2009年05月30日

生田真敬

ボクシングの殿堂後楽園ホール。
今日は、「生田真敬」選手の応援です。
生田君は知人の彼氏で、なんと私と同じ新潟県出身なのです。
なんでも三条市のとなりの見附市だそうで・・・。
とても親近感が沸きます。

2009052919550000.jpg イケ面なので女性ファン多し^^

今回はセミファイナルで相手はタイの選手だったのですが、
かる〜く2ラウンドでKO。
リーチの長い生田君はパンチが重いのか・・・。
いつも一発いいやつが入ると相手はフフラフラになります。
素晴らしいファイトでした。^^

なんと生田君には秘密がありまして・・・。
現在はライト級60キロ。
なんと10年前は120キロだったそうです!!!
つまり、60キロダイエットに成功したのです。
ちなみに今の私よりも重い・・・。(身長も同じです)
なんでも内山君(元あっぱれさんまの・・)の姿を見て安心していて、とにかく食べまくっていたそうでです。
昔の写真を見て驚きました。

そういう意味でもとても親近感の沸く生田君でした。
みなさん応援してください。^^



ワタナベジムHP


posted by Dr.K at 23:46| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

インプラントオペ 1日4ケース

時差ボケを感じる暇もなく今日の渋谷は大忙し。
本日1日でインプラントオペは4ケースです。

・1人目の患者様
知人の歯科医さんからご紹介の歯科助手さん。
10年間がんばったインレーブリッジがついに壊れ、本日左下大臼歯にインプラント埋入を行いました。

・2人目の患者様
2ヶ月半前に抜歯した左下大臼歯と上顎犬歯に2本埋入。
骨新生も良好で、約30分で無事終了。

・3人目の患者様
同じく左下大臼歯の患者様。
姉妹で通院されています。^^

2009052709320000.jpg のう胞がかなり大きいので

2009052709320001.jpg 骨欠損が大きくなりました

2009052709320002.jpg 本日無事埋入

骨新生させる準備を行っておくことで、何もしない状況と比較してかなり違う。
同時に骨補填を行わなければならないとしても単純な方法で済むし、何よりも長期予後の成功率が格段にアップする。
もちろん既存骨できちんと支持させなくてはならないので、インプラントの長さは13ミリを選択した。

・4人目の患者様
左下4番に1本埋入。
骨幅はあるが歯肉の厚みがないので、部分層弁で剥離し歯槽頂の結合組織を頬側部分にロールして転入する方法で埋入した。
約30分ほどで終了。


優れた先生の手術見学した直後って調子いいんですよね。
いまだにまだ少し興奮気味というか・・・。
そんな経験ありません?

とにかく、いきなりエンジン全開の1日でした。あせあせ(飛び散る汗)


posted by Dr.K at 20:01| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

Dr.Cacaci ミュンヘンA

「低侵襲で最大限の効果を・・・」
で御高名なDr.Cacaciのコンセプトは、聞けば聞くほど私の考えと共通していることが多く、本当に驚くことが多い。
口腔外科医であり顎顔面外科医であったとしても、
「患者様のストレスを最小限にする」
ためにしのぎを削るのである。
それは器具器材だけでなく、治療テクニックにおいても同様で、できるだけシンプルで確実なテクニックを行えるように心がけている。
もちろん技術力が高くなればmなんでも確実なテクニックになるのだが・・・。
「うまい人ほど簡単にに見える」というか、シンプルに行っているという印象を持つのは、私だけではないでしょう。

2009052523590000.jpg 2009052520290000.jpg
Dr.カカッチ            Dr.ピーター

ピーター先生は現在アムステルダムにて開業しているが、今度のカカッチ先生の新しいクリニックを共同で運営するのだそうだ。
なんと、ドイツのスキーナショナルチームメンバーらしい・・。
現在複雑骨折中で松葉杖でした。(スキーのポールのような)

2009052520150000.jpg アスパラだらけ・・・たらーっ(汗)

この時期のドイツはなんといってもアスパラです。
短い滞在時間でいったい何本のアスパラを食べたのだろう・・・。
街の露天では山のようにアスパラが積まれています。^^
かなりおいしいですよ。

6月7日(日)の私のにて、カカッチ先生が特別講演をしていただくことになりました。
カカッチ先生とジョイントセミナーなんて緊張しますね。
ご興味がある方はぜひご参加ください。
枠はまだあるかな・・・?

