治療される患者様は上顎6・7番に2本。
CTによる事前精密診断で骨の厚みが約4ミリ。2箇所からのソケットリフトで広範囲に上顎洞底を挙上し、10ミリのインプラントを埋入した。これまた周囲から自家骨を採取し、インプラント埋入する直径約4ミリの穴から骨補填。できるだけ術後の痛みや腫れを最小限にするためにはこの方法がいい。私は大変ですが・・・。
約40分ほどで終了しました。

最後の患者様は2ヶ月前に抜歯した上顎4番。
大きな根尖病巣があったため、入り口よりも先端の骨のダメージが大きく、インプラント埋入ポジションがとても重要になる。同時に上顎骨は軟らかいので、少しコンデンスして骨質改善を行った上で埋入した。
約30分で終了。

以上、本日予定されていた5ケースのインプラントオペが無事終了しました。

朝8時半から、先週装着したインプラントマグネットアタッチメント義歯とインプラント7本ブリッジのチェック。今週末で大阪に帰られるのですが、かなり調子がよろしいようでほとんど問題なし。
上下フルマウスでインプラント治療されたお医者様の定期健診はとてもいい状態。
きれいに使っていただけているようで、とても嬉しく思います。
他、前歯のインプラント最終型採りや、矯正治療のご相談など、盛りだくさんの1日でした。

これからメーカーさんと打ち合わせです。
腰が痛いですが、明日もがんばらねば・・・・・。




posted by Dr.K at 18:01| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京和会 KU歯科ホームページへ >>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。