2008年05月28日

歯周病とがんのリスク

[シカゴ 27日 ロイター] 歯周病によりがんのリスクが高まる可能性があるとの研究結果が27日明らかになった。インペリアル・カレッジ・ロンドンのドミニク・ミショー博士らが専門誌に発表した。
 歯周病歴のある男性医療専門家を対象にした長期研究で、がんを患う可能性が全体的に14%高いことが判明した。論文では「喫煙その他のリスク要因を考慮した上でも、歯周病は肺や腎臓、すい臓、血液のがんのリスク増大と大きな関連性があった」としている。
 これまでの研究では、歯周病で心臓病や糖尿病の発生リスクが高まる可能性が示されていた。




・・・・・・。たらーっ(汗)

HP内でもこのブログ内でも何度かこれらの話題にふれてきましたが、日本国内だけでなく世界中でこのような論文を数多く目にするようになってきました。

日本のみなさん!

見た目がどうのというだけでなく、もう少し口腔環境が全身の健康にに及ぼす悪影響を真剣に考えてください。





まだ


「たかが歯」


なんて思ってますか?
posted by Dr.K at 21:14| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

成城学園KU歯科 6月2日OPEN

【成城学園KU歯科 6月2日OPEN】

先週末の内覧会では、3日間で100名近い方にご訪問いただきました。

何名かの患者様には、

「渋谷とか三軒茶屋にあるKU歯科さんでしょ・・・。」

とご質問を受けました。

知人の方がすでに他のKU歯科に通院されているとのこと。
成城にお住まいなのでちょっと遠かったが、ここにできたのならぜひ通院したいという相談でした。^^
世田谷では結構認知されているのですね。
恐縮です・・・。

雨の中、ご家族でご相談にいらっしゃる方。

治療方針まですでに決められた方。

今日現在ですでに約30名ほどのご予約をいただきました。

本当に皆様ありがとうございました。

成城の地域医療に貢献していきたいと思います。



カウンセリングご希望の方は、

成城学園KU歯科 03−5727−9221

成城玄関.jpg 成城受付.jpg
 
成城の皆様、よろしくお願いいたします。^^
posted by Dr.K at 21:29| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

親知らずをどうすべきか???

患者様からのご相談で最も多いのが親知らず。
前にもこのブログで何回か親知らずについて書かせていただきましたが、より詳しく理解していただくために再度説明しますね。

mm.jpg

昔の人に比べてあごそのものが小さくなった現代人。
親知らずははえてくるスペースがないので、このように手前の歯に食い込んでしまうことが多い。

下からの↑部周辺に起こるトラブルは・・・、

@ プラークが停滞する
A 歯周病が進行する
B 親知らずが虫歯になる
C 大切な手前の歯まで虫歯になる

・・・とちょっと考えただけでもこれだけの問題が。

それと意外に気づかれないのが→の方向にかかる力。

D 下の前歯の歯並びを悪くする

20歳を超えてなんとなく下の前歯の歯並びがでこぼこになってきたという人は意外にたくさんいらっしゃいませんか?

レントゲンを撮ってみると、奥に大きな親知らずが斜めや真横に埋まっていることが多いのです。

そんなことで当医院では、

・上下の親知らずできちんとかみ合っている
・虫歯になっていない
・まっすぐ生えている
・歯茎からきちんと生えきっている

この4つの条件を満たさない場合は、できるだけ早期に抜歯をお勧めすることにしています。
なぜなら、今何のトラブルがなくてもいつか大きな問題になることが本当に多いからです。

親知らず.jpg

患者様は全く気づいていなかったようですが、こんなに虫歯が静かに進行していることが多いのですよ。

本日も約10分ほどで上下の親知らずを抜歯しました。^^

親知らずにはくれぐれもご用心パンチ



昨日は池袋でスタッフの結婚式。

関谷結婚式.jpg

私含め、相当数のスタッフが出席させていただきました。^^

美男美女のナイスカップル。ハートたち(複数ハート)

最近毎回挨拶なのでちょっと疲れますが・・・。あせあせ(飛び散る汗)

とてもいい結婚式でした。るんるん

夏の終わりにまたスタッフの結婚式の予定。

私の周りには結婚・出産が盛りだくさんです。手(チョキ)
posted by Dr.K at 11:34| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