研修終了後すぐにミュンヘン空港に移動。
帰りは再びパリ経由。
帰国は日本時間火曜日18時。
ということで・・・、観光ゼロのドイツ2泊4日の旅でした。



posted by Dr.K at 16:27| インプラント研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

Dr.Cacaci ミュンヘン@

初めてのミュンヘン。
土曜日昼に成田を出発し、エールフランスにてパリ シャルルドゴール空港経由でミュンヘンに入る予定。
もちろんルフトハンザでミュンヘン直行便があるのだが、時間がよくない・・・。
火曜日中に帰国したいので、こんなタイトなスケジュールになりました。

ミュンヘン.jpg 夕暮れのシティホールは迫力満点

Dr.Cacaciのクリニックはミュンヘン市街地のど真ん中にある。
近々引越し予定だそうだが、クリニックの隣に研修施設が併設されている。

2009052516010002.jpg 2009052516010000.jpg ← 拡大してみてください

ガラスで囲まれた見学用オペルームの隣には、1度に約20人が同時にハンズオントレーニングができるよう準備されている。
ファントム模型がそれぞれのテーブルに設置され、軟組織の取り扱いの実習や、インプラント埋入、ピエゾサージェリーによる骨切りなどの様々なテクニックを行うことができる。
そして各テーブルの前にはヘッドフォン付モニターが設置され、その画面を見て、ヘッドフォンからのレクチャーを聞きながら、トレーニングを進めることができる。

とにかくすごいです。パンチ

・・・続く。





posted by Dr.K at 15:17| インプラント研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

花畑牧場生キャラメル

2009052109190000.jpg ハイビスカス!!!

先日購入したハイビスカスが鮮やかに咲きました。^^
梅田家は早くも夏の訪れです。(いくらなんでも早いか・・)
後ろにシーサーあるし・・・。
近所の人に「私、雪国新潟出身です。」なんて言ったら大笑いされるだろうな。

そんなことを考えながら、本日調整日のためゆっくり渋谷へ移動。

女医さんのインプラント上部構造の最終印象(型採り)。
歯肉の状態も良好でした。
次回お楽しみに・・・。

他医院で矯正治療中の中学生さんが親知らず抜歯希望。
親知らずが生えてくると、せっかくきれいに並んだ歯が動いてしまうので、少し早めだが抜歯をしたいとのこと。
レントゲンを撮るとまだ全然根ができておらず、上に骨もかなり被っている。
神経との関係を確認するためにCT撮影し終了。
夏休みに行うことになりました。

夕方知人が訪問。
素晴らしい頂き物をしました。

2009052116520000.jpg ご存知 花畑牧場生キャラメル!

しかも話題の宮崎マンゴーと夕張メロンバージョン。^^
「おいしい〜!」
・・・けど、10秒足らずで溶けてなくなりました。
お土産、ありがとうございました。


posted by Dr.K at 17:13| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

インプラントの接着力が2〜3倍に

インプラントの接着力が2〜3倍に向上! ← Click here!

というニュースが舞い込んできた。

ちょっと前に、
「UCLAがチタン表面を空気中にさらすことで骨結合力が落ちるからどうのこうの・・・。」
といった研究を近々発表すると、小耳に挟んでいた。
そうなると、液体に入っているストローマンインプラントのSLActiveが大きなアドバンテージになるのだが、UCLAは現在別の某インプラントシステム(米)が中心であるので何かあるのではと踏んでいた。
その某インプラントシステムは表面構造がナノレベル。
ヨーロッパでも大注目されてもいいと思うのに、なぜかあまり大きなトピックにはなっていない。
液体ではなく、「紫外線で骨結合力をUP」させるということだったのでしょう。
ようやく全てつじつまがありました。^^

インプラントにおいて重要なのはまず骨結合であることは間違いない。
ただしこれは現在流通するどのインプラントでも、そう大きな差はないだろう。
あくまでメジャーブランドの話で、マイナーブランドはわかりません。
厳密に言えば差があるのだが、臨床ではそれ以上に他の要因でインプラントの予後が左右されているという現実を見逃してはなりません。
埋入手技はもちろん治療計画や咬合の付与の仕方など・・・。
最後の接着セメントの取り残し1つで、それまでに費やしてきた半年間が台無しになることもありますから、基本ステップを確実に行うことのほうが重要なのです。

