2008年06月24日

治療途中の転院

昨晩は数名のスタッフと深夜までミーティング。
解散は深夜1時過ぎ。
皆さんお疲れ様でした。

今日の渋谷KU歯科は初診カウンセリングの患者様が数名。
うち2名の患者様が治療途中での他医院からの転院をご希望。
最近とても多いなあ・・・・・。

最初の患者様は、2ヶ月前にとある審美歯科で前歯5本のセラミックブリッジ治療を行ったばかりだそうだ。
被せ物の適合が悪いため歯肉は炎症を起こしているし、歯のないダミー部分の形態が異常に悪く審美性にかける。
そのことを話しても取り合ってもらえないようだ。
どうしたらいいかという深刻な相談でした。

次の患者様は、下顎両側に4本のインプラント埋入がすでに終了している。
前医院の治療方針の急な変更や、計画性のない診療スタイルに嫌気をさし、思い切って転院を考えられたそうだ。
インプラントの仮歯用の型採りを行い、1本ファイバーコアを装着して次回からの治療計画を確認しました。

治療途中での転院をされるということは、かなり大きなストレスなのでしょう・・・。
できる限りのお手伝いをさせていただきたいと思います。^^

茨城から来院されている患者様の抜歯&仮歯装着。

名古屋から来院されている患者様のインプラント術後の消毒。

不良補綴物10本を除去して仮歯装着。

・・・・・などなど。あせあせ(飛び散る汗)

大変な1日でした。



明日は1日で3つの医院を渡り歩きます。

午前は青山。

午後は三軒茶屋。

そして夕方渋谷にて結合組織移植(CTG)。

盛りだくさんです。^^

京和会 KU歯科ホームページへ >>
posted by Dr.K at 23:55| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

新潟から帰京

メンテナンスの為暫くお休みしていましたブログですが、本日より復活させていただきます。



本日どんより曇り空の青山。・・・曇り
昨日まで、アメリカンフットボール部OB会出席の為新潟入りしていましたが、かえって新潟の方が天気がいいというか、蒸し暑く不快指数200%でした。

OB会に出席すると一瞬のうちに学生時代に戻れますね。
いろんな意味での緊張感・・・。
懐かしくもあり、嬉しくもあり・・・。
一人一人はもちろんの事、会として集まるとかなりの迫力のアメリカンフットボール部OB会。
今年は2月の歯学体で念願の初優勝を果たしたので、例年以上に盛り上がるすばらしいOB会でした。^^



北海道からご相談にいらっしゃった患者様の治療も本日で一区切り。
8月後半にインプラントを7本埋入する予定で、精密診断のためのCT撮影や仮義歯などの準備も全て終了しました。
夏にお待ちしております。^^

今日は忙しいなあ・・・。あせあせ(飛び散る汗)

京和会 KU歯科ホームページへ >>
posted by Dr.K at 09:48| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

歯肉整形/歯茎整形

審美歯科って歯だけをきれいにするだけなく、歯茎(歯肉)の形態や色をどう整えるかということも重要です。

いくらでこぼこの歯をセラミックで整えても、歯茎の付け根のスタート位置がバラバラだと美しくありません。

中には骨格的に歯の長さが短く、笑ったときに歯茎が張り出すように見えてしまう方もいらっしゃいます。

この患者様も歯茎が見えすぎるのと、歯の長さが短いことを気にされて来院されました。

いろいろな治療法がありますが、私はできるだけシンプルな方法で最大限の効果が出るように心がけています。


K1.JPG
治療前

K2.jpg
治療後


全体のスタートの位置が高くなり、上唇がめくれたときに歯茎の見える範囲が大幅に少なくなりすっきりした感じになりました。^^

治療期間は約2ヶ月。

治療期間中もきれいな仮歯なので日常生活に支障なし。

次号の「GLITTER」は「歯茎特集」です。ぴかぴか(新しい)


歯茎の形態や色にコンプレックスのある患者様。

差し歯の付け根が露出してしまっている患者様。

ぜひご相談ください。^^


私たち歯科医は、

インプラントを入れるのでなく、

セラミックを被せるのでなく、

自然に

機能的に

美しい歯


を取り戻すお手伝いをするのが仕事です。

その人それぞれに最も適した治療をフルオーダーメイドいたします。

京和会 KU歯科ホームページへ >>
posted by Dr.K at 12:18| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

歯科医からのCT相談

先週は同級生が当医院のCT見学に。

静岡磐田市のインプラント出張先の先生は先週CT導入済。

本日は知人を通してある横浜の先生のCTセンター開設相談。

夜は栃木の後輩からCT導入の報告電話。



・・・ですよね。

こんなに身近になってきたのですよ歯科用CT。

そんなことから7月にあるセミナーでCTの活用法についてお話させていただくことになりました。



そんな本日も渋谷は大混雑。あせあせ(飛び散る汗)

インプラントオペは2ケース。

2ヶ月前に抜歯した上5番に1本埋入。
ソケットリフト&GBRで約30分で終了。

名古屋から来院されている患者様は上顎4本埋入。
仮義歯調整を入れて約1時間で終了。

歯茎を回復させるのに3ヶ月以上仮歯で過ごしてもらった患者様の前歯1本のインプラント上部構造装着。
非常にいい状態で入りました。
写真は乞うご期待!