成城学園KU歯科 内覧会

【成城学園KU歯科 内覧会開催中】

何も知らない歯科医院に行くのは抵抗があると思います。
成城学園KU歯科は患者様の不安や疑問を少しでも解消できるよう、正式OPEN前に内覧会を開催しています。^^
当医院のコンセプトや治療法の紹介、歯科相談を行っております。

内覧会にいらした方は、

・口臭チェック
・歯周病チェック

をお試しいただけます。^^

尚、来週5月26日〜31日までは

「ホワイトニングキャンペーン」

を開催しております。

ご希望の方は、

成城学園KU歯科 03−5727−9221

成城玄関.jpg 成城待合.jpg

6月2日(月)よりOPENです。
皆様よろしくお願いいたします。^^
posted by Dr.K at 14:32| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

歯科治療費〜インプラント・審美・矯正

「先生は日本人ですか?」^^

最近良く耳にする言葉だが、患者様からも言われる機会が増えた。

外見のハワイアン化が進んでいるのは自覚しているが、どうもそういうことではないらしい。(ちなみにアロハはメチャ似合います)

治療への考え方や患者様との接し方が、なんとなく海外居留経験のあるように感じるのだそうだ。

たぶん、診断・治療計画の立て方はもちろん、最も患者様が気になる「治療費と仕上がりについて」や「それぞれの治療法の利点・欠点」をはっきりとお伝えしているからだと思う。

日本は良くも悪くも現在も続いている保険医療制度が中心だから、「事前説明」の意識はなかなか高くならないのが現状。

っていうよりも、「治療費と支払い方法」についての説明力は、日本人歯科医が世界一低いのではないかと感じている。

海外の歯科医院に行く機会があるとこの差は良くわかります。

「なぜこの費用なのか?」

「同じものなのになぜ医院によって違いがあるのか?」

こんなことさえもきちんと説明できない人(歯科医)が多い。

非常識に高すぎるもの問題だが、薄利で経営を圧迫することや、低価格にするためにこっそり品質を落とすことのほうが大問題だ。

本来の正規パーツを使用せずに互換性のある安価な類似パーツを使用しているなんてことをたまに耳にする。

生意気かもしれないが、自分の治療に自信があるならきちんと一定の利益を確保して、余裕をもってメンテナンスができる環境を整えるべきではないでしょうか。

経営が安定していなければ次の設備投資もできないし、何よりも人材の確保や自分自身のスキルアップにかける様々な余裕がなくなる。

長期間そこに存在し続けることも医療機関として大切なことだ。



海外居留経験のある患者様や、国内はおろか海外からの患者様が激増している原因はそんな考え方に共感されてのことらしい。

とても嬉しく思いますし、治療以外の様々な部分での人生感などが似ている方が多いので仕事がとても楽しい。^^

本来こんなことは患者様も目にする「歯科医院のブログ」に書くべきことでなく、「マネージメントセミナー」あたりで話すべき内容なのかもしれません。

でもあえて患者様もご覧になるこの場で書きました。



今このブログを見て、「そんなの自分には無理だよ」って思っている歯科医のみなさん。

先生方の環境や考え方とは関係なく、保険医療制度は限界に達していますし、患者様もなりゆきでなくゴールを見据えた治療を求める方がどんどん増えてきています。
なぜなら、自分自身の健康管理の意識が高くなり、安全に対しての意識も高くなっているからです。
更に都会とか田舎とかの差は昔ほど関係ありませんよ。
高速情報化社会である今、一昔前と違い流行や情報の到達スピードは地域差がほとんどないですから。
交通網が発達した今、自分の求めるものを獲得するために遠方にわざわざ出かけることが当たり前の時代。
そんな患者様のニーズの変化に対応した歯科医院マネージメントも考えなくてはいけません。

・・・・・ハア、ハア。

ああ、疲れた。たらーっ(汗)

この手の話は熱くなりやすいもので・・・。
posted by Dr.K at 12:10| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

インプラント治療 目的と効果

日曜日のハンズオンコース参加者の先生方からメールをいただきました。

「日常臨床に直結したいい勉強会でした」

「とてもわかりやすかった」

「スタディグループをスタートしたらぜひ参加させてください」

嬉しいメッセージです。^^

私は参加者と同じ一般開業医です。
大学に所属するインプラント専門医でもなく、インプラントのみを行うインプラントに特化した開業医でもありません。
なぜなら私の医院はインプラント治療を行う医院でなく、

