2009年07月31日

歯間ブラシにご用心

今年の2月のITIコングレスで歯科衛生士・コーディネーターセッションで座長を行い、今秋大阪で開催されるCamlogコングレスでも、2日間に渡り歯科衛生士セッションの座長をすることになりました。
またまた大役ですが精一杯がんばります。

この前シンガポールでラング教授の講義を聴き、改めて治療終了後の管理の重要性を痛感しました。そんなこともあって、日常臨床のメンテナンス方法などを最近見直し始めています。
現在まとめているので、また何かの機会にインフォメーションできたらと考えています。

当医院で取り扱っているメンテナンスグッズはたくさんあります。
私個人的には、歯間ブラシが死ぬほど嫌いです。
金属に毛がついている歯間ブラシを歯間乳頭に押し込むわけですが、サイズを間違えたり、入れる角度を間違えると、「なかったはずの隙間」ができてしまうのです。金属が歯肉と過剰にこすれる事で、軟らかい歯間乳頭が逆に退縮・・・。最悪です。(涙)
実際の隙間の大きさよりも太いサイズを選択しても、軟らかい歯間乳頭を圧迫してグイグイ押し込めるので、しまいには健康な歯肉からも出血してしまうのです。
「イタ気持ちいい・・・」みたいな変な習慣ができている人、結構いらっしゃいませんか?
おそらく「ドキッ!」としている人がいるはずです。

外国映画などを見ると、貴婦人たちは皆バッグに「デンタルフロス」を入れています。
大きな隙間でも角度を変えたりして上手に使えば、フロスだけでも十分お掃除可能なのです。
日本人はフロッシング意識が高くないですね。

フロスにもいろんな種類があるのですが、私の一押しはこれ ↓

2009080109320000.jpg 2009080109310000.jpg

「Paro」 GRAIDE TAPE  MADE IN Switzerland   630円

このグライドテープが、通常のフロスと違い細い糸が束になっていません。とてもとても薄い面になっていて、1.5mmほどの幅があるのです。インプラントも天然歯も健康な歯周ポケットは1〜2mm。その隙間を上手にお掃除しなければなりません。
写真ではわかりにくいかもしれませんが、この薄いテープの面が歯面にぴったり沿ってうまい具合に入っていくんですよね。
通常のフロスと違い切れたりしないので、とても快適です。^^
ちょっと高いですが優れものですよ。

歯間ブラシにご用心!パンチ

posted by Dr.K at 10:05| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

前歯のインプラントは難しい

前歯のインプラント治療にとって重要なこと。
「咬む」という機能的な働きはもちろん、「口元」を構成する審美的な役割も大きい。
年齢が若ければそれだけ長期的に維持させなくてはならないし、今は昔と違い皆さんスマイルが大きくなったので口唇がめくれる範囲が大きい。つまり、歯そのものだけでなく、歯の周囲の軟組織・・・つまり歯肉の色や形態なども重要な成功用件に含まれる時代に突入したのである。それはなにもインプラントだけに限らず天然歯も同じで、歯肉の色や形のお悩みを持っている人は潜在的にものすごい数いらっしゃることを最近になって改めて感じます。
最近、歯肉の相談多いですからね・・・。

ishi-3.jpg 

名古屋から定期健診でいらした患者様Mさん。
いつもお疲れ様です。^^
この時期は名古屋場所でお忙しいMさんは、場所が終了すると奥様とご一緒に来院されます。
お土産を頂きました。
たくさん頂いた中で1番のお気に入りはこれ。

2009072914070000.jpg バスタオル

雲竜型と不知火型がプリントされた特大サイズ。^^
カッコいいじゃないですか!

で、私・・・。
何型でしょう。


posted by Dr.K at 17:46| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

本当の梅雨明けはいつ?