当医院では、そういう総合的な見地で複数のインプラントシステムを選択しラインナップしています。

次から次へとあふれ出てくる情報をそのまま鵜呑みにするのでなく、少し斜めに見て慎重に確認することが重要です。
踊らされないように・・・。

紫外線.jpg

でも・・・紫外線気になるな。



posted by Dr.K at 18:34| インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

審美領域のインプラント

1 前歯1本欠損
2 若い患者様
3 両隣の歯が審美補綴済み


このような条件のインプラント治療は、術者としては難易度は超最高レベルであろう・・・。
その理由は下記の通りである。

1>審美領域であるので歯肉形態が治療の成功に大きく影響する
  単独1本なので、それらをダミーなどでごまかすことが不可能

2>ゴールが高いうえに、数十年間維持させなくてはならない。
  その為には、両隣在歯はもちろん全体的な状況を把握した計画が必要
  
3>両隣在歯の歯肉等に影響のないよう手術や仮歯を行わなければならない

2009051809350000.jpg 直径3.8mmx長さ13mm のフィクスチャー

本日はそんな難症例が朝8時半〜行われました。^^
麻酔含めて約45分で無事終了。
お疲れ様でした。

術式的な注意点としては、歯肉剥離の範囲や埋入ポジションやGBRなど・・・、ここでは書ききれないくらいたくさんあります。
ただし、重要なのはそれまでの準備である。

抜歯時にどれだけの準備をできるかどうか?
どのタイミングでインプラントを埋入するのか?

そういったテクニカルな部分と、プランニングの両方がかね備わっていなければ、高いゴールを獲得することはできない。
「低侵襲手術」を行うには、むしろプランニングのほうが重要であるといっても過言ではなかろう・・・。

痛みや腫れが少ないほうがいい。
できるだけ短期間でできればいい。
費用も少ないほうがいい。


全ては、「低侵襲インプラント手術」を目指して・・・です。

話はまったく変わりますが、横浜ベイスターズ大矢監督が解任。
本日いらした患者様が、早実の野球部の後輩だそうで・・・。
何もこんなタイミングで休養させなくったって。
で・・・。

127807.jpg 監督代理は、田代!!!

生え抜き監督は初なんじゃないかな!!!
田代といえばあだ名はオバQ。(覚えてますか???)
豪快なホームランとフワ〜って三振のイメージだなあ。
ちなみに大好物はチョコレートパフェだったような。
古いプロ野球選手名鑑の記憶なもので・・・。^^


posted by Dr.K at 10:12| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

はるばるフィンランドから

はるばるキシリトールの国からの患者様が来院。
元々三軒茶屋の患者様で、現在フィンランドに長期滞在中なのです。
お土産にキシリトールガムを頂きました。^^

2009051510240000.jpg キシリトール←click here !

フィンランドといえばキシリトール発祥の地。
ナイスなお土産ありがとうございます。

午後からは現在通院中の患者様がお母様を連れて来院。
関西にお住まいで、たまにお嬢様の住む東京にいらっしゃるそうだ。
83歳ですがとてもお元気です。^^
部分入れ歯がとにかく合わないとのこと。
高齢なので、できるだけシンプルな術式でのインプラント治療計画を立て、本日早速インプラントオペを行いました。

下顎3本フラップレス埋入。
うち1本は抜歯即時。
モニターで血圧を確認しながらスムーズに約20分で終了。
義歯調整も行い、ゆっくり夕方までいていただきました。
お疲れ様です。
明日は三軒茶屋で消毒&チェック。

今晩は渋谷で撮影です。
何の撮影かは・・・秘密です。るんるん


posted by Dr.K at 17:57| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

ブリッジ倒壊警報

昨晩は代官山モンスーンカフェにて新入社員歓迎会。
この前久しぶりに食べたエビパンのスィートチリソースがとても美味しかったから・・・という単純な理由での場所の選定でした。^^