静岡からの患者様の定期健診は少しお待たせしてしまいました。
すいません。
もうすぐお嬢さんが双子を出産予定です。
楽しみですね^^^^。



お昼は業者さん訪問も3件。

お昼何食べたか忘れました・・・。

明晩は院内研修会。

三軒茶屋の朝日先生の症例発表です。

京和会 KU歯科ホームページへ >>
posted by Dr.K at 23:25| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

電動アシスト付自転車にて・・・

今後ガソリンの更なる高騰が予想されますね。

1リットル=200円 の時代が来るんではないでしょうか?

車離れが進むのかな・・・。

飛行機の便数も減るし・・・。



そんなことで今、自転車が売れているそうです。

特に電動アシスト付自転車がすごいらしい。

自転車.jpg

碑文谷の電動アシスト付自転車専門店にて本日購入。

私がいた1時間の間にも試乗希望のお客様がたくさんいらしてました。

購入後そのまま恵比寿まで自転車で帰りました。^^

とても快適で〜〜〜す。晴れ

本来は普通の自転車でもいいんでしょうが・・・。

渋谷は名前のごとく坂だらけなもので。(結構きつめの)

ウメダボリックはとりあえず電動アシスト自転車。

がんばって乗ってみようと思います。パンチ


京和会 KU歯科ホームページへ >>
posted by Dr.K at 23:13| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

肩がこりすぎてチタンのようです

晴れ土曜は三軒茶屋 世田谷KU歯科。
世田谷は週1出勤なので、短時間で充実してます。

今週月曜に上海から戻られ、前歯に2本のインプラント埋入した患者様の消毒&チェックは全く問題なし。^^

5月終わりCTG(結合組織移植)を行った患者様の術後経過観察。
これまた問題なし。^^
(CTGについては後に詳細説明いたします)

1ヶ月半前に下大臼歯を泣く泣く抜歯した開業以来の患者様。
本日いよいよインプラント埋入。
かなり緊張されていたご様子でしたが、あっという間の10分ほどで無事終了いたしました。^^

平成14年に下両側に8本のインプラント治療をされた患者様と久しぶりに再会いたしまして・・・・・。
定期健診ごとに心配しながらもなんとか持たせてきた下前歯がついに抜歯しなくてはならなくなりました。バッド(下向き矢印)
前歯もインプラントをご希望され、次回抜歯&仮義歯装着を行う準備をして終了。
がんばりましょう!!!



その後、私、朝日先生、古川先生、北村衛生士チーフで品川に移動。

ちなみに6月から品川は、

南品川KU歯科

に、名称変更いたしました。
より、充実した体制で品川&青物横丁の皆様に貢献したいと思います。

15時から上顎無歯顎に8本のインプラント埋入。
事前にCT&シュミレーション&サージガイドを準備していたので、かなり具体的なイメージができていました。
骨の状態も予想以上に良く、スムーズに進行しました。^^
2時間弱の手術お疲れ様でした。



帰宅後、カムを連れて渋谷の動物病院RURUへ。
フェアリア予防のための薬をもらいにいってきました。

なんか疲れてる・・・。▄█▀█●

なんだか忙しいもんね最近。あせあせ(飛び散る汗)

肩がこりすぎてチタンのようです。

今晩はサッカー観戦して早めに寝ます。眠い(睡眠)

オマーン37度だって・・・。パンチ


京和会 KU歯科ホームページへ >>
posted by Dr.K at 22:27| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

歯科用CTの威力は無限大

昨日は渋谷でインプラントオペが2ケース。
ともに上顎臼歯部の骨量不足の難症例。

今日は青山で下顎小臼歯部にインプラントオペ。
神経の位置が微妙な位置なので注意が必要でした。

根の周囲に大きな病巣ができ、保存可能かどうかの相談。
精密検査の結果、根に亀裂が発見されて抜歯することに。

・・・・・これらの治療の横には全てにおいてCT画像があります。

iview-img01.jpg

ご近所の先生方からのCT撮影依頼もかなりの数になって来ました。
本日は駒沢のN先生からの御依頼がありまして・・・。
下顎無歯顎にインプラント治療をご予定されているようで、骨の幅と厚みと神経の位置確認とのこと。