本当の梅雨明けはいつなんでしょう???
本日の三軒茶屋は大混雑・・・。
日中から待合室が混雑してしまい、大変ご迷惑をおかけしました。
本日もインプラントオペは3ケース。
全ての患者様が始めてのインプラント手術でした。
皆、スムーズで何よりでした。

2009072818320000.jpg 上下2本埋入も約20分で終了

先週日曜日のカムログインプラントセミナー。
新設された補綴中心の内容での1日でした。
技工士の方と一緒に行う私としては初の試みでしたが、受講者の方々からの評価はまずまずだったようで一安心。^^
特に、テンポラリーアバットメントを直接法で製作し、歯肉形態を徐々に整えていく実習が高評だったようです。
中央歯科補綴の高橋さんのレクチャーもなかなかで、いろいろな意味で刺激のある新しい試みだったと思います。

2009072817340000.jpg 当医院のテクニシャン マー君

マー君もだいぶ刺激されたようで、今日も1日フル回転でした。
隣の熊の強力なプレッシャーがあるからね・・・。
ハハハハハ^^

さて、昨日紹介しました私のスタディグループ「ing」。
早速数名の先生方からの申し込みを頂きました。
他にも問い合わせをたくさん頂いております。
もうすぐ、「ing」のサイトがオープンいたします。
お楽しみに。^^


 
posted by Dr.K at 23:32| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

ing new generation dentist club

ing new generation dentist club 」

 どんなに様々なスタイルの歯科医院があっても “患者様の利益”は全てにおいて優先され、全ての医院においての共通目標であると考えます。そういう意味で、“Minimal Intervention(低侵襲)”治療は臨床歯科医にとって重要であり、MIコンセプトに基づく治療テクニックや治療コンセプトの習得は、新時代の臨床歯科医師が持たなければならないマストアイテムであることは間違いないでしょう。
 数年前からセミナーや講演等で全国いろいろなところでたくさんの先生とお会いし、「何か組織を立ち上げて欲しい」という声をたくさん頂くようになり、私が臨床で過去実践してきたことが役に立つのであれば、同じ方向性を持つ先生方とそのコンセプトを共有していこうということで、過去15年の臨床経験をまとめ、治療スキルアップと医院マネージメントの両面を兼ね備えた全く新しい形のスタディグループを立ち上げることになりました。
 私も当初は治療技術のHOW TOに興味を持つ歯科医でしたが、突き詰めていくと結局はその使い道やタイミングなどの基本を正確に理解していなければ意味がありません。そしてスタッフ全員が同一のコンセプトを持ち、患者様に接することができなければ医院全体の総合力にはなっていかないのです。

 「健全歯を安易に削りたくない・・・」、「快適に食事をしたい・・・」と、患者様の口腔意識は向上し高いQOLを求める時代になってきたことは間違いなく、低い治療スキルや制限された狭い治療方法の選択肢が原因で期待に応えることができなければ、それまで築き上げてきた信頼関係が崩れることさえあります。そして開業医が日常臨床を行いながら、歯科治療の専門知識や治療技術の全てをスキルアップしていくには、たくさんの時間を必要とし、現実なかなか難しいものです。
初心者の先生やスタッフの方も多数ご参加いただいております。
お気軽にお声かけください。

総合力の向上を目指す臨床家のためのグループを目指しています。

6月中旬にようやく仮始動始めたのですが、すでに40名を超える先生方からご参加いただいております。

先週土曜日の夕方、「ing」主催の
「第1回ライブオペ&ディスカッション」が渋谷にて行われました。
遠方からいらした先生含めて、参加者は11名。
お断りした先生方、大変申し訳ありません。
患者様は下顎臼歯部の遊離端欠損。
左右4本のインプラント埋入手術を大きなモニターで見学していただき、その後ディスカッションを行いました。

2009072521480001.jpg

終了後は近くのイタリアンで懇親会。
ここから参加された先生方もいらっしゃり、25名で大変賑やかな会でした。^^

次回は、

第2回ライブオペ&ディスカッションプラス」

8月26日(水)19時半開始のナイトセミナーです。
症例検討からオペのプランニングを行い、そのまま20時からライブオペ。
終了後はオペディスカッションを行い、会員発表、私からのインフォメーションなど・・・。
21時半終了予定のショートスタディです。

症例は下顎大臼歯2本のスタンダード埋入。


ご希望の方は、

03-3760-2280 D-net
dental@d-net-service.com

に、ご連絡ください。
詳細資料送ります。^^

このブログを読んでいらっしゃる全国の歯科医の先生方。
ご参加お待ちしております。^^

posted by Dr.K at 10:31| インプラント研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