本年度は、6名の新しい仲間が加わりました。
皆やる気に満ち溢れていて、新生KU歯科グループの中心になってくれる人達でとても頼もしいです。
それにしても・・・よくあれだけ歌ったね、マー君。たらーっ(汗)

私本日は調整日の為、午前渋谷では患者様1名。
古いブリッジをはずし8本の仮歯を装着するのに1時間半。
青山へ移動し4名の患者様を拝見。
北海道から定期健診の患者様は、インプラントマグネットアタッチメントを上下8箇所に装着したチタン製義歯の調整。
かみ合わせも良好のご様子は、人工歯の咬合面を見れば納得。
調子良さそうで良かったです。^^
久しぶりの来院の患者様はブリッジが外れていた。
3年前にはじめていらしたときにもかなり危険な状況で、いつ痛みがでたとしてもおかしくない状況。
上顎4・5・6・7の4本ブリッジを前後の2本で支えていて、手前の土台の4番目の歯がかなり太いメタルコアが入っていたのである。
本日ブリッジが外れた状態で拝見したら、手前は歯根が真っ二つに割れており、メタルコアごとはずれていました。
周囲は膿だらけになっており、骨吸収が進行していました。
逆に言えばよくもったほうである。
残念なのは、こうなる前に患者様を説得できなかったことだ。
結果的にインプラントをご希望なので、単純な手術でできたはずが、骨移植を行わなければならない難ケースになってしまった。
何度か警告はしていたものの当時は痛みもなにもなく、患者様からしたらピンとこなかったのでしょう・・・。
そのままになってしまいました。

BR.jpg

インプラントであろうが、ブリッジであろうが、咬合力を分散させることが重要だ。
橋の長さが長くなり柱の本数が少なければ、少ない柱やその支持している地面に負担が集中するのは当然のこと。
本来その歯が負担すべき咬合力以上の負担をしなければならない状態・・・、つまりブリッジの設計はは慎重に考えなくてはならない。
というよりも、倒壊予測を伝えて非難させることができなかった自分を反省だ。

「歯科医の倒壊警報にはご注意を・・・。」

posted by Dr.K at 20:54| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

低侵襲インプラント治療におけるテルプラグの有効性

現在原稿執筆中・・・。あせあせ(飛び散る汗)

「低侵襲インプラント治療におけるテルプラグの有効性」

という内容。

発効日が正確に決まったらお知らせします。
秋ごろかな・・・。
posted by Dr.K at 00:39| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

梅田和徳 完成???

新潟出身の私ですが、元は九州鹿児島らしい梅田家。
1度も鹿児島は行ったことがないので、今度尊敬するK先生のクリニックを訪ねるという口実で祖先のルーツを探ってみたいと思っている。

苗字自体がそんなに多くないので、出会ったときに互いに出身地を聞くことが多い。
前に飛行機でチーフパーサーさんの梅田さんほうから、「ご出身は?」と尋ねられたこともありました。(ちなみにその方は和歌山)

私のクリニック運営をサポートしてくれているある会社さん。
梅田さんという女性スタッフがいらっしゃいます。
そして本日社長様から驚きのご連絡がありました。

「和徳さんが入社しました。」

もちろん苗字は違いますが、和徳(かずのり)です。
この漢字の和徳さんは今まで生きてきたなかで2名だけしかいません。
しかもその2人が同じお店で働いていたのです・・・。
「新潟MAHARAJA」(爆笑!!!)
おそらく新潟方面の同世代の人は大爆笑していると思いますが、これは本当なのです。
N和徳さんと、H和徳さんと、私梅田和徳3人で爆笑した記憶があります。
とまあ、そんなこんなでその会社さんには

「梅田和徳」

が、完成された。
なんかミーティングの時とかややこしいですよね。
もし、和徳さんが梅田ちゃん家に婿に入るなんて事が起きると・・。
本物の「梅田和徳」が出来上がります。
もしくは私がその会社に入社するとか・・・。

ともかくその会社さんと縁があることだけは間違いないです。^^


posted by Dr.K at 23:12| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

トランジスタ・ラジオ

昨晩遅くに青山葬儀所の前を車で通った。
0時を過ぎているというのに、閉まった門の前にはたくさんの人。
すごいな・・・清志郎。

武道館復活の後に青山Blue noteで清志郎のライブがあった。
実は行きたくて予約しようとしたのだが、当然のごとくあっという間のSOLD OUTで涙をのんだ私でした。