「長期間快適に良く咬めて、美しい歯を手に入れるためのお手伝い」

をしている単なる一般歯科医院。

虫歯治療もクリーニングも入れ歯も行います。
欠損部分を補わなくてはいけなくなった場合・・・。
今現在、インプラントが欠損部分を補う方法として最も優れていると思うから推奨しているだけのことです。
別に治療方法はインプラントでなくても何でもいいのです。
再生治療が進歩し、安全に確実に誰にでもできるようになればインプラントなんてしなくなるかもしれないし・・・。
その時々の時代の流れや患者様のニーズ、そして何よりも医学の進歩を敏感に感じながら、幅広くたくさんの患者様に適応できるように適時変化をし続けていくことが大切なのです。

こんな感じで、日々の臨床の中で一喜一憂している私ですが。

時たまものすごく嬉しいことがあるのです。るんるん

最近のTOP1はこれ!ぴかぴか(新しい)

下顎両側に古いブリッジが入っていらっしゃった患者様。
ブリッジの土台になっている歯は骨吸収が進み、このままでは危険。
患者様の強い希望で、古いブリッジ撤去しインプラントに変えることになったよくありがちな症例。

IT.JPG 

黄色い↑の部分の骨吸収すごいでしょ。
(クリックすると大きくなります)

IT ato.JPG

赤い↑部分の骨回復、すごくないですか???
(クリックすると大きくなります)

特に大きな歯周外科手術を行ったわけでもないのに、術後1年半くらいでこの変化って・・・。
人間の体ってすごい。^^

いつも私が患者様にご説明させている、「咬合バランスの分散=全体解決の重要性」そのものではないでしょうか。

インプラントにはこんな効果もあるのです。

・・・って当たり前か。晴れ
posted by Dr.K at 02:13| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

サイナスリフト A

昨日はハンズオンコースでヘトヘトでした。

1日講演で話すことももちろん大変なのですが、自分の手元をカメラで撮影し、カメラアングルを確認しながらレクチャーする難しさを痛感しました・・・。
昔私が受講していた時の講師の先生方もご苦労されていたのですね。
参加者の皆様に、よりわかりやすい工夫をしながら次回は更にパワーアップしたいと思います。^^

昨日のコース内でも実際の私の手術動画としてご紹介しましたが、先週金曜日に行ったサイナスリフトテクニック。

といっても歯科関係の方はおわかりでしょうが、一般の患者様には難しいので簡単にご説明をいたします。

上顎洞.jpg 

頭蓋骨の一部である上顎骨には、ちょうど頬骨の裏側に上顎洞という骨空洞があります。
いわゆる副鼻腔と呼ばれるものの1つで、そこは鼻腔と小さな穴でつながっています。
蓄膿症の時に膿がたまる場所でもあります。
上顎臼歯部付近は、人によっては最初から歯根が突き出していたり、神経が感染を起こす場所です。
抜歯すると骨が痩せてしまったり、上顎洞が垂れ下がってきたりするので、インプラントを安定させるだけの垂直的な骨量が不足してしまうことが多々あります。
その場合、何らかの方法で骨を増やさなければインプラント治療が不可能になるわけですが、頬側側面から直径約10ミリほどの窓をあけて、骨と上顎洞内の粘膜(シュナイダー膜)との間に他部位の骨や人工骨などを移植する方法をサイナスリフトテクニックといいます。
上顎洞内に骨造成する方法としていろいろありますが、広範囲に確実に行わなければならない場合はサイナスリフトを選択させていただいております。

YT サイナス前.JPG
サイナスリフト前

YT サイナス.bmp
サイナスリフト後

先週金曜日に行ったサイナスリフトテクニック。
こちらの患者様のもともとの骨量はグレーのラインの範囲。
ホワイトのラインで囲まれた部分がサイナスリフトで増骨した部分になります。
抜歯した部分の骨量も不足していたので、同時にそちらの骨造成を行いました。