歯根破折

昨晩は渋谷区歯科医師会のミニデンタルショー。
本年度から学術委員の私もお手伝いさせていただきました。

2009072312300000.jpg 大賑わいでした^^

歯科メーカーさんから、院内クリーニング業者様まで、様々なカテゴリーの業者様のご協力で、通常のデンタルショーとは一味違った興味深い催しになりました。^^

本日は青山KU歯科。
朝1番の初診患者様は、前歯の歯根破折のご相談。
すでに2度メタルコアごと脱離したそうで、当医院で治療された患者様のご紹介で来院されました。

Miya3.jpg 太いメタルコア・・・嫌な予感がします 

「隣の歯も同じ時期に同じやり方でやっているので大丈夫か・・・」と患者様も心配しての状況でしたが、嫌な予感は的中でやはり縦に大きな亀裂が入っていました。

Miya1.jpg Miya2.jpg 
この状態で痛みがないのが不思議なくらいです

残念ながら本日中切歯2本抜歯。
こういうケースの大半は、亀裂周囲に不良肉芽ができている。
これらが静かに大きくなり、骨を腐敗させていくのです。
もしも患者様がインプラントをご希望されるとしたら、最も難易度の高いケースになるパターンです。
そういうこともあり、抜歯も周囲組織をできるだけ挫滅させないように注意を払い、骨新生がスピードアップするよう抜歯した穴を改善し、仮歯を装着しました。

Miuya4.jpg 本日大急ぎで仮歯を製作 

偶然にも、両隣の歯が不適合な差し歯だったので、それを土台につくりました。

さて、こうなった原因はなんでしょう???
原因は1つでなく複数考えられます。
今週末の2つのセミナーで皆で考えてみようと思います。

長時間、お疲れ様でした。

本日は接着の講演を聞きに行きに行く予定です。


posted by Dr.K at 12:34| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

オールセラミッククラウン

渋谷KU歯科は本日もフル回転です。

4ヶ月ぶりにいらした定期健診の患者様。
他医院で入れたセラミックブリッジの歯肉が腫れ、歯肉整形を行いオールセラミックブリッジにしたとてもとても難しいケースでした。

TO1.jpg OTリコ4.jpg
治療前               治療後

セラミッククラウン装着直後に比べ、今のほうがとても歯肉がなじんでいました。
歯間乳頭も育っており、健康な歯肉状態が維持されています。
嬉しいですね。^^
また、定期健診お待ちしております。

2009072208580000.jpg 「いやあ、暑いんで顔がテカリます・・・」

なんて、冗談です。^^
写真から作るフィギアなのです。
すごく良くできてますよね。
髪の毛これくらいボリュームあったらいいなあ。


posted by Dr.K at 16:49| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

帰国しました

2009072021030000.jpg 出発前の空港。

22時にもかかわらず、結構な数の人がいます。
きっと、アジア方面の深夜便が多いんですね。
7時半成田到着。
寝ている間に到着できるし、時差も1時間しかないし。
シンガポールってアクセスいいですね。

高速もスムーズで、9時過ぎには自宅到着。
シャワーして、ちょっと休んで、昼過ぎに三軒茶屋へ。
13時半〜診療です。
もちろん仕事ですよ。^^(冷汗)

2次オペの患者様からスタート。
矯正医からの依頼で、中1の女の子の親知らず抜歯。
まだかなり深い位置にあり、骨をかなり削らなければならない。
ピエゾサージェリーでできるだけ骨を温存し、歯冠を半分に割って抜きました。
インプラント手術は1ケース。
下顎1本10分で無事終了。
夕方患者様からのご紹介で、某有名グラビアアイドルさん来院。
下の前歯がとんでもないことになっていて、本日即抜歯しなければならなくなってしまいました。(可愛そうに・・・)
5年ほど前にセラミックの差し歯にしたそうですが、根の先にことごとく大きな膿ができており、揺れも出て、排膿もものすごい・・・。
本日は抜歯のみで、明日仮歯にすることになりました。