3e4951f615f6a964.jpg チャボもゴンタ2号も格好いいね

私の少し上の年代の人がバンドを始める時、おそらく最も多かったのが「RCサクセション」のコピーだった。
中学・高校の学園祭で、清志郎メイクをした人いましたよね。
今これを読んでいるTさん。
完全に三条の清志郎になってましたよ。^^
みんなが憧れたものです。
格好よかったもんなあ・・・清志郎。

「雨上がりの夜空に」

「スローバラード」

たくさん名曲がありますが、

そんな中での私の1曲は、

「トランジスタ・ラジオ」 ← Click here!

イェーイ!手(チョキ)

るんるん授業をサボって〜るんるん

この曲の影響もあってか、高校時代は随分授業サボった私です。

晩年の優しいいいおじさんの清志郎でなく、
尖がりに尖がった清志郎をご覧ください。^^

「愛し合ってるかーい!」^^

posted by Dr.K at 23:10| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

インプラント失敗のリカバリー

今朝はすさまじい豪雨でしたね。
そんな天気同様、今日の渋谷は大変忙しい1日で、私の昼食は夕方16時・・・。
もう、昼食じゃないですね。

今日はインプラント治療に複雑な思いを感じる1日でした。

世田谷の他医院様からのご紹介でCT撮影にいらした患者様は、2年前に上顎大臼歯部にインプラント治療をされたそうだ。聞けば、驚くほどの低価格オリジナルインプラント治療でたくさんのケースを行っているクリニック。
それがたったの2年で、インプラント周囲の骨が全て失われているのだ。
今すぐにでも取れそうなくらいの揺れがある。
残念ながら、次回撤去になります。

港区の他医院様からのご紹介の患者様は、下顎大臼歯に数年前入れたインプラントが入っていた。
特に揺れはないのだが、かなり前から強く咬むと痛みがあるとのこと。
奥の天然歯と連結していることを不審に思い、患者様の承諾を得て被せ物をはずすと、インプラントそのものに揺れがあるではないか・・・。
即撤去し、1ヵ月半骨回復を待ち、本日ようやくインプラントの再埋入手術を行いました。

インプラント治療のセカンドオピニオンで来院された患者様は、前歯のブリッジがグラグラである。ご近所の医院に相談に行かれ、前歯の治療計画を立ててもらったようであるが、総合歯科診療を掲げる当医院に興味を持ち、診断を聞きたいとのこと。
見ると右下奥の大臼歯2本は、ともに割れて数回腫れたとのこと。
左上奥は、1本本数の足りない逆延長ブリッジが揺れた状態。
要するに、奥歯で咬合負担ができていないので前歯のブリッジが緊急事態になっているのである。
全体解決が必要であることを2時間かけて説明し本日は終了。
後日連絡を頂くことになりました。

私達は神ではないので万能ではない。
医療技術にも限界があるので、治療にも限界がある。
ただし、明らかな人為的な問題でインプラント治療の信頼が失われたり、歯科治療全体に不信感をもたれてしまうことは絶対に許せない。

そんなやるせない気持ちになった1日でした。


posted by Dr.K at 23:53| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

ベスト オブ 沖縄 A

青い空とハイビスカス。

2009050312400000.jpg 2009050312410000.jpg

私これだけで十分です。
それにしても最近の携帯カメラはすごいですね。
私でもこんなにきれいな写真が撮れる。
単体のデジカメなんてあまり必要なくなっているのでしょう。

2009050317080000.jpg

ニューヨークのホットドッグの老舗「Nathan's」が北谷にあります。ネイサンズは1916年創業の90年来の老舗ホットドッグ屋。
日本人が連覇していたホットドッグの大食いコンテストのメインスポンサーだ。
実は広尾の有栖川公園近くのネイサンズはなくなってしまったのです。(残念)
新発売のアグー豚ソーセージのホッドドッグなんかもありました。
アメリカンホットドックを楽しみたい方はぜひこちらへ。



Nathan's
098−894−3333
北谷アメリカンデポ内
10:00−24:00
無休

posted by Dr.K at 09:42| ホッと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京和会 KU歯科ホームページへ >>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。