夕方は埼玉県春日部で開業している大学の同級生W先生が訪問。
CTを導入したいと連絡があり、渋谷10階のCT画像検査室を見学したいということでした。^^

誰もが1度CT画像を見て歯科治療をすると、いつもなくてはならないものに自然になってしまうのです。
元々3次元のものを2次元でしか見れない通常のレントゲンには限界があるのは当たり前で、立体的にイメージできるからこそ予知性の高い治療を行うことが可能になり、治療のクオリティーはUPし、患者様のダメージも確実に小さく抑えることができるのです。

大きな手術をX線だけで行うことなんて今時ないですよね・・。
必ず、CTかMRIをとるはずです。

歯科業界でも国内外のメーカーほとんどがCTをラインナップしてきました。
中には医科用CTをベースに作っているものもあります。
当センターで採用している「モリタ3DX」というCTは元々歯科専用に開発されているため、他メーカーと比較して被爆線量がダントツに少なく、患者様の体に優しい安心のシステムです。(今度比較データを掲載します)

7月後半にあるセミナーで、「歯科用CTの臨床応用」というタイトルで講演をさせていただきます。

デンタルCT・・・、注目が集まっていますね。^^

明日は浜松出張。
実は浜松の先生のところにもCTが導入されました。
楽しみでーす。^^


京和会 KU歯科ホームページへ >>


京和会 KU歯科ホームページへ >>
posted by Dr.K at 23:45| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

歯科治療の保証システム

「保証」・・ 間違いがない、大丈夫であると認め、責任をもつこと。



歯科治療にも保証システムが存在します。

当医院もそうですが、インプラント治療やセラミックなどの審美治療などの自費治療において「何年間は保証いたします」というのがよくある形式。

医院によっては、年々保証の範囲が狭くなっていくシステムもある。

「そもそも医療においての保証って何だ?」

・・・って、真剣に考えてみました。

お医者さんで手術をしてもらって、

「何年以内に再発したら全額お返しします」

なんて聞いたことがない。

治療行為という医療技術に対しての費用という認識だからであろう。

それに引き換え歯科治療の保証システムというのは、治療技術でなく物に対して考えられているということなのではないか?

つまり、歯科医自身が自分で行った治療技術を「物」として認めてしまっていることなのではないか?

そう考えたらとても寂しくなってしまった・・。たらーっ(汗)



このブログでいつも言っているように、

もしも同じ材料を使用したとしても、作り手によって仕上がりは大きく違いがあるし・・・・・、

同じ仕上がりだとしても、使う人の環境や意識によって長期予後はバラバラなのは当たり前のこと。

「単純な費用の比較はとても危険ですよ。」

・・・って、ご相談にはお答えしています。

「インプラントはいくらですか?」

「セラミックはいくらですか?」

もちろん費用は気になるところだが、それだけで医院を決定するのはとても安易な行為ですのでご注意を・・・。

「保証システム」があることで自分自身が治療を物と認めているように思われているとしたら・・・・・。

そんな気持ちでとても心配になりました。あせあせ(飛び散る汗)



【医療法人 京和会 KU歯科グループ の 治療保証システム】

・インレーなどの詰め物     3年間

・クラウンなどの被せ物     5年間

・インプラント        10年間

を、保証いたします。

ただし、治療終了後1・3・6ヶ月の3回の定期健診をいらしていただくことが前提になります。




つまり、当医院にとっての治療終了というのは全体解決ということになる。

全体解決をすれば、治療した部位への負担は確実に減る。

1・3・6ヶ月の3回の定期健診で、その人の生活習慣がおおよそわかる。

更にその3回で、定期健診に行く習慣ができる。

みんながハッピーになれる保証システムなのです。晴れ



何年までは保証しますが、それ以上は知りません。

保証書がなくなったら保証できません。爆弾

・・・・・こんなくだらない約束ではありません。

遠方に行かれたり、どうしようもない理由で定期健診にいらっしゃれなくなったりするケースももちろんあると思います。

そんな様々なケースに応じてファジーに対応している「保証システム」を開業時からとらせていただいております。

「あいまい」と思われるかもしれませんが、あいまいでいいと思っています。(あいまい万歳!・・・?)

なぜなら個人個人であまりにも環境や状況が違いすぎるし、物でなく治療技術を提供しているからです。

逆に細かいルールを作りすぎるのでなく、その度ケースに合わせて柔軟にフォローさせていただくことが責任と思っています。

かなりの自費治療を行い13年目に入りましたが、過去に大きなトラブルもなくメンテナンスさせていただいております。

これが当医院の責任感です。ぴかぴか(新しい)

ご理解ください。^^



それと・・・。

医院が存在しなくなっては保証は絵に描いた餅。

長期間存在していきたいと日々精進しています。パンチ

京和会 KU歯科ホームページへ >>
posted by Dr.K at 01:59| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京和会 KU歯科ホームページへ >>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。