終了後、アポイント2組。
業者さん1件と、世田谷の某先生。
インプラント治療のご相談でした。

さすがの私も若干疲れました・・・。(汗)
明晩は歯科医師会のイベント。
今週乗り切れば、少し落ち着くかな。


posted by Dr.K at 23:06| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

インプラント研修 シンガポールB

午前中は実習。
エクステンションクレストは、数年前ミラノ大学キャパスコ教授にレクチャーを受け、私もよく行うテクニックである。ただし私の場合、最初の歯槽頂骨切りを回転切削器具でなくピエゾサージェリーで行い、できるだけ侵襲が少なくなるように工夫してやっている。細く切り立った骨の幅を広げ、その隙間を維持させるための器具が新しくなり、とても使いやすくなっていた。今後更にエクステンションクレストを使う機会が増えそうだ。
フライスドリルで骨を採取し、そのフライスドリルと同じ形に加工した骨欠損部分にグラフトする発想と器具は素晴らしい。
今まではフライスで採ってそれを砕いて使ったりしていることが多かったが、そのままの形で固定できるように、ドナー・レシピエントサイト両方を同じ形態にするアイデアだ。
色々な部分で応用できそうで、参加者の先生方同士でも話が盛り上がっていました。

午後は再びラング先生の講義。
CISTの分類に基づき、インプラント粘膜炎とインプラント周囲炎のリカバリー方法を、わかりやすくチャートに分けたものだ。
骨欠損量を2次元で計測しているので、今後はCTを用いて3次元計測していくともっと細かな分類ができるなあ・・・なんてことを考えながら聞いていました。日常臨床での生かし方など、様々な質問が相次ぎ、かなり盛り上がったディスカッションでした。

夕方、わずかな時間でお土産を買い、シンガポールチキンライスを食べに移動。

2009072019350000.jpg 2009072019150000.jpg

前日の蟹も美味しかったですが、私こういう庶民的なお店好きなんです。^^
ハイアットの左隣のビルの5F。
黄色い看板のお店です。
シンガポールに行かれる方、ぜひ行ってみてくださいね。

ということで、23時半出発のため空港へ向かいます。

posted by Dr.K at 21:45| インプラント研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

インプラント研修 シンガポールA

日本国内でインプラントはすでに1,000,000本埋入されています。
数え間違いないように繰り返しますが「100万本」です。

インプラントを長期維持させるにはたくさんの条件が揃っていなければならないが、やはり重要なのは細菌感染をどれだけ食い止めるかであることは間違いありません。
咬合力(荷重)負担ももちろん大切であるが、バイオフィルムとどのように付き合っていくかが勝負の分かれ道でしょう。
それは、インプラントだけでなく、天然歯の歯周病や虫歯にとっても同じことだ。

これから初めてインプラントを入れることも重要だが、同時にすでにインプラントが入っている患者様のメンテナンスをどのようにしていくかもとても重要な課題である。
現実、すでにインプラント治療をされている患者様がたくさん来院されているし、今後はこの傾向はもっと強くなるでしょう。
天然歯同様インプラントも永遠なものでないので、必ず定期健診で細かな変化を見逃さずに、早期に適切な対応ができなくてはならない。
メンテナンス時のチェックポイントを再確認したり、うまくいかなかった場合のリカバリーなどについてを考えるとても有意義な時間でした。

2009071917220000.jpg ラング教授の熱い講義

終了後、皆さんで海沿いの海鮮レストランに移動。

2009071919470000.jpg 2009071920040000.jpg

左は黒コショウ。右はチリソース。
蟹三昧でした・・・。(美味すぎます)

200907192248000.jpg お約束のマーライオン

楽しい夜もふけ、私は先に部屋に戻り資料作り。
明日は午前が実習で午後は講義。
深夜23時半の便でこちらを出発して、火曜朝に到着予定です。


posted by Dr.K at 19:26| インプラント研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