3〜4ヵ月後にインプラント埋入予定です。

こんな形で骨量不足の場合でもいろいろな補助手術でインプラント治療が可能になるケースがたくさんあります。
あきらめずにご相談ください。^^

インプラント治療に消極的な歯科医の先生方から見れば、

「そんなことまでしてインプラントにしなくても・・・」

ってお思いになるかもしれません。

しかし、患者様が求めるのであればリスクを十分説明しご納得いただいた上で、

「天然歯に近似した固定式の歯」

を回復するお手伝いさせていただいております。^^
posted by Dr.K at 13:13| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

インプラントハンズオンコース

久しぶりの体調不良・・・。

ティッシュ

鼻をかみすぎて痛いので、購入してみました高級ソフトティッシュ。
すばらしい肌触りです。

私たち歯科医にとっても最大のテーマはソフトティッシュ。
特に日本人は歯肉が薄いですから特に重要な部分なのです。
鼻をかむティッシュのように簡単に買えればいいのに・・・。
簡単に買えないからこそ、なくならないように大切に扱ったり、他の部分から移植をしたりと大変な注意とテクニックが必要。

明日はそんなソフトティッシュと骨の安全な扱い方のテクニカルなレクチャーを上野で行います。

ここ数年、恥ずかしながら様々な講演や実技のコースをさせていただくようになりました。
参加者の先生の年齢も地域も様々ですが、毎回必ずお話させていただいていることがあります。

それは・・・、

「自分で考える力をつけてもらいたい」

ということです。

なぜならば患者様一人一人が全て違います。
同じ患者様でも部位やそれまでの既往やその日の体調などによっても違います。
なので、基本術式を理解したうえでそれをアレンジする応用力がなければ意味がないのです。

次に・・・、

「使うタイミング」

を考えなければならないということです。

5回に1回しか成功しない技術は技術ではありません。
とりあえずやってみようを患者様に行ってはいけないということです。
9回裏2アウト満塁カウント2−3で勝負できる確実な球にしたうえで投げなければならないということです。
それがスライダーなのか?
フォークボールなのか?
どちらも自信がなく力いっぱいのストレートだけなのか?
自分の投げれる球では抑えることができないのであれば、ピッチャー交代したほうがいいということです。



「方法だけ教えてくれればいい」

というお気持ちで参加される先生には少々うざいかもしれませんが、スタートから1時間は考え方のお話からスタートです。^^
でもそのうざい1時間は、あとあとなるほど〜って思うはずです。
頭の片隅にこの日焼けひげ面のたわごとを残しておいてください。

体調不良なので、明日のために早く寝ます。・・・眠い(睡眠)
posted by Dr.K at 23:29| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

サイナスリフト

昨晩は院内勉強会。

全医院のドクターと衛生士が渋谷10F研修室に大集合。

昨年末にサイナスリフトを行った当医院のスタッフKさん。
骨量1mmの為、通院していた某大学病院矯正科の担当医と口腔外科の先生にインプラントは難しいといわれていた部位。
4ヵ月半経過した本日、ギャラリーで満員の手術室でついにインプラント埋入の日をむかえました。

YK opeato.bmp

各ステップで説明をしながら埋入。
骨も非常に良好で、約20分ほどで無事終了。^^
良かったですね。

YK mae.bmpYK ato.bmp

ちなみに、術前、サイナスリフト後はこちら。

先ほど連絡ありましたが、現在痛み腫れはなし。

インプラントは無理と言われた患者様。
あきらめずに1度御相談ください。

posted by Dr.K at 01:17| インプラント治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

新潟県代表

東京に住んでもう随分になる・・・。
すっかり東京人のつもりでいても、さわやか醤油顔(^^)でわかるように私は雪国新潟県人だ。
(ここ、笑うとこです。)
東京で生活していて同郷の人に会うと異常に嬉しくなったり、故郷にゆかりのある物を目ざとく見つけるのはやはり年をとったせいか。

そんな私の新潟県代表を考えてみた。

青山のスタッフルームに何気なく置いてあったこれ。

柿の種国産

ご存知「元祖 浪花屋の柿の種」です。
「国産ピーナッツ使用」の文字が輝かしいですよね。ぴかぴか(新しい)
老舗のこだわりが感じられます。むかっ(怒り)

続いてちょっと前にサザンの桑田とCMで競演していた、

16.jpg

ご存知、16文キックのジャイアント馬場は三条市出身。パンチ
ちなみに実家の八百屋さんの名前が「梅田屋商店」なのですが、親戚ではありません。(屋号ですもんね)

