2009年06月07日

Dr.Cacaci ジョイントセミナー

晴天の日曜日。晴れ
本日はカムログインプラントセミナーである。
先日ミュンヘンのクリニックにお邪魔したばかりのDr.Cacaciをスペシャルゲストに迎えて、私と麻酔の石川先生の3名で行うイレギュラーなPHASE2Bは、1時間延長して行われました。
なんと、外から御神輿のかけ声が聞こえる中・・・。(笑)
賑やかでしたね。^^

スナップ2.jpg スナップ1.jpg

北海道、茨城、新潟・・・。
遠方から数多くの先生が参加されました。
大学の先輩方が受講されるのにはある程度免疫ができているが、今回は私が学生時代に教わった先生が参加されていたので、かなり恐縮しました。

恒例の症例検討のグループディスカッション(ロールプレイング)は盛り上がり、なんと最後はDr.Cacaciまで飛び入り参加して、それぞれがそれぞれの診断・治療計画を考える有意義な時間でした。
短期間でだめになることがわかっていて放置することはできないし、今大丈夫でも他の歯に悪影響を及ぼすのであれば、症状がなくとも「攻めの治療」を行わなければならないことがある。
Dr.Cacaciの診断は私同様・・・嫌、私以上に「攻めの治療」であり、1クールの治療での全体解決を目指されていました。
欧米でも日本国内でも、地域性もあったり、患者様のニーズも違うので、何が正解で何が間違いということではありません。
色々な考えの患者様がいらっしゃり、色々な考えの歯科医院があるということです。
なので患者様は、「自分の目指す目標に到達できそうな医院」を選択すればいいのだが、医院情報の公開には限界があるので、まずは来院してみてお話を聞くことから始まる。いわゆる医院と患者様のマッチングということになる。

当医院のコンセプトはある程度強力なメッセージがあるので、来院される患者様の大半が「事前情報」を持って来院される。
やる気に満ち溢れた患者様が多く、こちらで「じっくり考えていきましょうか・・・」とのんびり構えると、「せっかくなんで、今日のうちに診断、計画、費用など全て教えてください」と逆に言われることさえあるくらい。(汗)

診断において注意しているのは、全体解決をした際に、

「5年はメンテナンスのみで維持させられる」

治療計画を立てるように心がけている。
自分が治療しなかった歯でも最低5年の維持ができるかどうか?
少なくても5年間はメンテナンスのみか、簡単な修復程度で済むように、全体解決を図るように心がけている。
もちろん医療であるがゆえに不測の事態はつきものではあるが、私達もプロであるからそこの見立ては「勝負」である。
とにかく、保険治療でなく保険外の自費治療であるから、

「長期的な目線での診断・治療計画」

を考えなくてはならない。

なので、たくさんの先生が集まれば、色々な意見が出て当然。
いつも本当に勉強になります。^^

来週は北海道札幌で2本セミナーにて講演です。
数年ぶりに釧路で開業しているアメフトの後輩と会うことになっているので、とても楽しみにしています。
ラーメン横町も楽しみです。^^




posted by Dr.K at 22:03| インプラント研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京和会 KU歯科ホームページへ >>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。