インプラント研修 シンガポール@

夕方シンガポール到着。
最近ヨーロッパが多いので、思ったよりも早いという印象。
機内では、今週末のインプラントライブオペコースと、カムログインプラントセミナー補綴編の資料作りに集中。
おそらく、飛行機での移動中が最も効率が良い。
地上にいると電波が届いてしまいますからね・・・。
雑念が入ってしまいます。
帰りの便で一気に完成まで行きたいところです。^^

2009071908230000.jpg Shangri-la Hotelより

夜は参加者全員でウェルカムパーティー。
現在は香港に在住され、香港とシンガポールの大学に在籍されているラング先生やCID勝山先生、KIRGの土屋先生、阿部先生、松井先生など、大先輩達に囲まれての賑やかな中華でした。^^
なんと私、席がラング先生のお隣・・・。(汗)
ただでさえ暑いのに、緊張の汗と混じって大変でした。

終了後、参加者の先生方とオーチャード通り周辺をブラブラ。
早々に部屋に戻り、資料作りの続きをしなくては・・・。
明日からの2日間楽しみです。^^


posted by Dr.K at 23:46| インプラント研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

げんぞう

明日からシンガポールです。
インプラントのトレーニングです。
詳細はまたご報告します。

ミーティングを兼ねて渋谷KU歯科近くのもつ鍋屋へ。

2009071721130000.jpg 緊張気味です・・

1級建築士の若林君とご一緒させていただきました。
彼は苗字が若林というだけで「ゲンゾウ」と呼ばれています。
そう、キャプテン翼の若林源三(字あってます?)です。
彼とはかれこれ2年くらいの付き合いになるでしょうか。
昨年の世田谷KU歯科のリニューアルを手がけてもらい、それからもなんだかんだと相談に乗ってもらっています。
現在、ビッグプロジェクトが進行中。
なので、頻繁にゲンゾウ君と会っています。
今年はは燃える夏になりそうです。^^

もったいぶってるわけじゃありませんが、近々皆さんにお知らせします。


posted by Dr.K at 23:40| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

調整日のはずなのに

本日木曜日は調整日。
午後から松戸でインプラント出張手術でした。
3つのオペがスムーズに終了し、帰りの渋滞もたいしたことなく都内に戻りました。

夕方、髪を切りに青山アンティへ。
札幌で切って以来だったので、かなり頭が軽くなりました。
中身が軽くならないように注意しなければなりません。^^。

来週日曜日カムログセミナーの補綴編でご一緒する、中央歯科補綴研究所さんに打ち合わせです。
中央さんとはかれこれ3年ほどのお付き合いで、当医院の高い要求レベルの患者様に満足頂いております。
特にインプラントとジルコニアに関しては、素晴らしい知識と技術をお持ちです。
そして、なんといってもスタッフの皆さんとても勉強熱心で・・・。
いつも本当に感心させられます。
互いにがんばりましょう!

中央歯科補綴研究所HP ← Click here!

ジルコニアを含めた最新歯科技工情報満載!
患者様も歯科医の先生方も技工士さんも楽しめると思います。
ぜひ、ご覧になってください。^^

数年ぶりの自由が丘だったので・・・。
どうしても食べたくて、行ってきました。

2009071621300000.jpg 2009071621250000.jpg

ご存知「大佐渡」。(知ってますか?)
自由通りの踏み切りわたってすぐあるラーメン屋さんです。
新潟の佐渡出身の方がかなり昔からやっているのですよ。
ここのラーメンは、THE 新潟ラーメンって感じでしょうか。
海鮮だしのしょうゆ味が、とても懐かしい感じがします。
朝方までやってますので、ぜひ1度行って見てください。
夏でもおでんがグツグツ言ってますよ。
数年前にも書いたような・・・。

という、調整日でした。(・・・疲れた)


posted by Dr.K at 23:56| インプラント出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

夏と言えば・・・

晴れ晴れ晴れ 祝!梅雨明け 晴れ晴れ晴れ 

今日の渋谷KU歯科は、鎌田先生夏休み中なので私一人ぼっちです。
インプラントオペは午前・午後2ケース。
ともに下顎大臼歯2本のスタンダードな埋入でした。
2ケースともに約20分ほどで終了。
お二人ともに初めてのインプラント手術でしたが、想像していたよりもあっという間だったと喜んでおられました。^^

世田谷から昨日の80歳のおばあちゃんの術後消毒の報告。
痛み止めは昨日のみで、本日は痛み腫れともになしとのこと。
一安心です。^^

ようやく梅雨があけ、本格的な夏に突入しました。
皆さん夏といえばなんでしょう???