なぜそんなことをいまさら思うのかって・・・。

実は先日行ってきました「昭和プロレス」。
先日のキャンディーズに続き「昭和」が流行ってますね。

K−1やプライドといった総合格闘技ももちろん好きですが、G馬場の地元の私はやはり王道プロレスが基本。
ちなみに高校生のときに係員のバイト経験もあるのです。

で、そのイベントはかなりマニアックな内容で。

全日本プロレス・新日本プロレス・国際プロレスの往年の選手や関係者が中心となって企画されていまして・・・。
初代タイガーマスクをはじめ、プロレスファンにはたまらない内容。
グレートカブキや坂口政二(坂口けんじのお父さん)も登場。

その中で注目はこの人キラーカーン!!!

キラーカーン1 キラーカーン2

モンゴリアンチョップであのアンドレザジャイアントを追い詰めた往年の悪役レスラーです。

今はクラウンレコード所属の歌手。
私もCD購入してサインしてもらいました。^^
黄色のオーラはどんな意味ですか?えはらさん・・・。

キラーカーン.jpg

実はこの方新潟県燕市出身。(たしか吉田町???)
そんな話で盛り上がりました。るんるん
今は新宿でお店をやってられるようで・・・。

居酒屋カンちゃん ←クリック

近々必ず伺います。



マッキー!(みのり幼稚園年少からの親友)
一緒に行きたかったよ。
posted by Dr.K at 16:46| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

削っちゃった歯のフォローA

前にも書きましたが、歯科医の仕事にもいろいろあります。

残念ながら自分の意図とは違った結果になってしまった場合のフォローも歯科医の仕事の1つ。

できたらこうなる前にお会いしたかったなあ・・・なんて。

本日もそんな気持ちになりました。

MS.jpg まだ1年も経過していないインレーブリッジ

残念ながらはずしてインプラント治療をすることになりました。

MS1.jpg 中間のダミーを切断しオペ開始

ブリッジにする前にインプラントにすれば前後の歯は削らずにすんだのになあ・・・なんて思いつつ。

MS2.jpg あっという間にオペ終了(約15分)

MSmae.jpg MSato.jpg

カムログインプラントシステム 直径4.3o 長さ11mm 選択

先ほどメールをいただき、痛み腫れともにたいしたことないようです。^^



インレーブリッジが100%だめだとは言わないですが・・・。

やはり個人のニーズやケースを選ばなければこういうことになってしまい、全くの無駄になるわけです。

・金属の無駄

・健全歯を削ってしまった無駄

・医療費の無駄

ぱっと思いついただけで、これだけの無駄が・・・。



TPOにあわせて満足していただくために・・・。

まずは患者様のニーズを正しく理解する。

その理解力は歯科治療とは全く別のもので。

普段の生活や過去の人生経験から養われることが大半。

だからこそ難しいのです。

よほど歯科治療の技術力向上のほうが簡単だと・・・。

歯科治療は技術を提供することではなく、快適な口腔環境を提供するお手伝いをすること。

勘違いしてはなりません。

相談しやすい環境作りやコミュニケーションも医療の重要な構成要素。

わすれてはなりませんね。

そんな気持ちで明日は青山、夜は渋谷で院内研修会。パンチ

気合入れていきます。



本日も「削っちゃった歯のフォロー」・・・。

1つ始まりました。^^
posted by Dr.K at 23:47| インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

レンタカー万歳!!!

昨晩、大きな荷物を成城に運ぶためにレンタカーを借りました。

郵便局の配達用軽バンです。(スバルなんとか・・・)

料金はなんと24時間で4000円・・・。(めちゃ安い^^)

駐車場代金・保険料・使用頻度・・・・・等等。

これらを考えたらレンタカーって素晴らしいですね。ぴかぴか(新しい)

今朝ガソリンを満タンにして返したのですが、なんと2.5リットル。

かなり走ったのに燃費も最高。パンチ

今、レンタカーでの駐車違反反則金未納問題が大々的にニュースになってますが・・・。(ちゃんとやろうよ)

地球環境など考えたら、レンタカーって最もいい方法なのでは?

たしかドイツのある都市では、数件で1台の車をシェアして保有してたと思います。(どこだっけ???)