花火
ビール
スイカ
高校野球

いろいろあると思いますが、私はやはり夏といえばTUBE。
20代の人達にはいまいちピンと来ないかもしれませんが、私の年代はベストテン世代ですので、毎夏にヒット曲がでるTUBEの前田さんの声が夏のイメージなのです。

そんな私のお気に入りのTUBEを1曲。♪

青いメロディ ← Click here!

誰ですか?本物初めて聞いたなんて言ってるのは・・・。^^


posted by Dr.K at 16:35| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

♪「歩いていこう」♪

今週末シンガポール出張で不在のため、今日の三軒茶屋世田谷KU歯科のアポイントはすさまじい忙しさでした。

先日、お嬢様とご一緒に入れ歯が合わないと御相談にいらした80歳の患者様のインプラント埋入。
フラップは1本につき約1センチ。
最小限の侵襲で約20分ほどで無事終了しました。
ひ孫さん含め、待合室は4代に渡るご家族大集合でした。^^

上顎2番の中間歯欠損部にインプラント。
歯根破折を起こして4ヶ月前に抜歯した部位。
本日ようやく最終上部構造装着になりました。
記録用写真のついでに記念写真をパチリ。

2009071417570000.jpg

そうです。
患者様は、JUN SKY WARKER(S)のボーカルの宮田さんです。^^
とても気さくないい方で、上部構造を製作した高橋技工士さんも記念写真を撮っていただきました。

ジュンスカといえばやはり・・・、

「歩いていこう」 ← Click here!

でしょう!!!
定期健診お待ちしております。


posted by Dr.K at 22:29| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

吉野先生のインプラントオペ

快晴の月曜日。晴れ
このまま梅雨があけてくれればいいのに・・・。
本日の青山KU歯科は8時半よりスタート。
藍ちゃんの応援で4時半起床だったので、長い1日になりそうです・・私。

9時から、吉野先生のインプラントオペ。
右下大臼歯に1本埋入予定。
CTで3次元的に確認していた通りの骨状態。
カムログインプラントシステム直径4.3mmX長さ11mmを選択。
約15分で無事終了しました。

2009071313020000.jpg 術後の確認レントゲン

患者様にとっては初めてのインプラントですから、今回の手術が第一印象になるのでとても重要です。今日のオペによっては、「もう2度とあんな思いしたくない」になったり、「なんだ、こんなに簡単だったのか」にもなるわけです。
想像していたよりもはるかに楽だったご様子で、御帰りのときはリラックスされてましたので良かったです。

私以外のドクターもインプラント手術をするのですが、皆どんどん上手になっていき、とても嬉しく思います。
こうやって、チーム力が上がっているのですね。^^
いつか、私のやることなくなったりして・・・。(汗)


posted by Dr.K at 14:01| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

偏平足はつらい・・・

久しぶりに完全OFFの日曜日。
いつもの7時半に起床し、何を思ったか碑文谷のゴルフ練習場に向かった。
ゴルフ練習場なんてどれくらいぶりだろう・・・。
先日今年初めてのハーフ30台を出したことで、少しゴルフへのモチベーションがあがってきている。
ちょっとがんばってみようかな・・・。^^

昼は渋谷の医院に行き、ちょっと事務的な仕事を。
京和会は、もうすぐ皆さんにお伝えするニュースがあります。
その準備で、この夏は忙しくなりそうです。

夕食後は、中目黒にあるタイ式マッサージに。
随分前から足がつらくなっていました。

2009071223070000.jpg ← 私の足です

私、ものすごい偏平足なんです。
なので、昔から足が疲れやすく、靴選びも大変なのです。
更に急激に太ったことで、足首にも大分負担がかかっていると思われ・・・。

どうしようもなくなった時に助けてもらっているのが・・・。

「中目黒 NAAM」 ← Click here!

とにかくこちらのマッサージはすごいです。
ゴットハンドで90分。
じっくり施術していただきました。
遅い時間にありがとうございました。^^

選挙速報観ながらメールチェック。
来週末はシンガポール。
忙しい1週間になりそうです。



posted by Dr.K at 23:49| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

CTの威力を感じた1日

土曜日の三軒茶屋は相変わらずの忙しさ・・・。

本日のインプラントオペは右下小臼歯。
2次元のレントゲンで見ると、長さ9ミリも厳しいと思われる状況。
CTにて3次元的に確認すると、舌側に少しポジションを移動させ、頬側に少し傾斜させ埋入すれば、神経に気をつかうことなく十分11ミリが入ることを確認した。
ほぼフラップレスに近い最小限の剥離を行い、約20分でインプラント埋入終了。
お疲れ様でした。^^

今回のケースでもしCTがない場合は、おそらく9ミリ以下のショートインプラントを埋入することになり、長期予後に若干の不安の残るインプラントになってしまう。
もしも長いものをどうしても入れるということになれば、切開剥離の範囲を大きくとり、オトガイ孔を直接見て確認し入れる事になる。
もちろん侵襲は大きくなるので、術後の痛みや腫れは大きくなる。
直接オトガイを確認できたところで、骨の中でどのように神経が走行しているかはわからないので、かなりリスクの大きなチャレンジケースになってしまうだろう・・・。

モリタ3DX ← 当医院のCT設備

歯科治療においてCTを使用する場面は拡大されてきており、なにもインプラント治療ケースだけに利用するのではない。
神経に近接する親知らずを抜歯する際にもCT撮影して行うことで、骨を削除する量や歯肉を剥離する範囲も最小限にすることができる。
難治性の根管治療の場合、CTで確認することで思わぬ側枝(神経の枝分かれ)を発見したり、亀裂が見つかったりすることが多い。
あらゆるメーカーのCT装置の中で最も画像の鮮明度に優れたものが「モリタ3DX」であるので、最も歯科治療に幅広く応用できるCT装置であるといえよう。

CTの威力を存分に感じた1日でした。^^


posted by Dr.K at 18:08| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

性格なもので・・・

体が大きいくせに狭いところが好きな私です。
私の医院にいらしたことのある方はご存知だと思いますが、どの医院にも、
「この狭さで気がおかしくならないのか・・・」
と、思われる私の秘密の個室があるのです。
だめなんですよね、性格的に・・・。

動物って飼い主に似るってよく聞くんですが、最近うちの娘も私に似てきたようです。

2009071118130000.jpg 真上から撮影・・・

私が良く昼寝をするソファのクッションの中にもぐりこんで、窮屈そうに寝ていることが多いカムです。
犬ってみんなそうなんでしょうか・・・。

笑えます。^^

posted by Dr.K at 18:26| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

青山で8時から診療

小雨ぱらつく月曜日は6時半起床。
本日の青山KU歯科は8時からスタートです。

先日御相談にいらした親知らずの抜歯は、15分で無事終了。
8時半には青山を出て、9時の始業に間に合いたいとのご希望だったので、予定通りのスケジュールで終了してよかったです。

続いて9時より下顎大臼歯に2本インプラント埋入。
約20分で無事終了。
かなり緊張されていた患者様も、帰りの待合室では一安心のご様子でした。

先週末は、歯科医の先生の上顎インプラント埋入。
5番(第2小臼歯)にソケットリフトテクニックで約15分。
骨質も良好で、無事終了いたしました。
当日遅くにメールで経過報告を頂き、フレンチのフルコースを食べたとのこと。
痛みや腫れもなく何よりでした。^^
同業者の治療は緊張します。

「最小限の侵襲で最大限の効果を・・・」

これを目指して日々奮闘中です。

ちなみに青山KU歯科のビル屋上の看板を見ると・・・、

2009070618580000.jpg じゃ〜ん!

矢島美容室の新曲の看板でした。
昨晩のうたばんで歌ってたなこれ・・・。

posted by Dr.K at 10:27| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京和会 KU歯科ホームページへ >>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。