日本も考えないとね。

そんな気持ちで、とりあえず会員になってしまいました。晴れ



今日は月曜日ですが朝一番で三軒茶屋へ。

中国上海から一時帰国の患者様の、抜歯&仮義歯の装着。

約1時間で無事終了しました。

青山に移動して、広島からの患者様の上顎インプラント上部構造装着。

来月はじめに渡米予定の患者様のセラミッククラウン装着。

パリから一時帰国中の患者様のインプラント上部構造4本装着。

来週1ヶ月イタリアに出張される患者様のインプラント上部構造4本装着。

・・・・・等等。

大忙しです。あせあせ(飛び散る汗)



前回のブログで書いた巨人ラミレスのパフォーマンス。るんるん

結構同じ事思っている人がいるらしく。

誰か言ってあげないとまずいよね。たらーっ(汗)・・・って。

もしかしたらジャイアンツって、今12球団の中で最もXXなチームなんじゃないかってね。

ジャイアンツ広報様。

まさか今シーズンずっとやり続けるんじゃないでしょうね。

らみ2.jpg らみ.jpg

ラミレスはサービス精神でがんばっているのでしょう。

周りが言ってあげないと。

ラミレスパフォーマンスとして採用された芸人さんのその後・・・。

そんな考察も面白そうです。^^
posted by Dr.K at 11:57| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

ドクターKの大予言

過去最大の忙しさ・・・・・だと思います。たらーっ(汗)

GWあけてからは特にものすごく。

ご紹介患者様の 嵐 X 嵐 X 嵐 ・・・・・。

皆様ご紹介ありがとうございます。

ご期待にこたえられるよう、精一杯がんばります。パンチ



でも実は、初診患者様だけでなく・・・。

最近は久しぶりの患者様との再会が多いのですよ。

今日もその事を世田谷で、朝日副理事長と北村衛生士長としみじみ語り合ってました。



ある傾向があることを発見しました。(傾向なんて失礼ですね。すいません。)



・ダイナミックな治療が一区切りついた後、定期健診が中断

・全体解決を提案したが、優先部位のみが終了したまま

・約3年前後、当医院に来院していない



ある患者様の第一声は・・・、

「やあ、先生。予言通りになっちゃったよ・・・。」

って、予言者扱い。

正確には「予言」でなく、「見通し」とかのほうが適切ですけどね。^^

「たぶん次にトラブルが起きるとしたらこの歯ですね。」

治療中私が話す「長期展望」が本当におきる事が、患者様にとっては「予言」になってしまうのでしょう。



ここ数日だけでも、東京郊外、千葉、名古屋・・・。

遠方から久しぶりにいらっしゃった患者様。

「ええーい、もうしょうがない。

 あの日焼け&ひげ面歯医者のとこもう1回行ってみるか。」

そんな気持ちでしょうか。^^

途中ちょっぴり浮気した形跡もわかっちゃうこともありますが・・。

「そんなの関係ねえ」 (誰かラミレスにもうやめろって伝えて)

気にしないでいらしてくださいね。るんるん



1度浮気されて戻られた患者様とは信頼関係200%exclamation



「先生にお任せするよ。^^」



歯医者冥利に尽きるこの一言。ぴかぴか(新しい)

こんなすばらしい環境で歯科治療という仕事をできる事を幸せに思います。




この週末には宿題が3つ。

1 成城学園KU歯科 開院のための準備もろもろ

2 某歯科雑誌掲載のための原稿執筆

3 来週日曜日のカムログインプラントハンズオンコース資料作成

大変だ・・・。あせあせ(飛び散る汗)

999.jpg 2008051022290000.jpg

カムとともにがんばりたいと思います。
posted by Dr.K at 22:51| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

止まるな危険

昨晩は若手の先生方と深夜遅くまで語りあいました。パンチ

情熱のある先生方の言葉に、私もじっとしていられなくなりまして。

ようやく重い腰をあげようかという気持ちになってきました。



ちまたでは治療技術を講習する勉強会などがたくさんあります。

しかしながら、それはあくまで適切な判断力などが備わっていなければ何の意味もありません。

ゴルフと同じで、練習場のように同じ環境でできるショットは1つとして同じものはないからです。

同じ患者様でも部位によって違いもあれば、加齢とともに体質も変化します。

その時々の環境に対してファジーに考えることなくして、患者様に高いレベルの満足を与えることなどできるはずもありません。



一人の歯科医でできることなんてたかが知れています。

私たちがどう考えたとしても、今は患者様の要求レベルが高くなり多様化されている時代です。

それぞれの専門分野のエキスパートとの連携や院内の総合力UPは間違いなく必要なのです。

魅力ある歯科医院作りができ、いい人材を確保できなければ・・・。

いろんな意味での限界がきてしまうでしょう。

歯科治療の診断や治療計画はもちろん、医院の診療コンセプト作りからスタッフマネージメントまであれこれ・・・。

歯科医院も総合力が必要な時代になってきました。

それは何かの「HOW TO本」には出ておらず・・・。

自分で考える力がなければ何の意味もないのです。



削って

型を取り

石膏模型を作って

金属の鋳造物をつくる

そしてそれを口腔内に装着する



長い間これが歯科治療の基本?のようになってしまっています。

なんとなく当たり前にこの繰り返し・・・。

なんとなく仕事をこなしている・・・つもり。



でも今はどうだ???



脱メタル

最小限の削合

光学印象によるCAD

に代表されるように、つい十数年前では考えられなかったことが当たり前に行われている時代。



思い切って大きく変わらなければならないのではないかな。

日本の歯医者さん。

私もその一人ですが・・・、

微力ながら何かのお役に立てればと思います。

先輩の先生方、生意気言って申し訳ありません。

近々何らかの形でインフォメーションいたしますので、興味のある先生方はぜひご参加ください。

止まるな.jpg

立ち止まることなく信念を貫き通したいと思います。パンチ
posted by Dr.K at 23:25| 歯のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

ウォーターレーズ in 台湾

晴れ本日の青山は大混雑・・・。あせあせ(飛び散る汗)

お昼もゆっくりできない状況でした。たらーっ(汗)

静脈内沈静法で、抜歯&インプラント埋入2本&神経治療・・・等等。

6月に渡米が決まっているので限られた期間内に区切りのいいところまで終わらせなくてはならない。

お疲れ様でした。

初診のご相談が5名。

みなさんお口の中がかなりの状況で・・・。

長いお付き合いになりそうです。

どうぞよろしく。^^



実はGW台湾に行ってきました。

2724240600.jpg

前から興味を持っていたウォーターレーズを見学に。

先日1週間ほどデモで借りたのですが、まあなんとも優れものでして。

レーザーと水圧を組み合わせて軟組織や硬組織を切ったりすることができる。

ウォーター.jpg

わかりやすく言えば、水で歯や骨を削ることができるわけです。

小さな虫歯なら麻酔なしでもOK。

とにかく優れものなのです。

導入検討中。パンチ

それを数台設置してあり、日常臨床でかなり使いこなしているクリニックがあると聞き、行ってきました初台北。

食べ物もおいしく大満足でした。^^
posted by Dr.K at 17:48| 診療風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

出張インプラントオペ in 松戸

今日は千葉県松戸市に出張インプラント手術。車(セダン)

NAVIを頼りに行ったのですが、本八幡駅周辺を通過するルートを選択してしまったので渋滞で大変でした。あせあせ(飛び散る汗)

訪問先は閑静な住宅街にあるアメリカンフットボール部のS先輩のクリニック。(実はかなり緊張しました・・・)

でもAWAYはいつも心地よい緊張感なので大好きです。^^

2008050118330000.jpg

10時から手術は3ケース。

全てアストラテックインプラントシステムで埋入完了。

無事終了しました。

「先生は純血の日本人ですか?」

スタッフの方に質問されました。

最近この手の質問多いなあ・・・。たらーっ(汗)

「そう、じいさんがハワイで・・・。」

って言ったほうが話がスムーズになりそうな勢い・・・。

私、ハワイ化が進んでるんでしょうか???



S歯科クリニック、今後訪問の機会が増えそうな予感です。

よろしくお願いいたします。

やさしくしてくださいね。



中国でフランス系スーパーの「カルフール」が不買運動やデモがおきているというニュースを見ました。

瀋陽や北京での話らしいが、上海の古北カルフールは大丈夫か心配です・・・・・。

坂本先生、大丈夫ですか???
posted by Dr.K at 21:32| インプラント出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
京和会 KU歯科ホームページへ >>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。